この記事で学べる内容

  • 損益計算書とは何か?

  • 損益計算書の読み方

損益計算書とは?

損益計算書は、決算短信の3つの財務情報の中の1つの情報です。

損益計算書とは、会社が期間内にどれだけ儲けたか?がわかる報告書です。

もう少し詳しく述べると、会社の収益と費用が記載されており、そこから利益(どれだけ儲けたか)の道筋が分かる財務諸表です。

そして、利益は「収益(売上)− 費用」で算出できるので、損益計算書は「収益」「費用」「利益」の要素で成り立っています。

損益計算書には沢山の項目がありますが、これらは全て「収益」「費用」「利益」に分類できます。なので、表の項目数は多くて難しそうですが、実際はシンプルです。

それでは、早速読み方を解説していきます。

損益計算書の読み方

先程も例を挙げた通り、損益計算書には様々な項目があります。ただ、難しく捉えないでください。

損益計算書を読む際に抑えるべきポイントは、全ての項目は「収益」「費用」「利益」の3つに分類できます。例えば、損益計算書の上部の「売上高」「売上原価」「売上総利益」を分類すると以下のようになります。

ゆうた(悩む)

ゆうた

この表は、2列だけど、前年度と当年度で比較してるって事か。ってか、この表にある数値はどうやって算出されたんだ?

りな先生(ワンポイント)

りな先生

これは非常に簡単よ。『収益 – 費用 = 利益』という計算に沿っているだけだから、右端の当年度の数値を用いて説明すると、収益(売上高)の1,200,560円から費用(売上原価)の699,370円を引いた値の501,189円が利益よ。

ゆうた(悩む)

ゆうた

その計算に沿うだけか!なら、各項目が「収益」「費用」「利益」のどれにあたるか?を知る事が重要だな。

上であげた通り、損益計算書は「収益」「費用」「利益」の分類ができれば、あとは足し算と引き算をするだけです。

ただ、「収益」「費用」「利益」に分類できても、各項目の意味と特徴も知る必要がありますね。例えば、売上原価は一体何なのか?売上原価は実際にどのようなものが含まれるのか?など…

以上を考慮すると、損益計算書を読むためには以下の3つが必要になります。

読む為に必要なスキル

  • 各項目を「収益」「費用」「利益」に分類でき、算出方法を知るスキル

  • 各項目の意味と特徴を知るスキル

  • 違う期間で比較し、数値の差異を考察するスキル

この3つが読むために必要なスキルです。この記事を読んで、ぜひこの3つを習得してみてください。

では、さっそく損益計算書の各項目について解説していきます。以下の表に主要項目をまとめました。

番号 項目 種類 算出方法
売上高 費用
売上原価 費用
売上総利益 利益 ① – ②
販売費及び一般管理費 費用
営業利益 利益 ③ – ④
営業外収益 収益
営業外費用 費用
経常利益 利益 ⑤ + ⑥ – ⑦
特別利益 収益
特別損失 費用
税引前当期純利益 利益 ⑧ + ⑨ – ⑩
法人税等 費用(便宜上) 費用
(便宜上)
法人税等調整額 費用(便宜上) 費用
(便宜上)
当期純利益 利益 ⑪ – ⑫ – ⑬

利益は『利益 = 収益 − 費用』なので、この計算式が適用されています。

ゆうた(悩む)

ゆうた

沢山あってややこしそうだ…..


りな先生(ワンポイント)

りな先生

各項目の意味や特徴、読み方については今から解説しているわ。

なぜ5つも利益があるの?

これは利益の実態を知るためです。例えば、最終的な利益を示す当期純利益のみだと利益は前期より増加したが、実は業績が危うくなり、所有している土地を売って利益がプラスになったというケースに気づけません。このように様々な利益を用いることで、企業が何で利益を出しているのか?といった実態がわかります。

【項目別】損益計算書の読み方

下の表は先程あげた表と同じです。もし、気になる項目があればクリックするとその項目に飛びます。

番号 項目 種類 算出方法
売上高 費用
売上原価 費用
売上総利益 利益 ① – ②
販売費及び一般管理費 費用
営業利益 利益 ③ – ④
営業外収益 収益
営業外費用 費用
経常利益 利益 ⑤ + ⑥ – ⑦
特別利益 収益
特別損失 費用
税引前当期純利益 利益 ⑧ + ⑨ – ⑩
法人税等 費用(便宜上) 費用
(便宜上)
法人税等調整額 費用(便宜上) 費用
(便宜上)
当期純利益 利益 ⑪ – ⑫ – ⑬

①売上高

売上高とは?

