NISAとは2014年より始まった「少額投資非課税制度」の略です。

投資家の支援のために作られた制度で、NISA口座で取引すると年間120万円以下の投資までなら利益にかかる20%の税金を非課税にでき、手取りを大幅に増やすことができます!

この記事ではNISAを初めて使う方向けに、NISAの基本や、どれくらいお得になるのかなど、わかりやすく説明していきます。

NISAの4つの特徴

ゆうた(デフォルト)

ゆうた

そもそもNISAについて今ひとつ知識がなくて・・・あったらやろうかなと思うんですけど。

まずは「NISAの知識に不安がある。」という方向けに、NISAの基本的な内容から見ていきましょう。

専用の口座、「NISA口座」を運用していく中で税制上の恩恵を受けられるのですが、最初は以下の4つを覚えていただければ十分です。

NISAの覚えておくべき4つのポイント!

  1. 上場株式、投資信託、ETFの利益が、年間120万円まで非課税に
  2. 非課税期間は原則5年間
  3. NISA口座は1人1口座
  4. 口座を開設できるのは20歳以上の方のみ。

1.上場株式、投資信託、ETFの利益が、年間120万円まで非課税に

冒頭でも説明しましたが、NISAを使うことで年間で最大120万円まで利益が非課税になります。
よく勘違いされがちですが、この120万円というのは利益ではなく、投資額を表しています。
つまり、120万円からいくら利益が出ても、万が一億単位の利益が出ても一切税がかかりません。

また1年間の間なら1回で120万円の銘柄を購入しても、10万円を12回に分けて購入しても自由。

同じ銘柄の商品でも違う銘柄に変えても120万円以内ならどのようなプランでも自由です。

なお、使える金融商品は非常に幅広いです。
上場株式で利益を狙うも良し、投資信託でコツコツ貯蓄するのも良しで、自分のスタイルに合った運用が可能です。(※ただし、後述する非課税枠の問題で投資信託が最も相性がいいとは言われてます。)

2,非課税枠は原則5年間

これらの非課税期間は原則年間です。

また、年間120万円の非課税枠は毎年使えます。
つまり、120×5=600万円分の投資に対して一切非課税になります。

3.NISA口座は一人一口座

NISA口座は原則として一人一口座しか持てません。

そのため複数の証券会社にNISA口座を作ることは不可能で、一つの証券会社に絞る必要があります。

後から変更できなくもありませんが、金融機関に書類を提出することや、税務署の審査を通すことが必要となってくるため、なかなか面倒です。

そのため、どこの証券会社で開設するかはよく考えて選ぶ必要があるでしょう。

4.口座を開設できるのは20歳以上の方のみ

NISA口座の開設は原則20歳以上の方しか不可能です。

では、成人されていない方は不可能なのかというとそういうわけではなく、未成年の方向けのNISA「ジュニアNISA」が別に用意されています。
こちらは一般NISAと比べると以下のような違いがあります。

ジュニアNISAと通常NISAの比較
ジュニアNISA NISA
80万円/年 非課税投資枠 120万円/年
5年間(※ただし購入後20歳になるまで) 非課税期間 5年間

ジュニアNISAのコンセプトは「子供の将来に向けた資産運用」です。

お子様に貯蓄の勉強をさせるのはもちろん、親権者の代理運用もできるため親として子供の為に貯蓄してあげることもでき、お子様がいらっしゃる方には非常におすすめの制度です。

目次へ戻る

NISAの注意点

りな先生(ワンポイント)

りな先生

NISAを運用する上でいくつか注意点があるから確認しておいてね!

非課税枠は繰り越せない

非課税枠を120万円分使うことができず余っても、次の年に繰り越すような事はできません。

たとえば120万円中100万円分しか使うことができなかったからと行って、次の年の非課税枠が140万円、ということにはならないということです。

いくら余っても、次の年は120万円スタートです。

そのため、最大限に使おうと思えば毎年非課税枠を使い切るプランを練る必要があります。

そこで1万円単位から投資できる「投資信託」ならば、余った際にも投資額を合わせやすく、非常に便利です。

課税口座からNISA口座への移動はできない

一般口座や特定口座など課税口座に預けた株式をNISA口座に移す事はできないので、注意が必要です。

ただ、逆にNISA口座の株式を課税口座に移すことは可能です。
むしろ、NISA口座の非課税期間が終了する際は、課税口座に移管する必要があります。

この際、移管時の時価が取得額になり、購入時価格が120万円以内ならその額がいくらでも一切課税されません。

ただ、移管後に値上がりした分は課税されるため、移管後はできるだけ早く売却するようにしましょう。

信用取引ができない

NISA口座では信用取引はできません。

信用取引とは?

現金や株式を担保として預けることで、証券会社から資金や株式を借りて行う取引のこと。借りられる額は担保の評価額の最大約3.3倍まで。
自分の所持資産より多額を積み込むことで通常の取引より多くのリターンを見込めるため、愛用するトレーダーは多い。

NISAは「より多くの人に投資をしてもらう。」という理念のもと作成された制度です。

既に投資をする余裕のある人向けの形式である信用取引は対象外となっています。

また、NISA口座の株式を担保にすることも不可能です、

目次へ戻る

実際NISAでいくら儲かるの?

投資信託のリターン率はおおよそ5〜10%です。5年間600万円投資したとして、多めに見積もって10%、60万円のリターンと考えられます。

通常口座とNISA口座の比較

通常口座ならば、このうち20%が課税されるため12万円の損失になります。

この課税は法律で決められた義務なので通常なら払うしかありません。
ここで、NISA口座で取引すればこの12万円が全免除され、5年間運用することで本来失われるはずだった6〜12万円が確実に手元に残る計算になります。

しかし、5年間と長期的な利益を見込んだプランになるため、「一気に大儲けする!」というよりは「将来のために貯蓄したいし、運用利益稼げたらいいなぁ。」という目的の方こそ、最大限に効果が出せる仕組みです。

言い換えれば長期的な貯蓄手段としては、〜5%もの高リターンを見込める優秀なプランと言えます。

また、そもそもの投資額が最大1年間120万円と少なめなこともあり、少額でも問題なく始められます。

少額から始められて、税金も全くかからないので、NISAは投資入門者の第一歩としてうってつけだと言えるでしょう。

目次へ戻る

まとめ

りな先生(笑顔)

りな先生

最後に今回の内容をまとめるわね!

まとめ

  1. 上場株式、投資信託、ETFの利益が、年間120万円まで非課税に
  2. 非課税期間は原則5年間
  3. NISA口座は一人一口座まで。
  4. NISAは20際以上しか使えないが、未成年向けのジュニアNISAが用意されている。
  5. 非課税枠は繰り越せない
  6. 課税口座からNISAには繰り越せない
  7. NISAでは信用取引ができない
  8. NISAは12万円得をする、長期投資向けのプラン