株初心者におすすめの雑誌はありますか?

株に関する様々な情報を効率よく集めれるのが「マネー雑誌」です。

マネー雑誌の多くは毎月出版されますので、常にリアルタイムの情報をキャッチアップする事ができます。なので、これから株について色々学びたいという人にはマネー雑誌はオススメです。

今回は、多くのマネー雑誌の中からその知名度や人気等を加味して、株初心者にオススメのマネー雑誌を3つ紹介していきたいと思います。

雑誌名 評価 定価 年間購読 発売日 備考
ダイヤモンドZAi 10点中/9点
750円

6,980円

毎月21日
定期購読で最大29%OFF
日経マネー 10点中/8点
750円

8,550円

毎月21日
定期購読で5%OFF
日経トレンディー 10点中/8点
750円

7,410円

毎月4日
定期購読で約10%OFF

1. ダイヤモンドZAi

  • 雑誌名:ダイヤモンドZAi
  • 価格:750円(税込み)
  • 定期購読:6,980円(WEB申込み限定)
  • 発売日:毎月21日
  • オススメ度:10点中/9点
  • 読みやすさ:10点中/10点
  • 情報の多さ:10点中/9点
  • Twitter:@ZAiClub

ダイヤモンド社が出版しているマネー情報誌です。

最も初心者向けで読んでいて面白いマネー雑誌ではないでしょうか。ネット証券の選び方や高配当銘柄の選び方、10万円からの投資方法やサラリーマンの為の副業トレード術など、投資初心者に向けた面白い特集が多いのが特徴です。

例えば、2020年1月号の内容は以下のようになってます。

2020年1月号記事一覧

・日本の高配当株43銘柄
=>高利回り株/連続増配株/10年配当株
・仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
=>2018~2019年上場の全151銘柄の買売を分析
・年金生活のリアル
=>金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!
・駆け込み!ふるさと納税72
・AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
・iDeCoの出口戦略

毎月の記事の内容や抜粋は、ダイヤモンド・オンラインの今月のZAiのページで見る事ができます。

また、記事をいかに面白おかしく見せれるかという点にこだわっており、興味を引く記事や遊び心を感じる記事が多いです。基本的にイラストや漫画をメインに構成されてますので、株の知識がまったくない人でも気軽に読むことができます。

毎月21日に発売されており、amazonや楽天市場でも購入する事ができます。

もっとお得に読みたいという人には、定期年間購読をオススメします。通常、毎月750円を購読すると年間9,000円かかりますが、ダイヤモンドザイのWEB申込み限定で特別定期購読価格の6,980円が適応されます。

これは、約22%オフで2,020円もお得になります。

さらに、もっとお得になる申込み方法もありますので、詳しくはダイヤモンド・ザイの公式サイトをチェックしてくださいね!

2. 日経マネー

  • 雑誌名:日経マネー
  • 価格:750円(税込み)
  • 定期購読:8,550円
  • 発売日:毎月21日
  • オススメ度:10点中/8点
  • 読みやすさ:10点中/6点
  • 情報の多さ:10点中/9点
  • Twitter:@nikkeimoney

日経マネーは日経BPから出版されているマネー雑誌です。ダイヤモンドZAiと似た感じで、読みやすくて記事に遊び心があります。

雑誌の読みやすさ的にはダイヤモンドZAiの方がより軽いノリでとっつきやすいので、日経マネーの読みやすさは10点中6点になっています。初心者向きの本で言えばダイヤモンドZAiですね。

ただとっつきにくい分、より事実に近い表現で書いてくれている感はあります。

2020年1月号の内容は以下のようになってます。

2020年1月号記事一覧

特集1:会社員でも達成! 老後資金1億円
・会社員でも達成! 老後資金1億円
・運用+家計+仕事でラクラク1億円方程式
・億万長者の運用&財布の中身
特集2:スゴ腕投資家が今狙う株
・スゴ腕投資家が今狙う株 年末までにもう一稼ぎ!
・ 「掉尾の一振」 に乗って儲けよう
・モメンタム投資 米国の再利下げで強気に転換 内需主体の出遅れ銘柄で大勝ちを狙う
特集3:ESG投資入門
・ESG投資入門 世界の潮流に乗って資産を増やそう!
その他
・もっと得する株主優待生活
・株の達人に聞く 今月の注目銘柄
・マネーの達人に学ぶ お金に強い子供の育て方
・最新! 投信ランキング
別冊付録
・勝ち株!カレンダー2020
・未来に向けて楽しく貯める 金&プラチナ

毎月の記事の内容の詳細や、日経マネーの定期購読の申込みは以下のリンクを参照してください!!

