かおる(デフォルト)

かおる

カブドットコム証券のNISAについて教えてください。


この記事ではカブドットコム証券のNISAついて紹介していきます。

NISAの概要やリスクについても紹介しているので、NISAについてあまり知らない方も参考にしてください。

NISAとは

NISAは、2014年に「家計の自助努力に基づく資産形成を支援・促進する」という目的で誕生した非課税制度の事です。

株取引で発生した利益や配当金には普通20.315%の税金が課されます。しかし、NISA口座で購入した金融商品から発生した配当金や値上がり値に関して、毎年120万円の投資枠の範囲で5年間税金が課せられません。

簡単に言い換えると、5年間の間NISA口座で120万円以内の投資額で得た利益には課税されないということです。

例えば、100万円の利益をあげた場合、

通常の口座では20.135%の税金が課せられるため、
20万1350円の税金を支払う必要があります。

対して、NISA口座で100万円の利益をあげた場合、

税金が課せられることはありません。

結果として、
20万1350円節税できることになります。

このお得になる額は利益が大きくなればなるほど大きくなります。

カブドットコム証券NISAのメリット

基本的に税金の課せられないNISAは、お得なものであることは間違いありません。
まだNISA口座を開設していない人、特にこれから株式投資を始める人は、
必ずNISA口座を開設するべきです。

ここからはカブドットコム証券でNISA口座を開設することのメリットを紹介していきます。

NISA口座における国内株式の取引手数料はすべて無料

カブドットコム証券では、NISA口座において国内株式(現物株式・ETF・ETN・REITなど)を取引する際の手数料が無料になります。
このサービス自体はいくつかの証券会社で同様のサービスが行われていますが、
カブドットコム証券では、通常であれば高額な手数料のかかる、電話での株式取引注文の手数料も無料になります。
これから株式投資を始めようと考えている方や、オンラインでの注文に不安のある方にはとても魅力的なサービスです。

NISA割で通常の口座における手数料が最大5%割引

カブドットコム証券でNISA口座を開設すると、通常の口座で取引をする際の手数料が最大で5%割引されます。

割引率は
NISA口座を開設して1年目は1%、2年目は2%、3年目は3%と1年ごとに割引率が上がっていき、5年目で最大の5%割引となります。

カブドットコム証券は50万以下の手数料ではSBI証券等と並び、大手ネット証券最安値となっています。それに加えてNISA割をはじめとした、様々な独自の手数料割引も充実しており、50万円以下の現物取引手数料については、実質大手証券会社で最安値となっています。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

詳しくは下の記事を見てくださいね!


5%割引は当たり前!!カブドットコムの驚異の手数料割引!!

カブドットコム証券の現物手数料(一取引毎の手数料) 現物手数料比較表(一取引毎の手数料) 証券会社 10....

NISA口座でプチ株の取引ができる

カブドットコム証券のNISAではプチ株の取引きが可能です。

プチ株とは

プチ株とは通常100株や1000株を最低取引単位としている株式が1株単位から取引できるというものです。
このプチ株を使えば、最低取引単位まで買うと高額になってしまうような株式の取引が可能になります。

カブドットコム証券NISAまとめ

ここでカブドットコム証券のNISAのメリットを簡単にまとめておきます。

カブドットコム証券のNISAまとめ

  1. NISA口座では取引手数料が無料
  2. 電話での注文でも取引手数料は無料
  3. NISA割で通常の口座の手数料が最大5%割引
  4. プチ株がNISA口座でも取引可能

NISAのリスク

一般的にはリスクがないと思われているNISAですが、リスクはあります。

NISAの見落とされがちなリスクを紹介していきます。

損益通算が不可能

かおる(デフォルト)

かおる

損益通算について教えてください


損益通算とは、一定期間内に発生した利益について、損益を相殺して実際の利を決めることです。

通常の口座で投資を行う場合、発生した利益について、損益を差し引いた利益分が20.315%の課税対象となります。
しかし、NISA口座と通常の口座とを併用して利用している時に、NISA口座で発生した損益を通常の口座の利益と相殺できません。

例えば、通常の口座で100万円の利益と30万円の損益がでた場合

(100万円-30万円)×20.315%=14万2205円

の税金が課せられます。

ここで損益通算の使えないNISA口座を使っていた場合について見てみましょう。

通常の口座で100万円の利益、NISA口座で30万円の損益が出た場合

100万円×20.315=20万3150円

の税金が課せられることになります。

かおる(動揺)

かおる

5万円以上も税金を多く取られてしまうこともあるんですね、、

逆にNISA口座をうまく利用できていた場合を見てみましょう。

NISA口座で100万円の利益、通常の口座で30万円の損益が出た場合

課せられる税金は0円です。

つまり、NISA口座は
使い方次第では大きなメリットを生みますが、結果的に損失を生む場合もあります。

NISA口座と通常の口座を併用する場合は、より利益を生みやすい取引にNISA口座を使うべきです。

もちろん、どちらかしか使わない場合はNISA口座を使うべきです。

損益繰越ができない

損益繰越とは、金融商品の売買にで損失が発生した際に、その損失を3年間繰り越し、その3年間で発生した利益と相殺する制度です。

例えば、2025年に30万円の損失を、翌2026年に30万円の損失を通常の口座で出した場合

-30万円+30万円=0円

損益と利益が相殺されることで、税金が課せられません。

しかし、2025年にNISA口座で30万円の損失を、翌2026年に30万円の利益を通常の口座で出した場合、

NISA口座は損益繰越ができないので、
30万円×20.315=6万945円

の税金が課せられます。

この損益繰越の面でも言えることは、NISA口座と通常の口座を併用する場合は、
より損失の出にくい取引にNISA口座を使うべき。

NISA口座だけの取引の(1年に120万円までしか投資をしない)場合は、
NISA口座を迷わず使うべき。

ということです。