第2回目は「株で儲ける3つの仕組み」について学んでいきましょう。

株には大きく3つの儲ける仕組みがありますの。今回は、その株で儲ける3つの仕組みの紹介に加えて、それぞれに合った取引スタイルも紹介していきます。

また、「そもそも株って何?」という人は、「株とは?(第一回)」を参考にしてください。

株で儲ける3つの仕組み

株で儲かる3つの仕組み

株で利益を上げて儲ける方法は3つあります。

それは、

・値上がり益(売却益)
・配当金
・株主優待

の3つです。

実はこの3つの方法は、さらに「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つに分ける事ができます。

ゆうた(悩む)

ゆうた

キャピタルゲイン?インカムゲイン??なんか難しい言葉が出てきたな。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

1つずつ簡単に説明していくから安心して!

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは、保有している資産を売却することで得られる利益の事です。安い時に家を買って高くなった売る。これもキャピタルゲインの一例です。

株の場合、株価の変動を利用して儲ける値上がり益(売却益)がキャピタルゲインに該当します。

株価が変動する理由とは

株価とは、1株当たりの株式の価格のことです。

この株価は、その株を買いたい人と売りたい人の需要と供給のバランスによって決まります。つまり、買いたい人が増えれば株価は上がり、逆に売りたい人が増えれば株価は下がるということです。

需要(買いたい人)> 供給(売りたい人)⇒ 株価上昇
需要(買いたい人)< 供給(売りたい人)⇒ 株価下落

キャピタルゲインの大きな特徴は、大きな利益が狙えることです。持っている株式の数と株価の変動によっては、一気に数万〜数百万円もの利益を得ることができます。

例えば、株価が20,000円の銘柄を200株、合計4,000,000円分購入したとします。この銘柄の株価が30,000円に値上がりした時点で全ての株を売りに出すと、

(30,000円×200株)-4,000,000円=2,000,000円

となり、一気に200万円分の利益を稼ぐことができます。

ゆうた(興奮)

ゆうた

キャピタルゲインってすごいな!!

ただ、注意しなければいけないのが、株価は上がることもあれば下がることもあるということです。株価が値下がりした場合、購入した金額よりも安い金額でしか売れない場合もあります。

なので、投資する銘柄は事前にしっかりと選ぶ必要があります。

インカムゲインとは

インカムゲインとは、株式などの資産を保有中に得られる収益のことです。マンションを購入して家賃収入を得る場合などがインカムゲインに該当します。

株の場合「配当金」や「株主優待」がインカムゲインにあたります。

インカムゲインの特徴は、株式を持っているだけで収益が得られるという点です。

「配当金」や「株主優待」は持っている株式の数や企業の経営方針によってもらえる量に差はあるものの、株式を保有しているだけで企業から定期的にもらうことができます。

ただ、インカムゲインはキャピタルゲインと違って、大きな利益は狙えないので、少しずつ稼ぎたいという方におすすめです。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

インカムゲインは比較的低リスクだから、投資初心者にもおすすめよ!

キャピタルゲインで儲ける仕組み

株の売却益(値上がり益)で儲けるには、

・安い時に買って、高い時に売る
・高い時に売って、安い時に買う(空売り

の2つの方法があります。

ゆうた(悩む)

ゆうた

高い時に売って、安い時に買う??どういうことだ??

りな先生(ワンポイント)

りな先生

簡単に言うと、証券会社から株式を借りて売って、安くなった時に買い戻して差額で儲ける方法のことよ!

かおる(助けを求める)

かおる

買う前に売るってことですか?あんまりイメージが湧かないです、、。

りな先生(デフォルト)

りな先生

今は「空売りを使えば、株価が下がっている時でも利益を出せる」ということだけ覚えておけば大丈夫よ!

今後、みなさんが株の売却益で利益を出していこうと考えているのであれば、鉄則として、株を安く買う必要があります。

株価が安い状態の銘柄を買うことができれば、そこから大幅に値下がりすることは少ないので、損をしにくくなります。

そこで、比較的株価が低い状態にあって損をしにくい4種類の株をご紹介します。

「売却益」を狙える4種類の株

①割安株

割安株とは、企業価値が高いにも関わらず株価が低い銘柄のことです。割安株は、今後企業価値が正当に評価されて株価が上がる可能性が高いのが特徴です。

割安株を見つけ出すのは決して簡単ではありませんが、見つけることができれば大きな利益を狙うことができます。

そんな割安株を見つけるためには、ファンダメンタルズ分析と呼ばれる分析手法が有効です。

ファンダメンタルズ分析とは簡単に言うと、会社の業績や資産などを分析し、その結果を今の株価と照らし合わせて現在の株価が割安かどうかを判断したり、今後その企業が成長するかどうかを分析する手法の事です。

ゆうた(興奮)

ゆうた

こういう分析方法も勉強したいです!りな先生!