=>日経BPマーケティングの日経マネーページ

3. 日経トレンディ

  • 雑誌名:日経トレンディ
  • 価格:750円(税込み)
  • 定期購読:8,550円
  • 発売日:毎月4日
  • オススメ度:10点中/8点
  • 読みやすさ:10点中/10点
  • 情報の多さ:10点中/8点
  • Twitter:@Nikkei_TRENDY

マネー雑誌という括りとは若干異なるかもしれないですが、これから株初心者の方にぜひ読んでほしいのがこの「日経トレンディ」です。

先程紹介した日経マネーと同様に、日経BPから出版されている月刊誌で、ちょっとした生活にかかわるようなような商品やサービスについて丁寧に解説してくれています。正直、単なる読み物としても非常に楽しく読めます。

特に、毎年12月号で行われている今年のヒット商品ベスト30と来年のヒット予測100は、日本全体のサービスやビジネスなどのトレンドを把握するのに最適です。特に来年のヒット予測100は今後日本で何が流行るのかを事前に把握しておく事で、そのサービスに関連した企業に早い段階から目をつけておく事ができ、投資の手助けにもなるでしょう。

2020年1月号の内容は以下のようになってます。

2020年1月号記事一覧

特集1:大予測2020-2021
・大予測2020-2021 近未来の日本でこれから起きること
・2020年の日本経済を読み解く5つのポイント
・KEYWORD MRスマートグラス 日常が一変する、ポストスマホの最右翼
特集2:東京五輪完全ガイド
・東京五輪完全ガイド 知ってる人だけ楽しめる! チケット争奪戦 必勝法も!
・まだある 「公式販売」 をいち早くチェック! 企業の観戦ツアーやキャンペーンもフル活用
特集3:ホテルウォーズ2020
・ホテルウォーズ2020
・銀座ホテル 開業ラッシュ:知られざるホテルブランドが銀座に大増殖 インバウンド比率9割超の新興チェーンも
その他
・TREND FLASH
・データで読み解くヒット

amazonや楽天市場で購入する事もできますし、継続して読みたい人であれば、日経BPの行為s記載とから定期購読のお申し込みを行う事をオススメします。定期購読する事で、年間約1500円ほどの節約する事ができます。

=>日経BPマーケティングの日経トレンディのページ

マネー雑誌を読む時に注意する事

ここではマネー雑誌を読む時に注意してほしい点について、少し説明しておきます。

すべての雑誌に言えることですが、記事に見せかけた広告が多いです。なので、マネー雑誌を読む際に気をつけて欲しいのが、記事と思って読んでいたら広告だった!というミスをしないということです。

こういった記事に見せかけた広告は、商品を買うように誘導する目的がまずあって記事が書かれているわけですから、客観的な分析、データが掲載されていない可能性があります。

ですので、まず読む時間が無駄になりますし、最悪偏った情報をインプットすることになってしまいます。

この偏った情報が頭にあるうちは投資判断に弊害が出る可能性もありますので、もし広告記事を読むにしても広告記事と意識して読むようにするべきでしょう。

マネー雑誌は初心者向け

マネー雑誌は初心者向けで、脱初心者レベル以上の人にはあまりおすすめできないということを冒頭で書きました。

そもそも、ほとんどのマネー雑誌は初心者向けに作られています。

マネー雑誌の情報というのは、記者のフィルターを通した情報になります。

ですので、例え悪意が無くても情報に偏りが出る可能性があります。そして、その記者は株で儲けているかどうかはわかりません。

つまり、正しい判断の元に情報を取捨選択しているかは不明です。

ですので、マネー雑誌というのは初心者が投資を学ぶ過程で勉強するツールとしては適していますが、実際にある程度投資に慣れてきて自分で情報を直接取りにいけるようになったら、それほど活用する意味は薄れていきます。

ずっと読んでいると、上にも書いたような記事に似せた広告や当たるかわからないアナリストの今後の日経平均予想など、雑音を多く感じてくる場合もあります。

はじめのうちは勉強になることは間違いないのですが、一通りマネー雑誌で勉強できたら、自分で情報を取捨選択する域に入っていくことをおすすめします。

楽天証券なら日経新聞が無料で読める

今回紹介したようなマネー雑誌を使って毎月投資に関する新たな情報をインプットするのは大切ですが、それ以上に、毎日ニュースを確認する事も大切です。

中でも、投資家だけでなく多くのビジネスマンがニュースを確認する際に、よく日経新聞を読んでいます。

しかし、日経新聞は電子版で月額4,200円、年間購読料は約5万ほどとかなり高いです。中には、この購読料がネックで日経新聞を使っていないという人もいると思います。

そういった方にオススメなのが、楽天証券です。

実は楽天証券で口座開設すると、楽天証券のスマホアプリiSPEEDやPCツールのMARKETSPEEDで、日経新聞を無料で読む事ができます

詳しい内容は以下の記事で説明しているので、気になる方は是非ごらんくださいね。