今回から『株の始め方(全8回)』を通して、株式投資についてじっくり勉強していきましょう。

第1回目は「株とは何か?」について学んでいきます。

株とは?

株は会社がお金を集める手段!!

株は、会社が事業に必要な資金を集める為に、発行する証明書の事です。

正式には株式と言います。

会社が事業を行うにはたくさんの資金が必要になります。その時に必要となる資金を集める手段として、会社は株を発行して投資家から資金を集めます。

投資家はその会社の株を保有する事で、正式にその会社の株主となります。

りな先生(デフォルト)

りな先生

具体例を出して説明するわね!

具体例
A社が新しく自動運転車を1000台製造する事にしました。
しかし、新しく自動運転車を1000台製造するには、材料の調達や設備投資、優秀な人材の確保などたくさんの資金が必要になります。

そこで資金を集める為に、A社は投資家から資金を募ります。
実際にお金を投資してくれた投資家には「あなたはお金を出しましたよ!!」という証明書として、A社が投資家に対して株式を渡し、投資家は正式にその会社の株主になります。

このように、会社に投資してくれた人に渡す証明書を株(株式)、株と引き換えに特定の会社に投資する事を株式投資といいます。

ゆうた(悩む)

ゆうた

株の意味は分かったけど、どうして投資家は自分のお金を会社に渡すんだ?これだとお金を出すだけで投資家は損してるんじゃないのか?


りな先生(ワンポイント)

りな先生

実は、株主になると色々と良い事があるのよ!

株主の3つの嬉しいポイント!

  1. 株主=その会社のオーナー!
  2. 会社が成長すれば株価が上がる!
  3. 株主優待や配当金がもらえる!

①株主=その会社のオーナー

株を保有しているという事は、その会社のオーナーになるという事です。

なので、株主になると株式会社の最高意思決定機関である株主総会に参加して、取締役などの役員を選んだり、会社の経営方針に関する決議にも参加できるようになります。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

基本的に株主は会社のオーナー、経営は株主総会で選ばれた経営者が行うのが一般的よ!

②会社が成長すれば株価が上がる!

皆さんがよく目にする「株価」は、その会社の株を買いたい人と売りたい人の需要と供給で決まります。

成長している会社の株は誰もが欲しがります。

その株を買いたい人が多ければ、株価はドンドン上がっていきます。
逆に、その株を売りたい人が多ければ、株価は下がっていきます。

投資家の多くは、この株価の変動を利用して儲けるのですが、株で儲ける仕組みについては『株で儲ける方法とは?(第2回)』で詳しく紹介しますね。

実際テレビなどで、「タレントの〇〇さんが株式投資で30万円を数千万に!」と紹介されているのは、この株価の変動を利用して儲けたという事です。

かおる(デフォルト)

かおる

株で利益を出すには、これから株価が上がりそうな(=成長してる)会社の株を買う必要があるって事ですね。

③株主優待や配当がもらえる!

特定の会社の株を購入して株主になると、その会社の商品やサービス・割引券などが送られてきます、これが「株主優待」です。

株主優待の種類は色々あり、株主優待目当てで株を始めるという人も大勢います。

ここで面白い株主優待をいくつか紹介します。

事例①:オリエンタルランドの株を持つと、東京ディズニーランドの1日パスポートが貰える。
事例②:マクドナルドやスカイラークなどの飲食店はタダでご飯が食べれるチケットをもらえる。
事例③:大手芸能事務所アミューズの株主優待は、アミューズ主催の音楽フェスへの抽選ご招待
事例④:おもちゃメーカータカラトミーの2018年の株主優待は、一般販売してない限定の「トミカ」「リカちゃん人形」

また、株主優待と同様に全ての会社が行っている訳ではありませんが、会社によっては、事業で出た利益を株主に分配する「配当」という制度もあります。

中には、配当利回りが年3%の会社もあります。これはその会社に100万円投資をすれば、毎年3万円が配当金としてもらえるという事になります。

かおる(笑顔)

かおる

なるほど!こういうメリットがあるから投資家は株に投資するんですね!

ゆうた(笑顔)

ゆうた

株主優待と配当は最高だなぁ~~~

りな先生(ワンポイント)

りな先生

配当金や株主優待は全ての会社が行っている訳はないから、事前にきちんと確認する必要があるわよ!

株についてもっと知りたい

ここでは、これから株を始める株初心者が気になるであろう3つの疑問に答えていきます。

気になる3つの質問

  1. 株を始めるのに必要な資金はいくら?
  2. 株を始めるのに知識はどれくらい必要?
  3. 株で借金はしますか?

①株を始めるのに必要な資金はいくら?

