ゆうた(悩む)

ゆうた

カブドットコムの手数料は高いって聞いたんですけど本当なんですか?

この記事を見ている方の多くが、「カブドットコム証券の手数料は高い」と考えているかもしれません。

実際にカブドットコム証券の基本料金はSBI証券や楽天証券よりも、高く設定されています。

しかし、最初に言っておきますが、カブドットコム証券では手数料割引が豊富
50万円以下の取引では、ほとんどの方が業界最安値の手数料で取引することができます。

この記事では、そのカブドットコム証券の手数料について、他の証券会社との比較を交えて紹介していきます。

カブドットコムの現物手数料

カブドットコム証券の現物手数料は、1約定につき1料金になっています。
簡単に説明すると、1回の取引ごとに手数料が発生するという仕組みです。

他の証券会社の中には、1日の取引額の合計で手数料を決定する、1日定額プランを設けていることもありますが、カブドットコム証券では1日定額プランは用意されていません。

基本手数料

証券会社 10万円以下 20万円以下 50万円以下 100万円以下
カブドットコム証券 90円 180円 250円 990円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円
松井証券 無料 300円 500円 1000円

最初に紹介したように、カブドットコム証券の基本手数料はSBI証券や楽天証券に比べて高めに設定されています。
特に50万円を超える取引では、かなり高くなっています。
しかし、基本料金でも50万円以下の手数料では業界最安値を誇っています。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

ここからは手数料割引を見ていくわよ!

手数料割引サービス

カブドットコム証券では、「シニア割」「女子割」「NISA割」「auで株式割」「株主推進割」「株主優待割」の6つの割引があります。
さらに、この割引は全て併用ができます

りな先生(デフォルト)

りな先生

ここからそれぞれの割引の詳細を確認していくわよ!

シニア割

シニア割とは満50歳以上の全てのユーザーを対象にしたサービスです。
満50歳以上満60歳未満で2%、満60歳以上で4%現物株式の売買手数料が割引されます。

シニア割(4%)の場合 50万円以下の手数料250円から10円割引され、240円になります。

女子割

女子割とは全ての女性を対象にしたサービスで現物株式の売買手数料が1%割引されます。

女子割(1%)の場合 50万円以下の手数料250円から3円割引され、247円になります。

NISA割

MISA割とはカブドットコム証券でNISA口座を開設している場合に現物株式の売買手数料が最大で5%割引されるサービスです。
NISA口座を開設して1年目は1%2年目は2%と1%ずつ加算されていき、5年目以降は5%になります。

NISA割(5%)の場合 50万円以下の手数料250円から13円割引され、237円になります。

auで株式割

auで株式割とは全てのauユーザを対象としたサービスです。現物株式の売買取引が1%割引されます。
カブドットコム会員サイトにてauIDを登録すれば、auの端末以外のpcなどのデバイスをお使いの際も割引が適用されます。

auで株式割(1%)の場合 50万円以下の手数料250円から3円割引され、247円になります。

株主推進割

株主推進割は、カブドットコム証券が対象とした、銘柄の株式を取引きする場合、手数料が最大で50%割引されるサービスです。
割引対象銘柄と割引率は以下の通りです。

株主推進割引銘柄 割引率
カブドットコム証券(8703) 50%
三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 10%
中京銀行(8530) 10%
ジャックス(8584) 10%
池田泉州HD(8714) 10%
KDDI(9433) 10%

人気銘柄のKDDIの株式を購入する場合(10%割引) 50万円以下の手数料250円から25円割引され、225円になります。

株主優待割

カブドットコム証券の株式の保有数と保有期間に応じて、手数料が最大で15%割引されます。
割引率の詳細についてはこちらをご覧下さい←←←

株主優待割(15%)の場合 50万円以下の手数料250円から38円割引され、212円になります。

手数料割引の併用例

カブドットコム証券の手数料割引の併用例です。

カブドットコム証券の手数料割引は適応条件がシンプルでいくつでも併用できるので、多くの方が高い利率の手数料割引を受けることができます。

ゆうた(笑顔)

ゆうた

すごい割引率ですね!!

