株をやってる人には、投資をしている人と、投機をしている人がいます。

にーちゃんは投資をしている人です。
ここでは投資と投機の違いについて説明します。

よく、株はギャンブルだというのを聞いたことがあると思います。

ギャンブルのように株をすることもできますが、
結論から言うと、株はギャンブルではありません。

投資も、投機も、将来のリターンを目的にしている点では同じですが、
実は少し違います。

株でいう投資は、
業績のよい会社や業績の上がりそうな会社、
割安な会社を見極めて投資し、
長期的な期間でのリターンを目的としているもので、
しっかりと企業分析ができていれば、ちゃんとリターンを得ることができます。

運がないとはいえませんが、運に左右される比重は少ないです。

これに対し、投機とは、業績は気にせず、
そのときの株価の値上がり、値下がりを利用して儲ける手法です。

投機なので、機会を狙うニュアンスが強いです。

株価は長期的には会社の業績に一致してきますが、
短期的(分単位、日単位)にみると、業績にまったく関係なく上下します。

これを利用し、下がったところで買い、上がったらすぐに売る。
という手法をとることで、短期的に利益を得ることが可能です。

しかし投機は短期的に少しの値幅で利益を確定するため、
ある程度の額を動かさないと、まとまった利益を得ることができません。

なので、もし、思惑に反して株価が下がってしまった場合のリスクも大きいです。

まれに板情報を見ているだけで、値動きの予想がつくという天才肌の人もいるようですが、
そういう人でないかぎりはギャンブル性の高い手法といえます。

以上をまとめると次のようになります。

・投資・・・長期的、業績から株価の予想が可能。
・投機・・・短期的、業績は無視、ギャンブル性が高い。

長期的に投資するというのは、
実は、プロの投資家(機関投資家)にはなかなかできないことです。

プロの投資家は、月々のリターンを問われるため、
短期的に実績を出さなければなりません。

そのため、長期的に保有すれば儲かるとわかっている銘柄でも、
そういった事情によって、持てないことが多いです。

この点においては個人投資家の方が有利です。

ですので、にーちゃんは投資をしていますし、
みなさんにもしっかり企業分析をし、安全に投資することをおすすめしています。