楽天証券で日経新聞を無料で読む方法

投資家ひいては社会人必読の日経新聞。

2012年の調査ではなんと経営層の90%以上、最近では就活生の50%以上が日経新聞を読んでいるというデータがあります。

そんなビジネスマンの必読書と言われる日経新聞ですが、年間購読料が58,800円と正直「かなり高い」のが現状です。(参考:日本経済新聞 朝・夕刊セット版地域月額4,900円

しかし、みなさんご安心ください。

この記事のタイトルにもある通り、実は楽天証券なら日経新聞を無料で読めちゃいます

これかなりすごくないですか??

年間約6万円以上を節約できる超お得なマル秘知識ですので、ぜひ皆さんもお得に活用しちゃってください!!

楽天証券で日経新聞を無料で読む方法

ネット証券の楽天証券を使って日経新聞を無料で読む方法ですが、中身は至ってシンプルです。

実は、楽天証券は楽天証券の口座開設者向けに、無料で日経テレコン(楽天証券版)というサービスを提供しています。

この無料で提供してる日経テレコン(楽天版)を使う事で、楽天証券のスマホアプリやPC取引ツールから無料で日経新聞を読む事ができちゃいます。

日経テレコンとは??

日経新聞は聞いた事があるけど、日経テレコンは初めて聞いたという方もいるかと思います。

日経テレコンは、株式会社日本経済新聞社が提供してるサービスで、日経新聞を含めた過去30年分の国内外の新聞や雑誌、140万社以上の企業情報などの膨大なビジネス情報が蓄積されたデータベースのようなものです。

ここは「ふ〜ん、日経テレコンってそういうものか」くらいで構いません。

この日経テレコンを使うと、日本経済新聞(朝刊・夕刊)を含めた様々なメディアや雑誌を閲覧する事ができます。

そして、楽天証券ではこの日経テレコンを楽天証券の口座開設者向けにカスタマイズした、日経テレコン(楽天証券版)楽天証券口座開設者向けに完全無料で提供してます。

これが無料で見れちゃうって、すごくないですか??

「どうせどこかでお金が発生するんじゃないの??」と思われるかもしれませんが、楽天証券の口座開設から楽天証券で日経新聞を閲覧するまで、追加料金や口座開設費用等は一切発生しません

日経新聞を実際に読むまでの流れ

ではここからは、楽天証券を使って日経新聞を読むまでの流れを、実際の画面を使って紹介していきます。

楽天証券の口座を持っていない方も、一番最初から説明してるので安心してくださいね。

では実際に日経新聞を読むまでの流れは以下になります。

日経新聞を読むまでの流れ

  • 楽天証券の口座を開設する(無料)

  • iSPEED(アプリ)を無料ダウンロード

  • 実際に日経新聞を読む

たったこの3ステップで簡単に読む事ができます。

スマホの場合はiSPEEDという楽天証券公式のアプリを使いますが、パソコンの場合はMARKETSPEED(マーケットスピード)という、これまた楽天証券公式のPCツールを使います。

今回はスマホで読む場合と、PCで読む場合の2つに分けて説明しますね。

では、まずはまだ楽天証券の口座を持っていないという人向けに、①楽天証券の口座を開設する(無料)からいきましょう。

すでに楽天証券の口座を持っている方は、②スマホアプリで日経新聞を読むから読んでくださいね。

①楽天証券の口座を開設する(無料)

楽天証券は、2020年3月18日に総口座開設数400万を突破。新規口座開設者が業界最大手のSBI証券の2倍近いスピードで増加してる今大人気のネット証券です。(参考:ITmedia

