この記事では投資を含めたお金全般に関係した「お金に関する本」で、絶対に読んで欲しい2冊をご紹介します!!

普通は「おすすめ本10冊」とかが一般的だと思いますが、ここでは少ないですが絶対に読んでほしいので、おすすめ2冊だけご紹介いたします!!

1. 金持ち父さん貧乏父さん

  • 雑誌名:金持ち父さん貧乏父さん
  • 価格:1,680円(税込み)
  • 発売日:2000年11月
  • 著者名:ロバート・キヨサキ
  • オススメ度:10点中/10点
  • 読みやすさ:10点中/8点

読む前に今までの思考回路を変える準備をしてください。にーちゃんがもっとも感銘を受けた本です。

非常に多くの人の支持を集めている本ですが、この本は特に日本人の常識を打ち破ってくれます。

お金に対する考え方をいい方向に変えてくれる、非常に良書だと思います。

学校では絶対に教えてくれない、でも、生きていく上で、すごく重要な、お金の勉強をすることができます。

なぜこんな重要なことをもっと早く知れなかったんだろう、なぜ学校で教えてくれないんだろうと思いましたが、この本を読むと、学校は労働者を育成するようにできていて、お金持ちを育成するようにはできていない

ということに気づいてしまいます。

つまり今の日本では(アメリカでもそうですが)、お金持ちになるためには、自分で勉強するしかないのです。

そうしなければ、相当な幸運が訪れない限り、一生労働者で終わってしまう可能性が高いです。

ぜひみなさんにも少しでも早く読んでほしいと思います。

早い時期に読むことが重要なのは、この本に書かれている事は、それ以降の人生全てに役立ってくると思うからです。

2. ユダヤ人大富豪の教え

  • 雑誌名:ユダヤ人大富豪の教え
  • 価格:1,540円(税込み)
  • 発売日:2003年6月
  • 著者名:本田健
  • オススメ度:10点中/9点
  • 読みやすさ:10点中/6点

大成功を収めたユダヤ人大富豪の成功の秘訣です。

ユダヤ人大富豪のゲラー氏に弟子入りした著者が、授かった成功哲学を披露しています。

「金持ち父さん貧乏父さん」と並んでお金に関する本として有名な一冊ですが、成功者の本を読んでいると、必ず、成功者には共通点があることを感じます。

より多くの成功者の本を読み、その共通点を真似ることからはじめるのは、非常に有効なやり方で、実際にその人は成功しているので理にかなっています。

こういった真似をするお手本として、この本は良書だと思います。

言葉では「良書」としか言えませんが、一度読んで見ると、この本のよさがわかると思います。

また、以下ではそうした良書を見つける方法を紹介してますので、気になる方は是非読んでみてくださいね。