1万円以下でも株を始めることはできます。

基本的に株は、[株価]×[単元株数(100株)]です。

例えば、有名なトヨタ自動車の株価が6,500円の場合、

[6,500円(株価)]×[100株(単元株数)]=65万円

となり、トヨタ自動車に投資するには、65万円の資金が必要になります。

しかし、実はこの単元株数に関係なく、10株や1株から企業に投資できる「ミニ株・単元未満株」という制度があります。

これなら、「トヨタ自動車の株を買いたいけど65万円もない」という人でも、1株6,500円からトヨタ自動車に投資をする事ができます。

また、ミニ株や単元未満株でなくても、株価が数百円台の銘柄も多く、そうした銘柄には10万円以下で投資をする事ができます。

ゆうた(デフォルト)

ゆうた

株っていうと、100万円ぐらい必要なイメージだったけど少額から始めれるんだなぁ。

②株を始めるのにどれくらい知識が必要?

基礎的な知識やルールを知っていれば、誰でも株を始めることができます。

基礎的な株の知識に関しては、この『株の始め方(全8回)』を通して紹介していきますので、そちらを参考にして頂ければと思います。

そして、基礎的な株の知識が身についたら実際に投資をしてみる事をオススメします。

実際、どれだけ株の勉強に時間をさいても実際にやらなければ意味がありません。

例えるなら、「将棋のプロになりたい!」と言っているのに、ずっと家で将棋のルールや詰将棋の練習を勉強しているようなものです。

例え、どれだけ将棋のルールや勝ちパターンを勉強しても、実際の将棋の試合で教科書どおりに上手くいく事は稀です。

株もこれと同じで、どれだけ株の知識を頭に詰め込んで、テクニカル分析を100個以上覚えたとしても、株価は教科書通りには動きません。

昔は、株はたくさんの資金が必要で失敗した場合のリスクが大きかったですが、今では、先程紹介したような、ミニ株や単元未満株などもあり1万円以下の少額から、誰でも気軽に始めれるようになりました。

なので、株を始めて失敗するのが怖いという人は、最初は少額から始めて少しずつ資金を増やしてくという方法で投資をスタートしてみましょう。

かおる(疑う)

かおる

でも、私はしっかり勉強してから投資を始めたいかなぁ。。。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

そうね。もちろん、全く勉強せずに準備不足で投資を始めても失敗するだけだから、しっかり勉強して自信がついてから始めるというのも1つの手ね!

③株で借金はしますか?

株では基本的に株価が下がっても借金をする事はありません。

なぜなら、株価はマイナスにならないからです。

先程のトヨタ自動車の例で説明しましょう。

もし、あなたがトヨタ自動車の株を[6,500円(株価)]×[100株(単元株数)]=65万円で購入した場合。

この株価6,500円がマイナスになる事はありません。マックスで下がった状態は、その投資してる会社が倒産した場合です。

この場合でも、投資した株価6,500円が0円になるだけで、投資した資金以上の損失は生まれません

また、東証1部上場企業などは、今の日本経済を支えているエリート会社なので、そうそう倒産する事はありません。

では、なぜ「株は借金する」と言われるのでしょうか?

これはおそらく、信用取引の影響だと思われます。

信用取引とは、証券会社に預けた保証金の約3.3倍までの金額の取引ができる制度の事です。

この場合、手持ちが100万円しかなくても、300万円分の株を購入する事ができます。仮に、この株が300万円から50%下落して150万円になった場合、手持ちの100万円を超えた50万円分は負債を抱える事になります。

なので、信用取引では借金を背負う可能性があります

しかし、基本的に皆さんが株を始めた場合は、通常の現物取引になります。

現物取引では手持ちの資金以上の株を購入する事はできませんので、当たり前ですが借金する事はありません

信用取引を行うには、通常の口座とは別に信用取引口座を開設する必要がありますので、誤って信用取引口座を開設してしまうという事もありません。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

信用取引では「売りから入って、買いで利益確定」できる「空売り」ができるから、株に慣れてきたら挑戦してみてもいいかもね!

まとめ

株とは、会社が事業に必要な資金を集める為に発行する証明書です。

投資家はお金を投資する代わりに、株をもらいます。

株主になると、会社のオーナーとして株主総会に参加できたり、株主優待や配当金がもらえます。

また会社が成長すると株価が上がります。ほとんどの投資家はこの株価の変動を利用して利益を上げます。

この株価の変動を含めた、株でどうやって儲けるの?という所を、次回の『株で儲ける方法とは?(第2回)』で勉強していきましょう。

りな先生(デフォルト)

りな先生

第4回の『株の買い方!株ってどこで購入するの?』までで、実際に株をスタートできるようになるから、一緒に頑張りましょうね!




CHAPTER2

株で儲ける3つの仕組み!利益の種類をご紹介