りな先生(笑顔)

りな先生

分析方法については第五回「株の情報はどこで集めるの?」で学ぶわよ!

②成長株

成長株とは、割安株とは違いたとえ株価が低い状態でなくても、今後株価の上昇が期待できるとされる有望な銘柄の事です。

つまり、成長株は売上高と利益が伸びていて、今後も伸び続けると思われるような銘柄なので、中長期的に大きな利益を狙うことができます。

成長株を見つけるためには、割安株と同様ファンダメンタルズ分析が欠かせません。

③IPO

IPOとは、未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場し投資家に株式を取得させる事をさします。

IPOは一般投資家から広く資金を調達して事業を拡大することを目的として行われます。

したがって、上場する会社や証券会社は誰も買い手が付かないという状態を一番避けたいと考えています。なので、新規IPO株は既に上場している業態が似ている会社と比べて、割安価格で売り出す事が多いという特徴があります。

実際、IPOは上場後に値上がりする銘柄が多いので、当選することができれば比較的高い確率で利益を得ることができます。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

IPOは初心者でも比較的簡単に始められて、得れるリターンも大きいからオススメよ。

④低位株

低位株(ていいかぶ)とは株価が低い銘柄の事です。

低位株の中には業績が悪いために株価が低い銘柄があるので注意が必要ですが、単に知名度がないために株価が低くなっている銘柄もあります。

そういった銘柄を掘り出す事ができれば、大きな利益を狙うことができます。

「売却益」で稼ぐためのトレードスタイル

株やFXなどの投資には、トレードスタイルというものが存在します。

それぞれのトレードスタイルによって、1日に取引する回数や取引する銘柄も変わってきたりします。

今回は、その中から4つの有名なトレードスタイルを紹介したいと思います。

①デイトレード

デイトレードとは、1日で取引を完結させるトレードスタイルの事です。

1日に数回取引を行い、その日の取引は必ずその日の内に終わらせます。

デイトレードは、1日1日、必ず取引を完結させますので資金効率が良く、少ない資産でも細かく利益を獲得する事ができます。

また、株を次の日に持ち越さないので、宵越しのリスクを背負う必要がないということもデイトレードのメリットです。

株価が気になって眠れないなんて事もないので、サラリーマンをやりながら副業で株を始めようと考えている人にはオススメのトレードスタイルです。

しかし、資金効率がいいという事は言い換えれば、負け続ければすぐに資金が無くなってしまうという事でもあります。また、取引中はずっとモニターを見ておく必要がありますので、副業トレーダーの人は、仕事終わりの夜中に取引をしたりするイメージですね。

ゆうた(悩む)

ゆうた

仕事終わりはしんどいからデイトレードは俺には合ってないかなぁ。

②スキャルピング

スキャルピングとは、デイトレードよりもさらに短期で、ほんの少しの利ざやを得るトレードスタイルの事です。

デイトレードよりも、断然1日に取引する回数が多く、1日に短い取引を何度も何度も行い小さな利益を積み重ねていきます。プロのトレーダーで大きな利益を得ている人の中には、このスキャルピングトレードを行なっている人は多いです。

スキャルピングにデメリットがあるとすれば、スキャルピングでは5分足・10分足でトレンドを見極める必要があるので、高度なテクニカル分析の能力が必要という点です。

また、短期で取引を終わらせますので、取引中は常にモニターを見ている必要があり、株初心者の人や副業で株をやりたいという人には少し難しいトレードスタイルと言えるでしょう。

りな先生(悩む)

りな先生

スキャルピングはかなり難易度が高いから初心者にはおすすめできないわね。

③スイングトレード

スイングトレードとは、数日間の短期売買で利益を狙うトレードスタイルの事です。

デイトレードは1日で取引を終わらせますが、スイングトレードは数日間株を保有するので取引時にモニターに張り付いておく必要はありません

取引時間外には、ゆっくりとテクニカル分析等で相場を分析することができるので、日中はモニターに張り付けないサラリーマンなどの副業トレーダーにオススメのトレードスタイルです。

④ポジショントレード

ポジショントレードとは、数週間から数ヶ月、長い場合には数年に渡って株を保有し続けるトレードスタイルの事です。

ポジショントレードでは、複数の銘柄に分散投資を行う事でリスクの分散ができるというメリットがあります。

また、資金が多ければその分大きな利益を中長期的に狙えるというメリットもありますし、特定の会社の株を長期間保有する事で、株主優待や配当なども獲得する事ができます。

買った銘柄を長期間保有し続けますので、日常生活で投資に避ける時間がそれほどないという方に向いてますし、長期的な資産形成の為に株を始めたいという人にもピッタリのトレードスタイルです。

かおる(疑う)

かおる

う〜ん。。。私にはどれが合ってるのかな??

りな先生(デフォルト)

りな先生

最初の内から明確にトレードスタイルを決める必要はないわよ。実際に株をやりながら自分に最適なトレードスタイルを見つけていけばいいわよ!