売上高とは、商品販売やサービス提供など、企業が主たる営業活動によって得た収益を示します。単純に得た代金を示すので、費用は度外視しています。

例:
単価100円のみかんを10個売り上げた場合は、100×10で売上高は1,000円です。
=人件費などの費用は一切含まれていません。

②売上原価

売上原価とは?

売上原価とは、売れた商品の仕入れや製造にかかった費用を示します。注意すべき点が、売れた商品であって売れていない商品には発生しません。

例:
60円で仕入れたみかんを単価100円で1個売りました。この仕入れ60円が売上原価になります。そして、みかんはあと1つ60円で仕入れているのですが、それはまだ売れてません。売上原価は売れた商品に対して発生するので、後者は売上原価に含まれません。

③売上総利益

売上総利益とは?

売上高(収益)から売上原価(費用)を引いた利益です。一般的に「粗利」ともいいます。

読むときのポイント

読む時のポイントとして、売上総利益は前期と比較して考察します。ただ、売上総利益だけをみて、「前期より上がった、下がった」と片付けるのはもったいないです。

ここでは、売上総利益だけを見るのではなく、売上総利益を算出するもとになる売上高と売上原価も見る必要があります。

例えば、売上総利益が前記より低下しているなら、売上高が下がったからなのか、売上原価が上がったからなのか?もしくは両方が要因なのか?など。

もし売上高が下がったことが要因ならば、企業が売上単価を下げなければいけない理由があったということです。例えば、他社との競争が激しくなってくると、他社にまさるために売上単価を下げる戦略に出たのか?などが考察できます。この価格を下げる戦略は、牛丼チェーン店の価格競争が有名です。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

ちなみにもっと売上高が低下した要因を知りたい!という場合は、「売上高 低下要因」などで検索するとアンケート調査などが出てくるわよ。下の表はその一例ね。

売上高低下要因のデータ

資料:中小企業庁委託「小規模事業者の事業活動の実態把握調査」(2016年1月、(株)日本アプライドリサーチ研究所)

りな先生(悩む)

りな先生

まぁ、ここまで深く分析する必要はないけど、一応載せておくわね。

このように、売上総利益の結果から、要素を分解して、要素ごとに要因を考察することが望ましいです。

では、続く項目を見ていきましょう。

④販売費及び一般管理費

販売費及び一般管理費とは?

販売費は、販売をするための費用です。

一般管理費は、財やサービスを生み出すために直接要した費用ではないものの、企業を運営するために必要な費用を指します。

販管費の例:
販売手数料、販売促進費(広告費)

一般管理費の例:
光熱費、家賃、減価償却費、福利厚生費、その他の経費(交際費・旅費交通費・通信費など)

販売費及び一般管理費一覧

⑤営業利益

営業利益とは?

営業利益とは、会社が主たる営業活動で得た利益を指します。

計算式は、③の売上総利益から④の販売費及び一般管理費を引いた値です。

計算式:営業利益 = 売上総利益 - 販売費及び一般管理費

ゆうた(悩む)

ゆうた

主たる営業活動か・・ん?逆に主たる営業活動以外は何が含まれるんだ?

りな先生(ワンポイント)

りな先生

これに関しては、次に述べていくわね。

⑥営業外収益

営業外収益とは?

営業外収益とは、本業以外の活動で発生する収益のことです。本業以外の活動とは、主に投資利益などの財務活動から得られるものです。以下に例をあげます。

例:受取利息、配当金、仕入割引、持分法による投資利益、有価証券売却益

持分法による投資利益とは?

非連結子会社と関連会社(持分法適用会社)から上がる損益のことです。

⑦営業外費用

営業外費用とは?

営業外費用とは、本業以外の活動で発生する費用のことです。

例:支払利息、手形売却損、社債利息、売上割引、有価証券売却損

⑧経常利益

経常利益とは?

経常利益とは、本業の営業利益から、本業以外の損益(営業外収益と営業外費用)を引いた利益です。

計算式;経常利益 = 営業利益-(営業外収益-営業外費用)

りな先生(ワンポイント)

りな先生

計算式は一見ややこしいけど、収益はプラス、費用はマイナスを意識すれば計算で混乱することはないわよ。

続いては、特殊な損益である特別利益と特別損益について見ていきます。

⑨特別利益

特別利益とは?

特別利益とは、企業の通常の経営活動とは直接関わりのなく、その期だけ発生した特別な利益のことです。

例:長期間保有した株式等の売却益、前期損益修正益

読むときのポイント

まず、特別利益は株価に、多大な影響はないです。なぜなら、企業の経営活動と関わりがなく、さらにその期だけに起きた特別な利益だからです。

なので、最終的な利益が前期より上がっていても、一度この特別利益を確認してみてください。上がった要因が特別利益だと、全体的の評価は低いです。

⑩特別損失

特別損失とは?