なので日経新聞を読む目的以外にも、実際の株式投資目的の人にもおすすめのネット証券です。

まずはこの楽天証券の口座を開設します。

口座申し込み自体は3~5分程度で終わりますので、サクッと済ませちゃいましょう。

以下のボタンから、楽天証券の公式サイトにアクセスすることができます。

口座開設や口座維持等、全て無料でできますので安心してくださいね。

口座開設は説明に従うだけでかなり簡単なのですが、「ネット証券で口座開設するのは初めてだから少し不安だ」という人は以下の記事を参考にしてください。

楽天証券での口座開設方法を画像付きで紹介してます。

ここで楽天証券での口座開設が済んだ方、既に楽天証券の口座を持っている方は、次の②スマホで日経新聞を読む方法に進みましょう。

自分はスマホアプリではなくパソコンで読みたいという人は、③パソコンで日経新聞を読む方法に飛んでくださいね。

②スマホで日経新聞を読む方法

では実際に楽天証券のスマホアプリから日経新聞を読む方法を紹介しますね。

まず今回使用するのは、楽天証券のiSPEED(アイスピード)と呼ばれるスマホアプリです。

こちらiPhoneをご利用の方であればAppStore、Androidをご利用の方であればGooglePlayストアから無料ダウンロードしてください。

>>>AppStoreから「iSPEED」無料ダウンロード
>>>GooglePlayストアから「iSPEED」無料ダウンロード

アプリをダウンロードして起動すると、以下のような画面になっていると思います。画面の右下の「メニュー」をタップしてください。

iSPEED2

メニューをタップすると以下の画面に移動しますので、その画面を下にスクロールしてください。

iSPEED3

下に少しだけスクロールすると「日経テレコン」と書かれたボタンが出てきますので、そのボタンをタップします。

iSPEED4

すると、以下のようなご利用許諾条項ができてますので「同意する」をタップします。お金は一切発生しませんので、安心してください。

iSPEED5

次に日経テレコンのトップ画面が表示されますので右上のメニューをタップしてください。

iSPEED6

すると、「きょうの新聞」というカテゴリーがでてきますのでそこをタップします。

iSPEED7

この画面では、新聞の日付媒体を選択する事ができます。今回は日経新聞が読みたいので媒体の変更ボタンをタップします。

iSPEED8

すると、6つの媒体から好きな新聞を選べる画面が出てきます。日経新聞を読みたい方は、この画面で日経の朝刊か夕刊を選択しましょう。

iSPEED9

実際に日経の朝刊を見てみると、「一面・総合・政治・経済・オピニオン・金融経済・国際・アジアBiz・NEXT1000・企業・マーケット総合・マーケット商品・教室・社会・文化」と、各ニュースがそれぞれカテゴリ別に分けられてます。

そしてそのカテゴリ別に、記事の見出しが上から順に並んでいます。

iSPEED10
※権利の関係上モザイク処理を施してます

実際に記事を開くと、日経電子版のように各記事の文章をテキスト化した「本文」を読む事ができます。

iSPEED10
※権利の関係上モザイク処理を施してます

またテキスト化せずに、以下のように実際の新聞の切り抜き画像として読む事もできます。また資料のPDF化も可能です。

iSPEED10
※権利の関係上モザイク処理を施してます

簡単に情報を知りたい人は「本文」、紙の新聞を読んでる感じがいいという人は「PDF」と、使い分けて読んでもいいでしょう。

たったのこの3ステップで簡単に日経新聞が無料で読めちゃいますので、まだこの機能を活用していないという人は、積極的に使ってみてくださいね!!

③パソコンで日経新聞を読む方法

次はパソコンから日経新聞を読む方法を紹介します。

パソコンで見る場合には、楽天証券が提供しているトレーディングツール「MARKETSPEED(マーケットスピード)」を使います。

マーケットスピードは以下のサイトから無料でダウンロードする事ができます。まだダウンロードができてない方は、先にダウンロードしましょう。

>>>マーケットスピードを無料ダウンロード

また、まだ楽天証券の口座を持っていないという方は、この先、楽天証券のアカウントが必要になりますので、先に口座開設を済ませておいてください。

マーケットスピードは以前は有料でしたが、2019年6月24日から完全無料になりましので、こちらもiSPEED同様に無料で使う事ができます。

今回の説明はマーケットスピードforMacの画面を使って行います。新たにマーケットスピードⅡが登場しましたが、基本的にマーケットスピードⅡもマーケットスピードWindows版も大きな違いはありませんので、どちらの場合も参考にしてくださいね。

