テクニカル分析の説明に入る前に、
「それより、テクニカル分析ってなに?」
と思っている人がいるとすごくまずいので、
ここで、テクニカル分析とはなにか、を説明したいと思います。初心者でもわかるように誤解を恐れずに言うと、
テクニカル分析とは、売買するのに最適なタイミングを探す分析になります。

つまり、最適な買い時、売り時を探すための分析になります。

これまでにも書きましたが、
株価は長期的に見れば業績に一致してきますが、
短期的に見れば、業績と全く関係なく動きます。

これが最大のポイントで、
業績と全く関係なく安く動いた時に買うためにする分析になります。

タイミングを間違えて、
業績と全く関係なく高く動いた時に買ってしまうと、
ファンダメンタルズ分析(銘柄選択)は正しくても、
大した利益を得ることができないこともあります。

では、どうやってそのタイミングを探すかですが、大きく2つあります。

チャートパターンから分析する方法と、
テクニカル指標から分析する方法です。

チャートパターン

相場は意外に、同じようなパターンを繰り返したり、
このパターンが出たあとは株価が上がることが多い、
ということが多々あります。もちろん全て当たるわけではありませんが、
テクニカル分析に関しては、
当たる確率の高い行動の回数を重ねることが重要になります。

チャートパターンは、ローソクチャートと移動平均線を参考にして、
買い時、売り時を分析します。

たとえばチャートが移動平均線に近づいてきたら買い、または売りとか、
チャートが移動平均線とクロスしたら買い、または売りといった判断をします。

基本的にチャートパターンだけでテクニカル分析を全て終わらせようと考えると、
やや難易度が高くなります。

ですので、テクニカル指標とあわせて分析するのがベターです。

テクニカル指標

テクニカル指標というのは、過去の値動きや、
ローソクチャートを元に、作成されたもので、
買いサインや売りサインを読み取って売買の参考にします。つまり、チャートパターンだけではわかりにくいので、
もっと売買のタイミングをわかりやすくしたチャートが、
テクニカル指標だと思ってください。

なんとなく難しいイメージがあるかもしれませんが、
コツをつかめば本当に簡単です。

MACD

たとえば、これはMACDというテクニカル指標になりますが、
この指標の売買サインは以下のようになります。

MACD

詳細は「MACD(マックディー)」で説明しますので、
ここでは大体のイメージだけつかんでもらえればと思います。

次のページ以降では、実際のチャート画像を使って説明をしています。

チャートパターン、テクニカル指標についてのおおまかなイメージがつかめたら、
実際のチャートを見てもらった方がイメージがより明確になりますので、
どんどん読み進めて行ってみてください!