伊鈴ゆうた(悩む)

伊鈴ゆうた

NISA口座について質問なんですけど、正直NISAって開設する証券会社関係あるんですかね?

瀬川りな(デフォルト)

瀬川りな

んー、それはどういうこと?

伊鈴ゆうた(デフォルト)

伊鈴ゆうた

だって、最近どこの口座も力を入れていて、どこも国内手数料無料じゃないですか。

瀬川りな(ワンポイント)

瀬川りな

確かに基本的なところは似てきているわね、でもかかってくる費用はNISAの手数料だけじゃないわよ。国内手数料が無料だからこそ意識していきたいSBIの強みを今回は解説していくわね!

本条かおる(デフォルト)

本条かおる

実は・・・そもそも名前だけは実は全く使い方わからないんですよね・・・NISA・・・。

瀬川りな(笑顔)

瀬川りな

わかったわ!それなら今回はNISAの効果的な使い方も合わせて説明するわね!

近年ではどこの証券会社も国内手数料無料など、充実したサービスを打ち出しているNISA口座。

この記事ではNISA口座を最大限に活かす、SBI証券ならではの強みを厳選に、厳選を重ねて紹介していきます。

「NISAについて何も知らないよ〜」という方も、NISAの基本知識をどのスタイルが最適かという観点に焦点をおいて書いているので安心して読める記事になっています!

そもそもNISA口座とは?

本条かおる(助けを求める)

本条かおる

NISAって名前はよく聞くんですけど内容を今ひとつ把握できてないです・・・。

NISAとは「少額投資非課税制度」の略で、簡単に言えば一定額の取引までは税がかからずに取引ができるようになる制度

株で利益を上げると、通常売却益配当に対して20%の金額が課税されると制度上決められており、長年投資形の頭を悩ませてきました。。

しかし、NISAを使えば、5年間は年間120万円の投資額まで、獲得した利益が全て非課税になります。

5年間運用すれば数十、数百万単位の資産を節約することが可能です!

さらにロールオーバーという制度を使えばさらに2倍の10年間もの間非課税期間が続かせることが可能、積極的に使っていきたいですね。

ロールオーバーとは?

NISA非課税投資枠で購入された株式・投資信託等w、5年間の非課税期間が満了したのちも翌年のNISA非課税投資枠へ移すことです。この仕組を使うことでさらに5年間、合計で10年もの間非課税枠で資産運用ができるようになります。

今後株式運用される方にはNISAははっきり言って必須です。

そしてNISAを使うにはインターネットでしか開設することのできない専用の口座を開設する必要があります。

NISA口座の有効な使い方

本条かおる(デフォルト)

本条かおる

だいたいわかったけど、1年120万円て案外すぐに使いきりそうじゃないですか・・・?


伊鈴ゆうた(悩む)

伊鈴ゆうた

そうだよな、一回のトレードで普通に万単位の金使ってるしな

確かに短期売買だと、1日に数回取引を繰り返していたらあっという間に非課税枠を使ってしまうでしょう。

そのためNISA口座では基本的に長期保有での取引がオススメ。
120万円を1年間保有しておけばそこからでた利益はすべて非課税で入ってきます。
結果10年もの間得られる利益が10倍になります。

そして長期投資の中でも特にNISAと相性が良いと言われているのが「投資信託」です。

伊鈴ゆうた(悩む)

伊鈴ゆうた

投資信託・・・?正直自分で運用したい派なんだけど、なんで投資信託なんですか?

瀬川りな(ワンポイント)

瀬川りな

それはね!投資信託のいくつかの要素がNISAとすごくいいからなの!まぁどこと相性がいいかは今から説明していくわ!

NISAと投資信託の相性がいい理由

120万円ピッタリ非課税枠を最大限活用できる!

通常の株取引だと株式の一つ一つの値段が決まってますよね。
それら、1株当たりの金額が大きい株式に投資をしようとするとピッタリ120万円の枠に当てまらないことが多々あります。

せっかく使ったものを完全に使い切れないのはどうしてももったいないですよね。

しかし、投資信託だと自分で100円単位で投資額を決められます。

そこで手数料無料のファンドを選べば簡単に120万円の非課税枠ピッタリまで投資できます!

