つみたてNISAとは2018年より始まったNISAのバリエーションの一つで、NISAをより積立投資に特化させたものとなっています。

つみたてNISA口座で取引すると投資の利益にかかる20%の税金を非課税にでき、更にそれを20年間もの間運用できるため、通常の貯蓄と比べ大幅に利益を増やす事ができます。

この記事ではつみたてNISAを初めて使う方向けに、NISAの基本や、効率的な貯蓄の仕方などを説明していきます。

つみたてNISAとは?

まずは「つみたてNISAについてよくわからない。」もしくは「詳しく知りたい。」という方向けにつみたてNISAの内容について詳しく説明して行きます。

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAとは2018年1月より開始された、NISAのバリエーションの一つです。
少額からの長期積立・分散投資を支援する制度という方向性で作られており、「投資初心者をはじめ、幅広い年齢層の方にとって利用しやすい仕組み」を掲げています。
そこで一般NISA制度を以下のように変更しています。

つみたてNISAと一般NISAの比較
つみたてNISA NISA
40万円/年 非課税投資枠 120万円/年
20年間 非課税期間 5年間
2037年まで 口座開設期間 2023年まで
最大800万円 非課税枠投資額総額 最大600万円
選定された161本の投資信託 対象商品 上場株式、投資信託
定期かつ継続的な積立のみ 投資方法 一括も積立も可能
  • NISAとの比較①

    非課税期間と投資枠が違う

    つみたてNISAは非課税枠が40万円に減った代わりに投資期間が20年まで伸びており、より長期投資に特化しています。
     非課税枠の上限も1ヶ月当たりだと3万3000円程度であり、むしろ積立投資には丁度いい額だと言えるでしょう。

  • NISAとの比較②

    対象商品が違う

    一般NISAは上場株式、投資信託、ETFなど幅広いのに対し、つみたてNISAは一部の投資信託とETFに限定されています。
    詳しくは後述しますが、このおかげで格段に商品が選びやすくなります。

  • NISAとの比較③

    つみたてNISAは積立投資に限定されている。

    通常NISAは一括でも積立でもどちらでも投資可能なのに対し、つみたてNISAは定期かつ継続的な積立投資のみ認められています。
    つみたての頻度はある程度自由に決められますが、金融機関によりどこまで自由に積立られるかは異なります。必ずチェックするようにしましょう。

 一般NISAも手を付けやすい制度でしたが、つみたてNISAは投資可能額が少ないこと、投資商品が絞られているため選びやすいといった点から、より初心者に向けた制度になっていると言えるでしょう。

利用者数の伸び

つみたてNISAは今となっては国内総口座数が100万人を超える超人気サービスです。
3ヶ月で登録者数を20%以上伸ばすなど、2018年1月のサービス開始以来着実にユーザー数を増やしています。

つみたてNISA口座数(2019年3月) 2019年12月末からの増加率 口座数(2018年12月末)
総数 127万4188口座 22.9% 103万6603口座
20歳代 19万3879口座 23.8% 15万6601口座
30歳代 31万7800口座 25.2% 25万3925口座
40歳代 33万2217口座 22.8% 27万632口座
50歳代 22万8623口座 22.4% 18万6719口座
60歳代 12万9679口座 19.2% 10万8791口座
70歳代 6万1551口座 20.3% 5万1161口座
80歳代以上 1万439口座 19.0% 8774口座
出典:NISA・ジュニア NISA 口座の利用状況調査
(2019 年3月末時点)

もちろん、これだけ人気ならそれなりの人気の秘訣があります。

それらを以下では詳しく見ていきましょう。

つみたてNISAの人気の秘訣

投資で得られた利益がすべて非課税になる。

日本では投資の利益の通常20.315%の税がかかります、10万円投資で利益を得られてもそのうち2万円以上が税として引かれる、と考えればどれだけ大きい損失かわかるのではないでしょうか。
そこでNISA口座を使えば一定額までそれらの利益が全て非課税になります。

この一定額というのが一年間に40万円×20年です。
しかし、この数字だと「一年間に40万円って言うのはそんなに高くないんじゃ・・・」と思われる方もいるかもしれませんね。
実はこの40万円×20年は非常に絶妙な設定になっていますので見ていきましょう。

口座を完全に貯蓄に特化できる。

ここで質問ですが、「いざ将来のために貯蓄しよう」となった時、毎月いくら支払えますか?
おおよそ2~4万円の方が大半ではないでしょうか?

