商いは買い手がいるうちにやれ、とは、
株価が上昇し尽くすまえにうるべきだということを言った格言です。株価が上昇して、人気が出てくると、
出来高も上昇し、さらに株価が上がるように見えます。

しかし出来高が上昇するということは、
自分が売るためにはそれ以上に買う人が出てくる必要があります。

株価が上がりきってからでは、
買い手がいなくなるので、
出来高が活発なうちに売ることを心がけることが重要である、
という意味です。