株式投資に限らず、
投資をやる場合は、始めは少額から始めるのがいいと思います。初心者がいきなり自分の全財産のほとんどを運用したりすると、
万が一失敗して無くなった時に、大変なことになります。

ですので、はじめは練習のつもりで、
なくなっても授業料と諦めがつく程度のお金ではじめることを、
このサイトではおすすめしています。

ということで、初心者の人は少額から始めてもらえばいいんですが、
じゃあ、「よし、自分は株式投資をやっていけそうだ!」
となった場合、投資金額はどうすればいいでしょうか?

当然ですが増やす方向に行くと思います。

ここでは、初心者が株式投資を本格的にはじめよう、と決心したときに、
おちいりがちなケースに触れてみたいと思います。

少額から初めて本格的にやっていこうと思ったわけですから、
当然投資金額を大きくして、さらに大きい利益を得ることを狙っていかなければなりません。

ここで、重要なことがあります。

もし10万円で始めた人が、
本格的にやるために、さらに90万を追加して、
合計100万でやって行こう!と思った場合、

追加分の90万の売買は、
今までの売買の9倍重要度が高いという認識を持たなければなりません。

にーちゃんは、これは人間がおちいりやすい心理的な罠だとおもっているのですが、
10万で運用してうまく利益がでた場合、必ずと言っていいほど気が大きくなっていて、
明らかにはじめの10万よりも追加した90万の方がぞんざいに扱ってしまいます。

初心者ほどこの傾向が顕著に現れます。

10万でかなりうまくいって短期間で15万になったとしても、
90万で少し失敗すれば10万くらいは簡単に損をします。

つまり、はじめの10万の買い付けより、
あとの90万の買い増しの方が後の収益に大きく影響する
ことを、
明確に認識しておかなければなりません。

こういったことは、含み損が出た状態でさらに買い増せるかどうか?
含み益が出てもっと買い増したいときに、我慢できるかどうか?
という心理的な強さにも通じます。
(要は安く買えるか?高値をつかまないか?ということです。)

最初は少額、慣れたら額を増やすというスタンスで問題ないですが、
額を増やした場合は必ず、「今からする売買の方が重要だ」、
という意識を持って取り組むべきだと思います。