まずはマーケットスピードのトップ画面の上のメニューにある、「ニュース」タブをクリックします。

マーケットスピード1

ニュース画面では様々なニュースを選択できますが、ここで日経テレコンを選択して利用許諾の同意するボタンをクリックしましょう。※iSPEED同様に無料で使えます

マーケットスピード2

次に日経テレコンの画面に移動しますので、メニューにある「きょうの新聞」をクリックします。

マーケットスピード3

きょうの新聞画面では日経新聞の朝刊か夕刊か、自分の見たい媒体を自由に選ぶ事ができます。

マーケットスピード4

媒体を選択したらあとはスマホと同じように、カテゴリ別に記事の見出しが並んでいるので、後は自分の気になったニュースを確認するだけです。

マーケットスピード5

記事を開くと、iSPEEDでも説明したように各記事の文章をテキスト化した「本文」と、各記事の原文(新聞であれば切り抜きイメージ、雑誌であればページ全体)である「PDF」の両方をみる事ができます。

ここまでがパソコンを使用した楽天証券で日経新聞を読む方法になります。

普段お仕事をして忙しいサラリーマンの方は、iSPEED(スマホアプリ)を使って日経新聞を読む方法をおすすめします。

会社への通勤時や休憩時間など気軽にスマホで日経新聞を確認できるので、かなり便利だと思います。

実際にどういった機能が使えるの??

楽天証券の日経テレコンですが、単に日経新聞を見る以外にも特徴的な機能がありますので、今回はその中から、知っておくと便利な2つの機能をご紹介します!

便利機能2つ!

  • キーワードによる絞込み機能

  • 過去1年分の記事検索

①キーワードによる絞込み機能

楽天証券の日経テレコンでは、キーワードによる絞込み機能が使えます。

実際のスマホ画面を使って紹介しますね。

例えば、今朝の日経新聞朝刊の中から「コロナウイルス」関係のニュースを見たいとします。

その場合、以下の画面の「キーワードを入力してください」という検索窓に「コロナウイルス」と入力して、検索します。

楽天証券のiSPEEDの使い方

すると、以下のように日経新聞朝刊の中から見出しもしくは本文中に、「コロナウイルス」という言葉を含んだニュースを全て絞り込んでくれます。

今回は122件のニュースが見つかりました。

楽天証券のiSPEEDの使い方

実際に記事を見てみると、以下のように「コロナウイルス」という文字が黄色くハイライトされて表示されますので、かなり見やすいです。

楽天証券のiSPEEDの使い方
権利の関係上モザイク処理を施しています

この機能を使えば、自分の知りたい情報やトピックにピンポイントでアクセスできますので、大変便利な機能です。

例えば、自分の気になる銘柄の企業名で検索をかけたり、気になるサービス名で検索をかけたりすると、その会社の最新のニュースだけを絞り込んで確認したりもできます。

②過去1年分の記事検索機能

楽天証券の日経テレコンには記事検索機能があります。

この機能は先ほど紹介したキーワード絞込み機能と併用して使う事ができます。実際のスマホ画面を使って使い方を説明しますね。

まずスマホ画面の右上にある白い3本線のメニューボタンをタップします。

楽天証券のiSPEEDの使い方

すると上部にメニュー画面が表示されますので、そこに記載されてある「記事検索」というメニューをタップします。

楽天証券のiSPEEDの使い方

すると、以下のような記事検索画面が表示されます。

楽天証券のiSPEEDの使い方

ここで期間や新聞媒体などを指定し、最後に自分の知りたいキーワードを入力して絞り込みをかければ、指定した期間中のそのキーワードに関連した記事が全て表示されます。

楽天証券のiSPEEDの使い方
新聞媒体ごとの絞り込みも可能

基本的に毎朝日経新聞を読んでいれば、あまり使わない機能かもしれませんが、何か自分の気になるトピックやニュースがあった時に、こうして情報を遡って検索できるのは大変便利ですよね。

楽天証券で日経新聞を読むメリット・デメリット

楽天証券で日経新聞を読むメリットやデメリットは何でしょうか?