様々な投資先に非課税枠を使わずに分散投資できる!

まずNISA口座では一度投資をしてその後売却すると、その非課税投資枠の再利用はできません。

個別株式の場合、株価が値上がりするとその株式は割高となります。

そこで、割高となった銘柄を売却、割安な銘柄を買付すると、その分の非課税枠を消費してしまうことになります。
しかし、投資信託の場合すでに投資下ポートフォリオ内でプロのファンドマネジャーが保有銘柄の組み換えを行うため、非課税枠を消費することがありません

また、一つのファンドの中で複数の投資先に分散投資することも可能です。これも当然非課税枠は使いません。

このように幅の広い投資をしながらも、長期間に渡り利益を受け取れるのが強みですね!

NISA口座を用いたおすすめの投資信託スタイル

株式型投資信託

名前の通り国内株や外国株に投資することで利益を出すのが株式型投資信託です。非課税金額をできるだけ増やしたい方はこのスタイルがオススメです。

株式投資であるためハイリスク・ハイリターンな投資スタイルになっています。損失が出たときの被害は大きいですが、同時に利益が出た際の金額も大きく、それが全額課税されることなく財布の中に入ってきます。

通常の株取引と同様に配当ももらえるので、その点でもお得。

長期で運用していくため、景気に左右されにくく安定的なディフェンシブ銘柄(鉄道や医薬品、食料品など)や、配当性向の高い銘柄の長期保有向けです。

債券型投資信託

債券に投資をすることで利益を出していくスタイルで、こちらは逆に安定した投資スタイルを目指す人にオススメです。

株式のように大幅な利益はありませんが、値動きの幅が小さいために大きな損失もありません。

一回一回でのリターンは少ないですが非課税枠を利用すれば少ない利益も減らさずに得られます。また大きな損失を受けないため、長期的に見れば株式型ファンドより稼げるという声も多いです。

バランス型投資信託

上記2つの投資信託を組み合わせた、中間のスタイルが「バランス型投資信託」です。

投資先を変えてリスクを分散させる事ができるため大きなダメージを受けることが少なく、かつハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンの両方のスタイルを経験した上で自分がどちらに向いていりのか判断できるため、初心者におすすめのスタイルです。                              

NISAの注意点

伊鈴ゆうた(悩む)

伊鈴ゆうた

でも待ってください、今聞いてる限りメリットばっかりですけど、本当にこんなにいいことづくめなんですかね・・・。

瀬川りな(デフォルト)

瀬川りな

基本的にメリットが大きいんだけど、勿論使う上での注意点はあるわ。今から説明することは必ず頭の中にとどめておいてね

一部損失を補う制度が適用不可

損益通算とは?

一定期間内の利益と損失を相殺すること。通常の口座なら上場株式に投資して損失が出た場合、確定申告で利益が出た取引と損失が出た取引の損益の一部または全部を相殺することで、その損失の分だけ税額を抑えることができます。

NISA口座はそもそも税が存在しないため、この損失通算ができません。
利益だけで済んでいるときはいいのですが、損失がでた場合はこの損益通算が効かなくなったので税金を抑えることができません。そのため損失も増えます。

そして同じく損失を補う制度である損失の3年間繰越控除も使うことができません。

損失の繰越控除とは?

損失があった際に会計勘定を次期の会計に組み入れ、損失の分だけ課税を減らせるということです。通常の株取引や投資信託では3年間に渡り損失の繰越控除が適用されます。

損益通算と損失の3年間繰越控除、この2つの制度が使えなくなることだけは脳内に入れておいてください。

NISA口座は一人に付きひとつだけ

NISA口座は一人につき一つだけ、つまり複数の証券会社で同時にNISA口座を持つことはできません。

瀬川りな(デフォルト)

瀬川りな

複数の口座を持って使い分けてる人にとっては少し物足らないかもしれないわね

伊鈴ゆうた(悩む)

伊鈴ゆうた

まぁ、一つだけでも非課税に成るのは普通にありがたいけど・・・。


    

NISA口座の業者変更はできますが、1年に1回だけと定められています。

そのため最初の口座は重視するポイントを整理して、慎重に選びましょう!

