正直「初心者向け」とか、「一番やさしい」とか謳っている本も、
真の初心者にとってはぜんぜんやさしくなかったりします(笑)これはにーちゃんも真の初心者だったので、(あたりまえですが、、)
非常によくわかります!

そこで、にーちゃんが
知識ゼロでも本当にわかりやすい本をご紹介します。

ちなみに、自分が読んだ本しか紹介しませんので、ご安心ください。

ただ、にーちゃんが初心者のころに読んだ本なので、
正直ちょっと情報が古い部分があります、、

その点を意識して読んでください。

また新しい株の本でおすすめのものがあれば、
このページで紹介したいと思います!

ただ、株の概念的な説明が多いので、
普遍的な内容がメインにはなっています。

細野真宏の世界一わかりやすい株の本細野真宏の世界一わかりやすい株の本
細野真宏(著)¥1,000 (税込)
発売日:2005年6月
おすすめ度:
難易度:

当サイトで紹介する本のなかで一番わかりやすくて、やさしい本です。
「わかりやすさ」と「深さ」が同居しています!

にーちゃんが読んだ株の本の中で間違いなく一番わかりやすかったです。

「まず木の葉っぱじゃなくて森を見せてくれ!」という、
株の概念、概要的なことを知りたい人には特にお薦めです。

あまり細かいことはかかれていませんが、
株を全く知らない人にとっては、
本当に知りたいことが書かれていると思います。

どの株の本を読むよりも、まずこの本を読んでください!

あまり難しい用語もでてこないので、さくさく読みすすめれると思います。

ただ、この本を読んだだけでは、まだ実践できるだけの知識はつきません。
あくまで他の本を読むための準備として読むぐらいに考えてください。

細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編
細野真宏(著)¥1,000 (税込)
発売日:2005年12月
おすすめ度:
難易度:

前作のわかりやすさは健在です!
今回は証券会社の選び方やネット上の取引方法など、
タイトルどおり、より実践的な内容になっています。

前作とあわせて2冊読めば、株って何?ってところからは抜け出せると思います。
ここまできてようやく「わかりやすい」と謳っている数々の本が、
理解できるようになるでしょう。

証券会社の手数料比較のところなどは、情報が古くなっているので、
注意が必要です。

あと、タイトルに「実践編」とありますが、
残念ながらこの本を読んでも、実践するには少し足りません。
この本よりもさらに実践的な勉強が必要です。

3万円ではじめるネット株3万円ではじめるネット株
ノマディック (著)¥1,575 (税込)
発売日:2005年1月
おすすめ度:
難易度:

とりあえず3万円から株をはじめてみましょう、
という旨の本です。細野さんの2冊を読んで、
余裕があったら読みましょう。

「細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編」よりも、
さらに実践的な内容です。

内容がかぶっているところもありますが、
ファンダメンタルズ指標などの説明もあるので、
もう1歩、投資家に近づけます。

この3冊を上から順に読めば、次により実践的な本を読んでも、
無理なく入っていけると思います。

この3冊を読めば、「3万円ではじめるネット株」のタイトル通り、
初めは少額で株をはじめていっていいと思います。

実際に株をやりながら学ぶ知識は、
本だけから得る知識より、はるかに質が高いです。
(知識というより知恵かもしれません。)

にーちゃんは実際にやってみることが株式投資や、
良質な知識を得る一番の近道だと思っています。

初めは万が一の場合、なくなってしまってもいいくらいのお金で初めるとよいと思います。

実際気づかないかもしれませんが、
その方が、上達スピードが速いので、
多くの時間を節約できることになります。

その時点でプラススタートを切れたことになると思います。

それから向いていなければやめればいいし、
向いていれば続ければよいと思います。

もし向いていないと判断して、やめてしまうことになった場合も、
やる前からやらない判断を下すより、
やってみてからやめる判断を下す方が、
より正しい判断ができたといえます。

このときに損が発生していても、
それは生き金だと思います。

逆にこれらのことを踏まえて、
最悪、なくなっても授業料と考えられるだけの金額で始めるのが妥当だと思います。