りな先生(笑顔)

りな先生

そうね!次は割引後の手数料を見ていくわよ!

サービス適応後の手数料

ここからは手数料割引サービス後の実際の手数料を2通り紹介していきます。

1つは手数料の併用による割引率の平均といえる、6.38%割引後の手数料
もう1つは、すべての手数料割引サービスに該当したときの手数料です。

平均的な割引後の手数料

証券会社 10万円以下 20万円以下 50万円以下 100万円以下
カブドットコム証券 84円 168円 234円 926円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
松井証券 無料 300円 500円 1000円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円

手数料が6.38%割引されると、50万円以下の手数料では業界最安値になります。

しかしその一方で、6.38%手数料割引が適応されても、50万円を超える取引では、SBI証券などと比べると手数料は高くなっています。

最大割引後の手数料

証券会社 10万円以下 20万円以下 50万円以下 100万円以下
カブドットコム証券 34円 68円 95円 376円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
楽天証券 90円 105円 250円 487円
松井証券 無料 300円 500円 1000円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 600円

手数料割引がすべて適応されたときの手数料は上のようになります。

10万円以下の取引については、それでも楽天証券が手数料無料で1番お得ですが、

それ以外の10万円を超える取引の手数料はダントツの最安値になります。

ゆうた(悩む)

ゆうた

さすがに、全ての手数料割引に当てはまることはないですよね、、、

りな先生(デフォルト)

りな先生

その通りよ!でも、カブコムの手数料割引のすごさは分かってくれたわよね!

カブドットコムの手数料メリット・デメリット

ここでは改めて、カブドットコム証券の手数料のメリットとデメリットを紹介していきます。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

分かりやすくまとめておくから参考にするのよ!

メリット

カブドットコム証券の手数料のメリットは以下の通りです。

カブドットコム証券の現物手数料メリットまとめ

  1. 取引額が50万円以下の場合は業界最安値。
  2. 独自の手数料割引が充実している。
  3. ダントツで手数料が安くなる可能性がある
  4. 手数料割引を受けられる人には超おすすめ

デメリット

カブドットコム証券のデメリットまとめ

  1. カブドットコム証券は50万円をこえると手数料が他社と比べて高くなる。
  2. 定額制がないため1日に何度も取引をする人には向かない。
  3. 50万円を超える取引をする場合はSBI証券がおすすめ。
  4. 定額制はSBI証券がおすすめ。
  5. 10万円以下の取引をする場合は松井証券がおすすめ。

SBI証券の手数料まとめ!少額取引でSBI証券が強い理由とは?

株式取引で出費を防ぐために真っ先に抑えるべきなのが手数料、SBI証券はアクティブプランとスタンダードプランの2つのプランがありますが、他社と比較して非常に安いで....

あわせて読みたい

【ココが凄い!!】松井証券の手数料の特長とは?

松井証券の手数料はココが凄い!! 松井証券手数料の3つのポイント 1....

あわせて読みたい

カブドットコム手数料まとめ

りな先生(笑顔)

りな先生

カブドットコムの手数料については理解できた?

ゆうた(笑顔)

ゆうた

50万円以下の取引をしようとしていたのと、手数料割引も受けられるので、カブドットコムで始めてみます!

りな先生(笑顔)

りな先生

がんばるのよ!

まとめ

  1. 50万円までの取引の場合カブドットコム証券が業界最安値。
  2. カブドットコム証券では独自サービスが充実している。
  3. サービスに多く当てはまる人は特にカブドットコム証券がおすすめ。
  4. 取引額が50万円を超える場合、定額制で取引する場合はSBI証券がおすすめ。
  5. 10万円以下の取引をする場合は松井証券がおすすめ。