よく、株の本やサイトなどで、
「売り時が一番難しい」という言葉を見かけます。確かに売り時というのは、本当に難しいです(笑)

ここでは、売り時の考え方について書きたいと思います。

売り時を考える上で、最も重要なのは、
にーちゃんは、その銘柄を買う理由にあると考えています。

どれくらい買う理由が明確かによって、
売る理由の明確さが決まってきます。

たとえば、テクニカル分析で、
MACDとストキャスティクスが同時に買いサインを発したとします。

その銘柄には、特に悪材料も好材料も出ていない状況だとして、
その株が上がると判断して買うとします。

しかし、この2つのテクニカル指標が実は騙しで、
そこから株価が下がってきました。

この場合、
テクニカル指標の買いサインをもとに買い出動したので、
騙しとわかった時点で買った理由がなくなりますから、
売り出動(損切り)する
のが妥当だと言えます。

この場合は損切りになりますが、
利益確定の時期を考える場合も同じ事が言えます。

もし、時価総額が資産価値を大きく下回っている銘柄を発見したとして、
この株を資産の面から見て割安と判断し、買うとします。

この場合、売り時を考えるのは、
時価総額が資産価値を上回った時点になります。

資産の面から見て割安だったから買ったので、
資産の面から見て割安でなくなったら売り
を考えます。

もちろん相場は行き過ぎるものなので、
時価総額が資産価値を上回っても、
株価はどんどん上がっていくかもしれません。

ですので、よりベストな売り時を探るために、
テクニカル分析は行います。

しかし、まだ割安なのに、テクニカル的に売りになっても、
買った理由が残ってますから、売りを考える必要はありません。

このように、売り時は、
買う理由の明確さ、強さによって、
より明確に決めることが出来ます。

逆に言うと、
買う理由があいまいなら買わない
ということも、売り時をぼかさない手段のひとつといえます。

成功している投資家は、
必ず自分の投資スタイルをもっているのも、
なんとなくうなずけますね。