メリットは分かりやすいですが、デメリットはあるのでしょうか?具体的に見てみましょう。

メリット

楽天証券で日経新聞を読むメリットは主に2つあります。

それが、①年間約6万円以上の節約効果②日経新聞以外の様々な媒体を読めるの2つです。

①年間約6万円以上の節約効果

やはり、楽天証券で日経新聞を読む最大のメリットはこの節約効果でしょう。

今現在、日経新聞の宅配をとっている方や、日経電子版に申し込んでいる方は分かるかと思いますが、日経新聞の講読料は想像以上に高いです。

実際、日経新聞の紙版を配達してもらう場合や日経電子版の講読料は以下のようになってます。

楽天証券 日経テレコン 日経新聞 紙版 日経新聞 電子版
1ヶ月 無料 4,900円 4,277円
年間 無料 58,800円 51,324円
楽天証券
日経テレコン
日経新聞
紙版
日経新聞
電子版
1ヶ月 無料 4,900円 4,277円
年間 無料 58,800円 51,324円

まだ日経新聞を使った事がない方なら「えっ!?そんなに高いの??」と驚いたかもしれませんが、紙の場合で月額4,900円年間で58,800円の講読料がかかります。

これが楽天証券を使えば無料になる訳ですから、ものすごいお得ですよね。

実際に毎月約5,000円も浮けば、その分のお金を投資信託への積立金や株式への投資資金として使う事ができます。

日経新聞を楽天証券に変えるだけで、無料で読めてかつ浮いたお金は投資に使える、まさに一石二鳥の大きなメリットがあります。

Q1 どうして楽天証券は日経新聞を無料にしてるの?

②日経新聞以外の様々な媒体を読める

楽天証券の日経テレコンでは日本経済新聞(朝刊・夕刊)以外に、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞)、日経地方経済面が読めます。

これも楽天証券の日経テレコンの大きなメリットの1つです。

あまり馴染みのない媒体もありますので、1つずつどういう特徴を持った新聞かを軽く説明しますね。

日経産業新聞
日経産業新聞

企業の新製品やサービス・人事戦略など、企業情報に特化した新聞です。

株式投資を始める人のほとんどが、最初は国内株式に投資をしますので、そういった面で、日本国内の上場企業の最新情報を獲得する媒体としては最適です。

日経MJ
日経MJ

MJはマーケティングジャーナルの略で、基本的に消費経済にフォーカスして、生活・消費・サービス産業等をマーケティング的な側面から切り取って、ビジネスの動向や消費トレンドを紹介してくれる日経が提供している専門紙です。

投資をする上で、ビジネスの動向や消費トレンドを把握しておくのは大事ですので、日経MJが無料で読めるのはかなり嬉しいです。

マーケティングの勉強をする為に、お金を払って日経MJを購読しているビジネスマンもいるほど大人気です。

日経地方経済面

日経新聞の地方経済面を収録したものです。

北海道・東北・首都圏・中部・北陸・近畿・中国・四国・九州・沖縄など、その地方に特化したニュースが収録されてます。

ある特定の地域に関連した企業の情報等を把握する事ができ、地域特有の経済の動きを把握する事ができます。

デメリット

それほど大きいデメリットではありませんが、楽天証券の日経テレコンにも小さなデメリットが2つだけあります。

それが①3日前の新聞しか読めない点②情報の強弱がわかりづらい点の2点です。

①3日前の新聞しか読めない点

楽天証券の日経テレコンの1つ目の残念ポイントが、3日前までの情報しか見れない点です。

日経新聞の情報は今日を含んだ過去3日分の情報しか読めません。

ただし、これはあまりデメリットとしての側面は薄いかもしれません。

理由は単純で、基本的に新聞は毎日読むものです。なので、きちんと毎日確認しておけば、特段3日以上前の新聞が気になるケースがあまりないという事。

さらに先ほど楽天証券の日経テレコンの機能部分で紹介したように、楽天証券の日経テレコンには「過去1年分の記事検索機能」があります。

この機能を使えば1年分の記事をキーワード検索する事ができるので、例え見逃してしまったニュースがあっても後で検索する事ができます。

なので、この点に関してはそれほど大きなデメリットではありませんが、仮に「5日前のあの記事が読みたいけど、キーワードがわからないなぁ〜」という場合もあるかもしれませんので、そういう時には少し不便かもしれません。