実際行われた調査を見ていきましょう。

年間の手取りのうち貯蓄にいくら回すか
手取りから貯蓄に回す割合 出現率
5%未満 7.4%
5~10%未満 10.5%
10~15%未満 14.7%
15~20%未満 4.0%
20~25%未満 9.1%
25~30%未満 3.4%
30~35%未満 8.8%
35%以上 8.8%
貯蓄せず 29.7%

出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(平成30年)」

日本人の毎月平均貯蓄額は手取りの10~15%未満14.7%を占めています。
平均月収を30万円とすると2~3万円程度が多いという結果になります。

つみたてNISAで投資できる額は年間最大40万円、1ヶ月に直すと3万3千円程度です。実際のニーズとほとんど合ってますね。

更にNISAが持っていた期間的な問題も解決しています。
NISAは利用期間が5年と少し短めのため、その後も貯蓄を続けるとなると、税金を我慢して投資を続けるか、もしくはお金を引き出して定期預金にする他なく、そこがネックでした。

そこで一年の非課税枠が小さくなった代わりに、長期運用ができるようになったつみたてNISAが考案されたのです。

投資信託の商品が厳選されている。

積立投資では「毎月自動積立で手間がかからない」、「少額で投資をスタートしやすい」などの理由で投資信託が有用であるとされ、つみたてNISAの運用も投資信託のみに厳選されています。

とは言え実際に投資信託を選ぶとなっても、投資信託を行うファンドは優に数千はあり、その中で厳選すると言われるとなかなか難しいのではないでしょうか?
もちろんその全ての運用実績が安定しているわけではありません。20年間もの間運用するのですから良質なものを厳選する必要があります。

そこでつみたてNISAではあらかじめ、金融庁によって積立投資に向いた商品164ファンドが厳選されています。
そのため、通常の積立投資と比べ、格段に商品を選ぶのが簡単になっています。

目次へ戻る

損益通算と繰越控除はどうなるの?

NISAでは「損益通算」と「繰越控除」ができないということがデメリットとしてあげられていました。
つみたてNISAではどうでしょうか?

損益通算とは?

投資において利益と損失を相殺すること。もし投資で損失が出た場合は利益から差し引き、損失に本来かかってくるはずだった分だけ税金を減らすことができる。

損失の繰越控除とは?

損失があった際に会計勘定を次期の会計に組み入れ、損失の分だけ課税を減らせる制度。通常の株取引や投資信託では3年間に渡り損失の繰越控除が適用されます。

損益通算の仕組みとその影響を説明していきます。

A社とB社

まずは、NISA口座ではない通常の口座、A口座とB口座の2つの口座を運用するとしましょう。

損益通算

ここでA口座で30万円の利益が出て、B口座で30万円の損失が出た場合、税金はかかってきません。損益通算で口座の利益にかかってくる税金をB口座の損失分で相殺できるためです。

損益通算消失

しかし、B口座がNISA口座だったとすると損益通算は適用できません。A口座の利益にかかる税金6万円を収める必要があり結果通常の口座を使うときと比べて損失が増えてしまいます。

これらは通常のNISAではこちらの損益通算は大きなデメリットでしたが、つみたてNISAの場合通常のNISAほど大きなデメリットにはなりえないでしょう。

なぜならつみたてNISAで取り扱う商品は、損失の出る可能性が低い投資信託ETFに限定されているためです。

また、後述するドルコスト平均法により長期的に投資すればするほど、損失になる可能性は低くなっていきます。

以下の金融庁の調査でも、投資は期間が長くなればなるほど損失の可能性が少なくなる事が証明されています。

金融庁説明資料調査結果
出典:「金融庁説明資料」平成29年2月3日

しかし、可能性が低いとはいえ、絶対に損失がないというわけではありません。

そのため「自分の資産をどの口座、商品に費やすのか」という選定は慎重に行う必要はあります。

iDeCoとの比較

しかし、自分に合った商品や口座を探すより先に、まず自分の積立投資につみたてNISAが最適なのかをはっきりさせておきましょう。

例えば積立投資に使えるサービスに、もう一つiDeCoというものがあります。

iDeCoは「個人型確定拠出年金」の略で毎月決まった金額(5,000円から)を60歳まで積立てて、
節税しながら老後に備える公的制度です。

ゆうた(悩む)

ゆうた

あれ?こっちも積立だよな?つみたてNISAとどう違うんだ?

