証券会社のページを見ていると、
銘柄情報などのページに、
信用買い残、信用売り残という項目をみかけます。これってなに?と思っている人もいると思いますので、
ここで説明させてもらいます。

「最低限必要な信用取引の知識」で説明しましたが、
信用取引は、担保のお金を入れれば、
大体3倍くらいの額を運用することができます。

信用取引で買うことを信用買い、
売ることを信用売りと言います。

そして信用買い残、売り残というのは、
信用取引で今これだけの株数が買われていますよ、
売られていますよ、ということを表しています。

信用買い残、売り残で何がわかるか?

では、信用買い残、売り残で何がわかるのでしょうか?信用取引というのは、お金を借りて株を買ったり、
株を借りて売ったりすることができました。

そして制度信用取引では、決済期限が6ヶ月と決められているので、
信用買いした株は6ヶ月以内に売らなければなりません。

もし信用売り(空売り)をした場合も、
6ヶ月以内に買い戻さなければなりません。

ということは、
信用売り残より、信用買い残の方が多く積みあがっている銘柄は、
近い将来それだけの株が売られるということになります。

逆に信用売り残が多く積みあがっている銘柄は、
近い将来に買い戻しが発生するということになります。

つまり、信用買い残が多い銘柄は、
近い将来、売り圧力が強くなるかもしれない、
と考えることができます。

信用買い残、売り残は、制度信用と一般信用の合計

ただ、信用買い残、売り残の中には、
制度信用と一般信用の売買が合計されて表示されています。制度信用は6ヶ月以内に決済しなければならないので、
もし信用買い残が完全に制度信用だけの数字を表しているのなら、
今ある買い残は6ヶ月以内に全て売り消化されることになります。

しかし、買い残の中には、
決済期限が無期限の一般信用も含まれていますので、
今日増えた買い残の中に、いつまでも売られない買い残も存在します。

以上のことから、
信用買い残は将来の売り圧力、
信用売り残は将来の買い圧力と見ることができます。

しかし、その中に一般信用が含まれているので、
いつ売り圧力、買い圧力となってくるのかは、
明確にはわかりません。

したがって、この指標は盲信せず、
将来の売り圧力、買い圧力になるかもしれない、
ぐらいの参考にとどめておいた方がよいでしょう。

ちなみに、信用買い残、売り残は、
どの証券会社のデータを見ても同じです。