本条かおる(助けを求める)

本条かおる

慎重に選べっていわれたってどんな基準で見たらいいのかわからないです・・・

    

瀬川りな(笑顔)

瀬川りな

大丈夫よ!今から説明していくわ!一緒に見ていきましょう!

SBI証券でNISA口座を開設するメリット

SBI証券でNISAを開設する一番のメリットは「SBI証券そのもののスペックの高さ」につきます。

情報量 ツール IPO取扱数 ミニ株 外国株 口座開設
キャンペーン
多い 非常に優秀 非常に多い あり あり なし
手数料(取引ごと)※税抜 信用取引 夜間取引 特殊注文
~10万 ~50万 ~100万
90円 250円 487円 あり あり 少ない

投資信託本数は業界No.1!

各社の投資信託手数料比較

会社 取扱本数 ノーロード取扱本数
SBI証券 2,582本 1,279本
楽天証券 2,578本 1,271本
マネックス証券 1,149本 744本
松井証券 805本 671本
カブドットコム証券 1,103本 678本

NISA口座でよく使われる投資信託の本数は業界トップです。さらにノーロード投資信託の本数も1,279本他社の総本数並の数を誇っています。

ノーロード投信信託とは?

購入手数料一切かからない投資信託です。通常の投資信託ですと「購入手数料」を証券会社や銀行などの販売会社に払います。通常取引だと「購入金額の数%程度の手数料が引かれるところがとてもお得に使えるので積極的に使っていきましょう。

投資先が少ないと自分が投資したいと思った会社に投資できないといったことが後々頻出します。

そのため投資先が多いというのは取引会社を決める重要な指標です。特に口座を一つしか作れないNISA口座だとなおさらです。

SBI証券の手数料は?

スタンダードプラン手数料他社比較

証券会社 10万円以下 20万円以下 50万円以下 100万円以下
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
松井証券 無料 300円 500円 1000円
マネックス証券 2700円 2700円 2700円 2700円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 990円

上記SBI証券の手数料(回数単位の手数料)の他社比較ですが、上記が示すように売買手数料に関してもSBIは業界最低水準で非常に優秀です。
10万以下の手数料こそ松井証券の独壇場ですが、投資枠をフルに使うことを目指すNISAで取引金額が10万円以下に収まることは少ないですので、実質最安値と言えます。

外国株取扱数

外国株取扱数他社比較

証券会社 米国株 中国株 その他
SBI証券 7カ国
楽天証券 4カ国
松井証券
マネックス証券
カブドットコム証券

特に株始めたばかりの方が見落としがちなポイントですが、海外株の取扱数も口座選びには重要なポイントです。

確かに初めてすぐに大きな影響が出ることは少ないですが、米国株や中国株を始め日本企業よりも成長性の見込める企業が多く。後々興味を持つ可能性は高いです。

SBI証券の強みは取り扱っている国の数が多く、各国の企業のバリエーションが楽しみながら取引できるという点です。

特に9カ国という取扱国数は他のあらゆる証券会社を圧倒しています。

更にNISA口座だと海外ETF買付手数料が完全無料です。

海外ETFとは?

海外の証券取引所に上場している投資信託」のこと。指標の動きに合わせて安定した利益を狙うのが主流。海外の投資信託が証券取引所に上場しているので、株の売買と同じように証券会社を通して取引がきるのが特徴です。

始めたてで海外の相場情報はよくわからないと思いますが、専門家集団である海外ETF一つに委託すれば安心して投資することができます。更に投資先が分散されますので、個別企業の信用リスクにさらされる可能性が激減します。

まとめ

瀬川りな(笑顔)

瀬川りな

今回説明したことを最後にまとめるわよ!