信頼度:
難易度:

この記事を読んで分かること

  • PBRの概要

  • PBRの使い方、注意点

  • PERとPBRの違い

PBRとは

PBRとは株価の割安度を測る指標として投資家の間で使われている基本的な知識の一つです。日本語訳は株価純資産倍率となります。

PBRは次のように計算されます。

※1株あたりの純資産(BPS):企業が解散したときに株主が受け取ることのできる金額

PBRはPERと同様にYahoo!ファイナンスに掲載されているので、計算式を暗記するようなことはしなくて大丈夫です。

今回は、理解のために具体例を使って実際に計算してみましょう。

PBRを求めてみよう

株価=1万円、発行株数=100株
純資産=125万円のとき

PBR=1万円÷(125万円÷100株)=0.8

PBRにはPERという似た指標があり、混同してしまう方もいますが、違いについてもまとめているので安心してください!

また、「そもそもPERってなに?」という方向けにPERについてまとめて置いたので、気になる方は読んでみてください。

PBRの目安

それではPBRを使って株価の割安さを判断する目安についてお話します。

PBRで株価の割安を判断する目安は1です。

PBRの計算式の中に出てくる1株あたりの純資産とは、企業が解散したときに株主が受け取ることのできる金額でした。株価は株主が保有する株の価値です。つまり、1株当たりの純資産と株価は株主の持つ銘柄を2つの視点から評価した値なのです。

PBRが1を切っていると、その銘は1株あたりの純資産上ではもっと価値があるのに株価としてみると割安になっているといえます。

以上のことから、PBRの目安は1となるのです。

PBRの目安[まとめ]

  • PBRが1を下回っていれば割安

「PBRが1を超えていたら割高なんじゃないの?」と疑問に思われた方もいらっしゃるかと思います。実は、このPBRは1を下回っている場合にしか判断材料にしないのです。その理由についてまとめておいたので、気になる方は以下を読んでみてください。

PBRが1を超えていても割高でないのはなぜ?

PBRが1を超えているというのは、株価が1株あたりの純資産を上回っていることを意味します。

これは、市場が企業の将来的な売上や利益の伸びといった成長を評価した結果、株価が上昇していることから、PBRが1以上という状態が生じているのです。

PBRは「利益から株価の割安を計測するもの」ではなく、あくまでも「純資産から株価の割安を計測するもの」です。

つまり、将来的に多くの利益を生むことから、株価が上昇している場合、PBRでは割高とも割安とも判断はできません。

PBRはあくまでも株価と純資産から割安度を捉えるための指標として考えるようにしましょう!

PBRを使った間違った投資方法

先ほどもお伝えしましたが、PBRは割安度を捉えるための指標です。ただ、ここで注意点があります。

「PBRが1より小さい」という理由だけでその銘柄を買うのは間違ったPBRの使い方です。

PBRが1を割ることは株価が下がっていることを意味します。含み損や業績の悪化といったことが発生しているからこそ、株価の低下につながっていることが考えられるのです。

そういった企業は赤字が続くことで、純資産が減少していきます。最悪の場合だと、倒産の可能性さえあるのです。

ここで具体例を見てみましょう。

順位 企業名 実質PBR
1位 栃木銀 0.13
2位 山梨銀 0.15
2位 高知銀 0.15
4位 愛知銀 0.17
5位 東京きらぼし 0.18
6位 大光銀 0.19
6位 大東銀 0.19
出典:日本経済新聞

PBRの低い企業の多くは地方銀行が占めていることが一目でわかるかと思います。

地方銀行は厳しい経営環境であり、業績が落ち続けている企業が多いということを知っている方も多いのではないでしょうか。

地方銀行の多くは、長期化する日本銀行の金融緩和政策の下、地方銀行の本業利益が大きく減少している上に、今後も明るい兆しは見えていません。

金融緩和は簡単に説明すると、中央銀行が金利を低くして企業がお金を借りやすくする施策です。

金融緩和を地方銀行の立場で考えると、金利が低くなりお金を貸した企業からの利益が少なくなり、苦しい状況になります。

日本はこれまで幾度となく大きな金融緩和をしてきたため、地方銀行の経営がその影響に耐えられなくなってきているのです。

このようにPBRの低い地方銀行はかなり厳しい経営環境下にあり、資本提携や連携をしないと存続が危ぶまれるということなのです。

以上の内容からお分かりいただけると思いますが、PBRはただ低ければ低いほど良いというわけではありません。では、今度は正しい投資方法について紹介していきます。

PBRを使った正しい投資方法

まず、前提としてPBRが1を下回っている割安株であることを頭の片隅に置いておきましょう。大切なのは、その企業の株がただ単に割安になっているかどうかなのです。判断基準を2つ用意したので、いまから説明していきますね。

①大きな減収減益もなく、毎期黒字を計上している

黒字経営ができている企業は、黒字経営によって生じた利益の一部をその企業の内部にとどめておくといったことをします。そのため、その企業の純資産も増加することから、1株あたりの純資産も高くなっていきます。以上の理由から、PBRが低くなっていると考えられるのです。

黒字経営をすることのできている企業は、その企業価値もどんどん上昇していきます。その結果、将来的にはさらなる株価の上昇が見込まれます。

企業が黒字経営をできているか知るためには、損益計算書というものを読む必要があります。損益計算書の読み方に関してまとめておいたので、気になる方は読んでみてください。

②借金が少ない

先ほどの間違った投資方法のところで、倒産の可能性についてお話ししてきました。まさにその話と被ってきますので、簡単に説明しておきますね。借金が少ないと倒産のリスクがかなり抑えられます。そのため、企業の安定性が高く単に株価が割安になっていると考えられるのです。

借金はどのくらいなのかを知るためには、貸借対照表というものを読む必要があります。貸借対照表の読み方に関してまとめておいたので、気になる方は読んでみてください。

PERとPBRの違い

PERとPBRはどちらも株価の適正度合いを判断する指標ですが、違いが存在します。

PERは当期の純利益を基準に計算するため、今年一年間の企業の成績が強く反映されます。つまり、当該企業の最近の調子を表しているのです。

PBRは企業の純資産を基準に計算するため、これまで当該企業が積み上げてきた資産が強く反映されます。つまり、当該企業の現在までの価値を表しているのです。

まとめるとPERは短期的な、PBRは長期的な視点で株価が割安か否かを表してくれる指標ということです。

PERやPBRを活用するのにおすすめの証券会社は?

「PERやPBRを活用してファンダメンタルズ分析をしよう!」という方にはマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券で口座を開設すれば、過去10年以上の企業の業績をグラフで一目で見ることのできる「銘柄スカウター」というものを無料で使用できます。

実際にマネックス証券を利用している方も絶賛されていますね。かなりおすすめなので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

割安株の条件

  • PBRが1を下回っている

  • 毎期黒字経営ができている

  • 負債が少ない

成長株の条件

  • 成長株を見つけるうえでPBRは必要ない

次は「ROEとROAとは?違いや使い方、目安を理解しよう|株式投資」です。ROEやROAは企業の収益力を表した指標であり、投資家が企業分析の際に重要視するファンダメンタルズ指標です。