本記事では、SBI証券のテーマ投資「テーマキラー!」の特徴・メリット・デメリット・口コミをもとに、徹底解説を行います。

SBI証券のテーマ投資「テーマキラー!」とは

テーマ投資とは

まず、「テーマキラー!」をご説明する前にテーマ投資についての説明をします。

テーマ投資とは、投資したい企業の銘柄を特定のテーマによって絞り込み、その企業の株式を少額で購入することができる投資方法です。

自分が好きな業界であったり、将来伸びそうな業界の会社を10社ほどに絞ってまとめて投資できるので、自然と分散投資になってリスクの低い運用をすることができます。

また、ダイレクトに社会貢献ができるテーマも存在しているので、よりよい社会を実現するための投資もできるので人気です。
しかし、テーマ投資は最近出てきたサービスなので扱ってる証券会社は残念ながら少ないです。

その中でKabudemyがオススメする証券会社は、SBI証券が提供している「テーマーキラー!」です。
なぜオススメなのかというと、テーマーキラー!は、
①NISA口座に対応しており利益がそのまま得られる。
②大手のSBI証券が運営しているので圧倒的安心感がある。

からです。
※NISAとは少額非課税制度のことであり、年120万円までの運用額に対して利益分が非課税になります。国が国民に投資をしてほしいから始まった施策。有効期間があるので早めにチェックしよう。

なんと、テーマ投資でNISAに対応しているのはテーマキラー!だけなんです!!!

以下では、とってもおすすめなSBI証券のテーマキラー!について徹底解説していきます。

テーマキラー!とは

テーマキラー!は、売買単位に関わらず1株から取引できる単元未満株(S株)を活用しており、10銘柄への分散投資が5万円から手軽に始められます。
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドの独自の市場、銘柄分析に基づいて選定 (minkabu PRESS編集部)が定期的に開催するテーマ選定協議会を経て、テーマを生成しています。

「購入コース」として、5万円、10万円、20万円、30万円の4コースがあり、有望企業で構成されたポートフォリオに簡単に投資することができます。
また、手数料もテーマ投資を行っている業界の中で最安値の5%です。

テーマキラー!のポイント

  1. NISA口座で買付が可能
  2. 5万円、10万円、20万円、30万円の4コースがある
  3. テーマ投資を行っている業界の中で手数料は最安値の5%

テーマキラー!のメリット

投資先を決めるのが簡単。かつリスク分散

テーマキラー!では将来伸びそう・応援したい!と思ったテーマを選ぶことで、自動的に成長が期待される10社に投資できます。
初心者にとって難しい銘柄選定の為のチャートの分析も、証券会社が複数の銘柄をリストアップしてくれているので手間が省けます。
また、10社に投資することで分散投資となり、自然とリスク分散の効果があります。

少額投資が可能

一般的には、「投資といえば大金が必要なのでは?」と思う方も多いかと思います。
しかし、テーマキラー!は5万円という少額から投資可能です。
もともとは10万円、20万円、30万円の3コースだったのですが投資を身近にするために5万円の購入コースが追加されました。
少額から始められるので初期費用の負担が軽くてすみますね!

NISA口座で買付が可能

他のテーマ投資ではNISA口座で買付ができません。
NISAを利用できるのはテーマキラー!だけなので大きなメリットとなります。

年120万円の投資に関しては非課税になるのでテーマキラー!を使えば節税対策になります!
これも大手証券会社であるSBI証券だから為せる技といえます。

NISAについて詳しく知りたい方はコチラの記事を御覧ください。

社会貢献ができる

テーマキラー!の醍醐味と言って良いかも知れません。
テーマには「がん最先端治療」「子育て支援」など、投資すれば社会貢献できるものもあります。
投資といえば利益を得ることが目的化しているイメージが強いですよね。
実際そうかも知れませんが…笑
しかし上記のようなテーマを選べば社会貢献できるので、なにか少し良い事をした気分になりませんか?
是非、社会貢献のテーマを選んで貢献欲求を満たしてください!

テーマキラー!のデメリット

選んだテーマが縮小したとき

今は将来性があってこれならいける!と思っても、何らかの要因で縮小したり、人気がなくなってしまった場合はテーマ全体が倒れてしまう場合があります。
通常の方法で分散投資を行うと、その業界が倒れてもほかでカバーすることで損失は小さくて済みます。
しかし、テーマ投資では全て同じテーマの企業なので損失は大きくなる可能性が高いです。
これを防ぐためには、
①社会情勢の動向を日頃から確認しておく。
②他のテーマにも投資する。
の2通りがあります。
常に意識しておきましょう。

そうは言っても、これはテーマ投資全体におけるデメリットといえますね。

手数料が通常の投資方法と比べると高い

テーマ投資全体に言えることなのですが、やはり手数料は割高となっています。

株式を10万円分購入する場合、テーマキラー!なら手数料が約500円なのですが、
テーマ投資ではないSBI証券のスタンダードプランなら50円(税抜)アクティブプランなら0円で購入可能です。
単元未満株の投資手数料が割高になってしまうのは世の定めなので仕方ないかもしれませんが…。

テーマキラー!のはじめ方

次はテーマキラー!の始め方を説明していきます。
まず、SBI証券に口座開設をしていない方はコチラで口座開設をしておきましょう。

SBI証券の口座を開設した方は、IDとパスワードを用いてログインしましょう。
トップ画面の「国内株式」にカーソルを合わせて「テーマ投資」をクリックしてください。


以下のような画面に変わったら、「テーマキラー!を始める!」ボタンをクリックします。


「テーマを買う」ボタンをクリックしてください。


「テーマ一覧」からテーマを選びましょう。

例えば、「eスポーツ」を選ぶとこのような画面になるので、構成銘柄・過去の推移が見れます。
購入コースは、5万円・10万円・20万円・30万円の4つがあるのでこの中から1つ選んでください。
そうすると注文入力画面が出て来るのでテーマを購入して終了となります。

実際どうなの?評判・口コミ

リアルな口コミを知るためにツイッターからテーマキラー!に関するツイートをまとめてみました。

注目を浴びるテーマキラー!


テーマキラー!は少なからず注目されていることがわかりますね。

情報収集に使えるテーマキラー!


テーマキラー!ではテーマごとにオススメの銘柄がピックアップされているので、情報収集にも便利です。
更に、毎月テーマに関連したレポートも発行されているので、社会情勢の勉強にもなります。

実際にやってみてどう?



ツイッター上では大きな損失をしているといった書き込みはないですが、とても大きな利益を得たといった書き込みもなかったです。
分散投資でリスクが低減されていることがわかりますね。

まとめ

ツイッターの口コミでもあったように、テーマキラー!は情報収集としても使えます。
SBI証券の編集者の方が作ったレポートも読めるので、これから株式投資を始めようとしている人も既に口座を持ってる人も情報はあるに越したことはないですよね。
今まで知らなかった銘柄も知れるのでかなりオススメです。

しかし、何と言っても、テーマキラー!一番の推しはNISA口座での買付ができることです。
今の日本のサービスでは、テーマ投資でNISA買付可能なのはテーマキラー!だけです。
これはテーマ投資自体がまだ新しいサービスなので制度が十分に確立できていないことが原因です。

今後人気が出てくるサービスなのは間違いないので早めのスタートを切っておきましょう!