株に興味のある方ならミニ株という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これまでに単位株数の説明をしましたが、
ミニ株は、単位株数の10分の1の株数から取引することができます。

メリットとしては、10分の1の株数から買うことができるので、
少額からはじめられるということがあります。

ただし、ミニ株には、普通の株にはない独特のルールがあります。

・成行注文しかできない。
・買値は必ず注文した翌日のはじめについた値段(寄り値)になる。
・ミニ株ができる証券会社が限られている。
・ミニ株ができる銘柄が限られている。

などです。

デメリットばかりのような気もしますが、
少額からはじめられるということが、唯一、最大のメリット
ではないでしょうか。

投資経験が浅い人にとって、
いきなり数十万の投資をするのは気が引けます。

まずは少額から初めて、株式投資に慣れてから、
数十万単位の投資をするというのも理にかなっています。

ただ、ミニ株は、投資する額に対する手数料の割合が高くなってしまいます。
普通の株よりも、さらにマイナススタートしてしまうことになるので、
売買回数を減らして長期投資するなど、それなりに計画性を持たないと、
まとまった利益を出すことも難しくなってしまいます。

さらに、最近では企業が個人投資家を意識して、
株式の売買単位を引き下げ、以前より低い投資額で、
株を買うことができるようになって来ています。
(東証は最低購入価格が50万を超えている企業に対しては、
個人投資家が買いやすいよう、株式分割、または、
売買単位の引き下げによって、最低購入価格を引き下げるよう、
要請しています。)

このため、以前ミニ株を取り扱っていた証券会社でも、
現在、ミニ株の新規口座開設を見合わせているところもあります。

すでに投資家のニーズ、トレンドとしては、
徐々にミニ株から通常の株式投資に移行して来ていると思います。

ミニ株は証券会社によって、取り扱っているかどうか、
または、取り扱っている銘柄の数が異なります。

どの証券会社がミニ株を取り扱っているかは、
証券会社の個別解説ページの取扱商品の欄を参照してください。

 

証券会社 個別徹底解説