信頼度:
難易度:

ストキャスティクスは相場によって驚異的に効果を発揮するテクニカル指標です。

他の投資家の一歩上へいけるかもしれない指標「ストキャスティクス」を紹介します。

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、買われすぎ・売られすぎがわかる一瞬でわかる指標です。

また買われすぎた株はすぐに下落、売られすぎた株はすぐに上昇します。

つまり、ストキャスティクスとは銘柄の上昇・下落するタイミングを簡単に判断することができる指標です。

覚えるだけで、簡単に活用できる指標なのでトレードの際も使うべきです。

ストキャスティクスが使える相場に関しては、後半で詳しくご紹介します。
ストキャスティクスの理解を深めるために、早速ですが実際のチャートで見ていきましょう。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、一般的に、70~80%以上が買われすぎで売りサイン20%~30%以下が売られすぎで買いサインになります。

チャートの左下にある%K%Dの2本の線が、70%の破線ラインより上に来たときが買われすぎ、30%の破線ラインより上に来たときが売られすぎ、と考えます。

ストキャスティクスは、SDという線も表示されていますが、通常%Kと%Dの2本で構成されていますが意味はあまり気にしなくて良いです。

気になる方のために%K・%D・SDがどういう意味かを紹介しますが、覚えておく必要はありません。

むしろ次の章のストキャスティクスで利益を取り続けれる相場ストキャスティクスで利益を取れない注意すべき相場が重要ですので、こちらをしっかり覚えましょう。

  • %Kとは

    短期オシレータライン。
    過去9日間の高値-過去9日間の安値の価格から見て、現在の価格を評価します。

  • %Dとは

    中期オシレータライン。
    「過去9日間の高値-過去9日間の安値」の3日間合計価格から見て、現在から3日間合計価格を評価します。

  • SDとは

    長期オシレータライン。
    %Dを3で割ったもの。SDは%Dの移動平均線であり、スローストキャスティクスと呼ぶ。

ストキャスティクスで利益を取り続けれる相場

ストキャスティクス

チャートの左半分を見てください。チャートの左半分はボックス相場(レンジ相場)です。

ストキャスティクスはこのボックス相場で最も有効なテクニカル指標の一つです。

ストキャスティクスで80%を超え「売りのサイン」が出たときは株価は必ず下落しています。

逆にストキャスティクスで30%を下回り「買いのサイン」が出たときは、株価は必ず上昇しています。

実際に上のチャートの左半分では、うまく利益が汲み取れています。

ストキャスティクスで利益を取れない注意すべき相場

ストキャスティクス

ストキャスティクスは上昇トレンド中や下降トレンド中では、あまり効力を発揮しません。

なぜなら、上昇トレンドは買われすぎの状態が長く続くため、ずっと70%以上のエリアに収まってしまうからです。

上のチャート右半分の「上昇トレンド」と書いた部分も同様に、ストキャスティクスは70%を超えているのに株価は一向に下がる気配を見せません。

これは下降トレンド時も同様であり、30%以下のエリアに常に収まることになります。

チャートの左半分のようなレンジ相場では、ストキャスティクで堅実に利益を取っていくことができます。

ただし、これで「ストキャスティクスは絶対に正しい!」と思ってはいけません。

ストキャスティクスはトレンドを形成しているときはあまり見なくても良いでしょう。

ストキャスティクスを使った投資戦略

ストキャスティクスはボックス相場には効力を発揮します。

ストキャスティクスを使うときは、移動平均線やグランビルの法則を使うことで、ボックス相場がいつまで続くかを予測することが重要です。

グランビルの法則の①がきたときは、下降トレンドやボックス相場の終わりを迎えることを意味します。

グランビルの法則買い①






移動平均線が下降を続けたあと、横ばいになり、移動平均線を下から株価が突き抜けた時。
上昇トレンドに転換したと判断できます。

グランビルの法則買い①

移動平均線が下降を続けたあと、横ばいになり、移動平均線を下から株価が突き抜けた時。
上昇トレンドに転換したと判断できます。

以上のようなボックス相場でグランビルの法則が綺麗に形成されるまでは、ストキャスティクスを使って利益を生み出していきましょう。

また、ストキャスティクスは上昇や下降のトレンド相場では、指標の意味をなしません。

そういう時はボリンジャーバンドなど、他の指標と組み合わせて株価を予測するしかありません。

テクニカル指標はありがたいものですが、完璧なものはないので、臨機応変に組み合わせる応用力が必要になってきます。

巷には何百個ものテクニカル指標があり、その中から数個を選ぶことは非常に難しいです。

次の章では、投資家がテクニカル分析を選ぶ時のポイントをご紹介します。

では、次の章では「テクニカル指標を選ぶ時のポイント」へ進みましょう。