違うとは分かってても具体的な違いは意外と知られていないものです。
そこでつみたてNISAとiDeCoの違いを下にまとめました。

つみたてNISAとiDeCoの比較
つみたてNISA iDeCo
20歳以上 対象年齢 20歳以上60歳未満
年40万円×20年間 非課税枠 加入する人の職業により変わる。
自由に引き出せる 資産引き出し 60歳まで引き出せない
運用で得た利益は非課税 節税 運用で得た利益は非課税であり、掛け金分は全額が所得控除になる。
100円 最低投資金額 5000円
週〜年単位で自由なスケジュールで定期積立 投資スケジュール 毎月一定額を支払う必要あり
金融庁により定められた一部の投資信託、ETF 投資対象 投資信託、株式、債権、ETF等自由度は高い
自由 出金 60歳まで不可能

iDeCoとつみたてNISA、どちらのサービスにもう優劣はなく自分に合うか合わないかの違いです。

iDeCoはつみたてNISAと比べて投資可能期間が長いこと、非課税枠が退職金にまで及ぶことから節税効果はこちらのほうが大きいと言えるでしょう。
しかし、60歳までお金を一切引き出す事ができません。自由にお金を使いたいなら選択肢から外れるでしょう。

逆につみたてNISAはiDeCoと比べて節税効果は低いですが、いつでも積立金を使うことができる上に、投資対象があらかじめ限定されてるため、より初心者の方向けの商品となっています。

この2つは端的にまとめるとそれぞれ下記の様な人が向いています。

つみたてNISA…「20年以内の資産形成(住宅購入や、養育費など)を目標に貯蓄したい人」
iDeCo…「60歳より先の老後の資産形成を目的に貯蓄したい人」

しかし、もし迷われているなら、いつでも引き出してやめることのできる「つみたてNISA」をオススメします。
特に若い方なら冠婚葬祭などでお金が必要になる際、非常に助かります。

iDeCoについては詳しくは下の記事で紹介しています。御覧ください!

つみたてNISAでどれくらい儲かるの?

それではつみたてNISAを使うことで通常口座と比べていくら儲かるのでしょうか?

結論から言うと20年間でこれだけ(↓)の利益を得ることができます。

つみたてNISA口座と通常N口座の比較

上画像は投資信託で20年間「つみたてNISA口座」を使った場合と、通常口座で投資信託した場合の最終利益の比較図です。

どうしてこのような結果が生まれるのか見ていきましょう。

まず、投資信託のリターン率はおおよそ5~10%です。多めに見積って10%のリターンとしましょう。

ここで20年間で800万円と投資できるためリターンは80万円です。

しかし、通常口座だと株式投資の利益の約20.315%、この場合16万円もの金額が国に徴収されてしまいます。

ここでつみたてNISA口座ならこの税金がゼロになります。それによって16万円も得をしますね。

国内で暮らしていて、現状数十年単位の積立でこの損失を補う方法はiDeCoつみたてNISAしかありません。

目次へ戻る

まとめ

りな先生(笑顔)

りな先生

つみたてNISAについて簡単にまとめるわね!

まとめ

  1. 対象商品の利益が年間40万円まで非課税に
  2. 非課税期間は20年間
  3. 対象商品は164本の投資信託とETFに限定、投資先が選びやすくなっている。
  4. 使用用途は積立投資に限定されている
  5. つみたてNISAで損益通算と繰越控除を気にする必要性は薄い
  6. 60歳より先の老後の資産形成を目的に貯蓄したい人はiDeCoの方が向いている。
  7. つみたてNISAは16万円儲かる、養育費など長期積立向けのプラン