②情報の強弱がわかりづらい点

通常の新聞であれば、重要な内容は大きい見出しや文字で書かれて、重要度の低い内容は端に小さく書かれたりします。

それが紙の新聞の良さだったりします。

しかし、楽天証券の日経テレコンの場合には情報の重要度は関係なく、全て経済・総合・政治などのジャンル毎に縦に並んでいるので、紙の新聞のように直感的に情報の重要度を把握する事ができません。

この点、紙の新聞に親しんできた人には少し不便に感じる点かもしれません。

この情報の強弱がわかりづらいという点の直接的な解決策ではありませんが、楽天証券の日経テレコンのオススメの使い方がありますので、是非この方法を試してみてください。

楽天の日経新聞のオススメの使い方!

記事の情報の強弱や知りたい情報にすぐにアクセスする為に、楽天証券の日経テレコンをこういう風に使えば便利だよという方法があるので、ご紹介します。

それが以下の2つの方法になります。

オススメの使い方

  • 文字数を参考にする

  • 日経電子版のTwitterと連携する

①文字数を参考にする

例えば記事のタイトルや見出しを見ただけでは、その記事がどれほど重要なニュースなのかは判断しづらいです。

紙の場合は大きな見出しで掲載されてるので分かりますが、そういう訳にもいきません。

そこで、そのニュースの文字数を参考にするという方法があります。

楽天証券で日経新聞をみると、トピック毎に記事が別れて表示されるのですが、その際に各記事毎にそれぞれ文字数が表示されてます。

実際、以下の画面のように記事の下に緑色で表示されてるのが文字数です。

楽天証券のiSPEEDの使い方
権利の関係上モザイク処理を施しています

例えば今回の場合、一番上の記事は文字数が1177文字ですが、その下の二つはそれぞれ70文字と29文字とかなり分量の少ない記事である事が分かります。

基本的に重要なトピックやニュースは紙の場合でも、大きい幅をとって掲載される傾向にあります。

なのでこの場合は、1177文字の記事が紙の場合でも大きく表示されてる重要度の高い記事であると判断する事ができます。

こうした文字数を使った方法で、その記事の重要度を判断するという方法が1つ目の使い方です。

②日経電子版のTwitterと連携する

2つ目の方法は日経電子版のTwitterと連携するという方法です。

こちらの方法は普段からTwitterを使っている方にオススメの方法です。

この方法を使えば、より早く自分の気になる記事や重要度の高い記事だけを確認する事ができます。

かなり便利な方法なので、ぜひマネして使ってみてください。

実際の流れは以下のような感じです。

Twitterとの連携方法

  • 日経新聞電子版をフォロー

  • ぱぁーっとツイートを流し読み

  • 気になる内容は調べて確認

この3ステップです。実際にやってみましょう。

①日経新聞電子版をフォロー

まずはTwitterで日経新聞電子版をフォローします。

日経新聞電子版のTwitterアカウント
日経新聞電子版のTwitterアカウント

>>>日経新聞電子版のTwitterアカウントはこちらから

この日経新聞電子版のアカウントでは、主に日経電子版トップページで報じたニュースやその日の注目記事などが発信されています。

フォロワーは300万人以上と、情報感度の高いビジネスマンの多くにフォローされています。

②ぱぁーっとツイートを流し読み

次にこの日経電子版アカウントのニュースをぱぁーっと流し読みします。

軽く上から流し読みするだけで、簡単に今日1日の重要なニュースを把握する事ができます。すでにこの方法を使っているという方も多いかと思います。

そして、この中から自分の気になったニュースを探します。

この時にタイトルや画像だけでなく、実際の記事冒頭やリツート・いいね数を参考にするのもおすすめです。

注目度の高い記事ほど多くのリツイート数やいいね数がついてる傾向にあります。

こうして仮に、以下の「楽天の参入で再編機運」というニュースが気になったとしましょう。

そしたら以下の方法を使って、この記事を閲覧します。

③気になる内容は調べて確認

まずは、先ほどの自分が気になったツイートを開きます。

今回はこのツイートですので画像をクリックして、実際に日経電子版の公式サイトに移動します。

すると以下の様な画面が表示されます。

日経新聞電子版のサイト画面
(引用:日経新聞電子版のサイト画面)

