売買をする当事者同士で、
数量、価格、決済方法を決めて行う取引方法を、
相対売買と言います。証券会社が直接投資家から売買注文を受けた場合は、
証券会社自らがその相手方となって取引を成立さることを言います。

証券会社は、流動性の低い銘柄や、
非上場企業の株式の取引も受けることがありますが、
これも相対売買にあたります。