インカムゲインで儲ける仕組み

インカムゲインで儲ける方法としては、

・「配当金」で稼ぐ
・「株主優待」で稼ぐ

の2つの方法があります。

それぞれ、どのような取引を行うのかを確認していきましょう。

「配当金」で稼ぐ

配当とは、会社の利益の一部を株主に還元することです。

配当金で稼ぐには、より多く配当金がもらえる銘柄に投資する必要があります。それを判断する為に「配当利回り」「配当性向」「増配」の3つの指標を使います。

①配当利回り

配当利回りとは、購入した株価に対し、1年間でどれだけの配当を受けることができるかを示す数値のことです。

式で表すと、以下のようになります。

配当利回り(%)=配当(円)÷株価(円)

つまり、配当利回りが高いと、同じ株価に対してより多くの配当金がもらえるという事になります。

したがって、配当金狙いで株を始めるなら、なるべく配当利回りの高い会社の株に投資するようにしましょう。

②配当性向

配当性向とは、その期の純利益(税引後利益)の中から、配当金をどのくらい支払っているかをパーセンテージで表したものです。

式で表すと、以下のようになります。

配当性向(%)=1株当たりの配当(円)÷1株当たりの当期純利益(円)×100

つまり、配当性向を見れば、その会社が自社の利益の中からどれだけ配当金として株主に還元しているかが分かるという事です。

ゆうた(笑顔)

ゆうた

利益を多く株主に還元している企業を選べばいいってことだな!

りな先生(悩む)

りな先生

いや、配当性向に関しては注意が必要なの。

注意しなければならないのが、配当性向は高ければ良いというわけではないということです。

配当性向が高いということは、利益のほとんどを配当に回してしまっているということです。つまり、その会社の利益が次の事業の投資資金として回せる資金が少なくなってしまうという事です。

なので、単純に利益のほとんどを配当として投資家に配っているから「この会社は良い投資先だ」という訳ではないという事です。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

アメリカのアマゾンは次の成長分野に積極的に投資しているから、配当は配ってないのよ!

③増配

増配とは、業績改善や株主重視策等を理由に、配当を増やす事を指します。

増配を発表した企業は有望企業として注目され、その企業の株は買われる傾向にあります。特に、毎年増配しているような連続増配年数が長い企業の銘柄は配当狙いで買われることが多いです。

このような企業の銘柄は、業績が悪化しない限り、増配を続ける傾向があるので、長く増配している銘柄を選ぶのはオススメです。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

配当狙いでいくなら、配当に力を入れている企業が多いアメリカ株もおすすめよ!

「株主優待」で稼ぐ

株主優待とは、企業が株主に配当金とは別に品物やサービスを提供したりする制度のことです。

株主優待の内容は会社によって異なり、金券を配る会社もあれば、自社のサービスを提供したり、現物支給をしたりする会社もあります。

基本的には、あなたの欲しい優待内容がある会社の銘柄を買えばいいのです。

しかし、一つ覚えておくと良い情報として、株主優待の「優待利回り」は注目してみてもいいでしょう。

優待利回り

優待利回りとは、株主優待の取得に必要な株数を買った金額に対して、1年分の優待の価値がどれくらいあるかを表したものです。

式で表すと、以下のようになります。

優待利回り(%)=優待の価値(円)÷優待取得にかかった金額(円)

単純に、1万円投資をして獲得した株主優待の価値が1000円だったら、優待利回りは10%という事になります。

そして、この優待利回りが比較的高い株主優待が多いのが、「自社製品や自社サービス」を優待として提供している企業です。

自社製品を株主優待として提供する場合、企業にとってもその株主優待を負担するコストが少なくなる傾向にありますので、その分優待利回りが高くなるという特徴があります。

これから株主優待で稼ごうと思っている方は、この「優待利回り」を意識して銘柄選びをするようにしましょうね。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

インカムゲイン狙いでいくなら、「配当」と「株主優待」の両方を視野に入れるといいわね!

まとめ

大きな利益を狙いたい場合は「売却益」、コツコツ利益を狙うなら長期投資による「配当金」「株主優待」がオススメ!

売却益を狙える4種類のオススメの株は「割安株」「成長株」「IPO株」「低位株」。株のトレードスタイルは「デイトレード」「スキャルピング」「スイングトレード」「長期トレード」の4種類があります。

配当金狙いなら「配当利回り」「配当性向」「増配」、株主優待狙いなら「優待利回り」に注目しましょう。

第1回「株とは?」と今回の内容を踏まえて、いよいよ次回の「自分に合った株のやり方を見つけよう!!(第3回)」では、自分の投資目的や資金等に合わせて、自分に合った株のやり方を明確にしていきましょう!




CHAPTER1

株とは?初心者にも分かるように優しく解説

CHAPTER3

自分に合った株のやり方を見つけよう!!