もちろん、日経電子版を登録してない場合は、この記事の続きを読む事はできません。

なので、この記事を楽天証券の日経テレコンを使って閲覧します。

方法としては至ってシンプルで、記事内に登場するキーワードをコピーし、楽天証券の日経テレコンを使ってキーワード検索を行うだけです。

仮に、今回の記事には「日本の携帯通信は」という文字が含まれていました。

そこで、この「日本の携帯通信は」という文字を楽天証券日経テレコンのキーワード検索画面に入力します。

実際の流れを一つずつ紹介しますね。

まずはこのメニューから記事検索というページを開きます

楽天証券のiSPEEDの日経テレコンのメニュー

すると以下のページが表示されますので、ここで「日本の携帯通信は」という文字を入力して検索を行います。

楽天証券のiSPEEDの日経テレコンキーワード検索画面

実際に文字を入れて検索すると、以下の様にこの「日本の携帯通信は」という文字を含んだ、該当記事が表示されます。

楽天証券のiSPEEDの日経テレコンの検索結果画面

中は権利の関係上お見せできませんが、以下の様に指定した文字が強調されて表示されます。

楽天証券のiSPEEDの日経テレコンの記事

このように、まずは気になるニュースをTwitterで軽く探し、気になったニュースだけを楽天証券の日経テレコンを使って確認するという方法を取れば、とても簡単に自分のお目当ての記事を読む事ができます。

意外と知られてない便利な機能なので、ぜひこの方法もマネしてみてくださいね。

楽天証券で日経新聞を読んでる人の評判・口コミ

ネット上でも今回紹介したように、楽天証券の日経テレコンを使用して無料で日経新聞を読んでいる人がいました!

中には「この方法ものすごいお得じゃん!!」と言ってる方や、「お得だからみんなもこの方法使おう!」と宣伝している方もいました。

この実際の口コミにも書いてある通り、意外にこのお得な楽天証券の日経テレコンサービスを知らずに、毎月4,900円を支払っているという人は多いです。

ただ、すでにこの記事を読んだあなたは、この楽天証券を使ったお得な日経新聞の読み方を学んだので、このマル秘知識を使ってお得にかしこく日経新聞をタダ読みしちゃってくださいね!!

すでに楽天証券の口座を持っている方は今日からこの方法を試してみてください!

また、まだ楽天証券の口座を持っていないという方は、毎月4,900円・年間58,800円もお得になりますので、ぜひぜひこの方法をマネしてみてくださいね!

楽天証券は申し込みから開設まで数日かかりますので、なるべく早め早めで口座開設の方は済ませておきましょうね。

以下のボタンから、楽天証券の公式サイトにアクセスする事ができます。

まとめ

楽天証券を使うと日経新聞が無料で読める

かなりお得なサービスですが、まだまだ知らない人はたくさんいます。

こうしたお得な無料サービスを活用する事で、なるべく無駄コストを削減し、賢い投資家になりましょう!

最後に、今回紹介した内容をまとめておきます。

まとめ

    ◯楽天証券で日経新聞を無料で読む方法
     ①楽天証券で無料口座開設する
     ②iSPEEDでスマホから日経を読む
     ③マーケットスピードでPCから日経を読む

    ◯実際に使える機能
     ・日経新聞が読める
     ・キーワードによる絞込み機能
     ・過去1年分の記事検索機能

    ◯楽天日経テレコンのメリット・デメリット
     メリット
     ・年間約6万円以上の節約効果
     ・日経新聞以外にも、日経産業新聞、日経MJ、日経地方経済面が読める
     デメリット
     ・過去3日分の新聞記事しか読めない
     ・情報の強弱が分かりづらい

    ◯楽天証券日経テレコンのオススメの使い方
     ・文字数を参考にニュースの重要度を判断
     ・日経電子版のTwitterと連携する