これは特別利益と同じで、企業の通常の経営活動とは直接関わりのなく、その期だけ発生した特別な損失を指します。

例:火災や自然災害などによる損失

読むときのポイント

これも特別利益と同じで、株価に、多大な影響はないです。
多大な影響がないということを抑えておきましょう。

⑪税引前当期純利益

税引前当期純利益とは?

利益もいよいよ終わりに近づいています。
これは、最終的な利益の一歩手前で、税金によって引かれる前の利益です。
経常利益から特別損益を引いた値です。

計算式:税引前当期純利益 = 経常利益 -(特別利益-特別損失)

それでは、最後にこの税引前当期純利益から引かれる税金について見ていきましょう。引かれる税金は主にこの2つです。

・法人税等
 ー法人税
 ー法人住民税
 ー法人事業税 
・法人税等調整額

⑫法人税等

法人税等とは?

法人税等とは、会社の利益に対して課税される3つの税(法人税、法人住民税、法人事業税)を指します。

3つの税について解説します。

法人税とは?

法人税は、法人である会社の「所得」に課税される税金です。法人税は、政府の政策によって変動する可能性があるので注意が必要です。

法人住民税とは?

法人住民税は、法人は自治体の公的サービスを受けている理由から、法人の事業所がある地方自治体に課税し納付する義務がある税金です。

これは、他の2つ(法人税と法人事業税)とは異なり、法人の所在を対象としているので(他の2つは法人の所得を対象)赤字でも納付の義務があります。

法人事業税とは?

これは、法人住民税と同じで地方自治体に納付する税金です。ただ、先ほどもあげたとおり、法人の所得に対して税金がかかるので、所得が0、もしくは赤字なら納付する義務はないです。

⑬法人税等調整額

法人税等調整額とは?

上の法人税等は、企業会計です。しかし、実際はその算出が誤っていたといったケースがあります。その差を調整した額が、この法人税等調整額です。

⑭当期純利益

当期純利益とは?

企業の最終的な利益です。売上高からスタートし、ここがゴールです。

このように売上高から、様々な利益や費用の計算を得て、最終的に算出される利益を当期純利益といいます。

読むときのポイント

当期純利益は最終利益なので、前期と比較して上がったか下がったかを知る事は重要です。

ただ、当期純利益はここまで解説したとおり、様々な「収益」と「費用」で算出されています。なので、それぞれの項目をみて分析してみるのもおすすめです。それぞれの項目にも重要度があります。

例えば、「販管費及び一般管理費」と「特別損失」は同じ費用ですが、重要度が異なります。なぜなら前者は本業に関する費用だから重視する必要があるのです。

このように、当期純利益の結果だけを見るのではなく、ここから細かな項目をみていくという読み方をすることをおすすめします。

損益計算書の分析方法

ここまでは、各項目の読み方を説明しました。ここからは、その各項目使った分析方法を紹介します。

財務諸表を用いた分析は「収益性分析」「安全性分析」「効率性分析」に大別できます。損益計算書は、収益性分析と効率性分析に向いており、ここでは代表的な2つの指標を紹介します。

自己資本利益率

概要

自己資本比率とは、資産のうち自己資本(純資産)がどれだけ占めているかの割合です。自己資本は負債と違って、返さなくて良いので、この割合が多ければ安心と言えます。

自己資本比率は以下のように算出します。

計算式
自己資本比率=自己資本÷総資本(自己資本+他人資本)×100
※自己資本=純資産

自己資本比率の基準についてですが、財務省が出しているデータによると(平成26年度)、平均は38.9%です。以下に、各%ごとの評価を載せておきます。

自己資本比率の判断基準

〜10%:非常に危険
10〜20%:危険
20〜40%:一般的
40%〜50%:安心
50%〜:非常に安心

総資本回転率

概要

総資本回転率とは、ある期間に資本が何回売上高になったかを示します。これはつまり、持っている資産をどれだけ効率よく運用しているか?を示しており、この数値は少ないほうが良いです。その理由は、少ない期間で効率よく総資産を回しているからです。

計算式
総資本回転率(回)=売上高÷総資本

りな先生(ワンポイント)

りな先生

以上が損益計算書で用いる主な指標よ

まとめ

損益計算書とその読み方

  • 「収益」「損益」「利益」の分類を抑える。

  • 項目によって重要度がある。

  • 利益という結果だけでなく、それを算出した要素(収益と損益)も見る。

参考になる指標

  • 自己資本比率

  • 総総資本回転率

次は「キャッシュフロー計算書の読み方の解説」です。キャッシュフロー計算書は会社の倒産に関わる現金(キャッシュ)の動きが分かる重要な財務諸表ですので、次の記事でマスターしていきましょう。