~すみません、、Infoseekマネーはサービス終了しました。~
~このページは参考までに残してあります、、~
テクニカル分析をするときに、にーちゃんはInfoseekマネーを活用しています。

テクニカル分析に非常に役立ってくれます!

これまでにも書きましたが、にーちゃんは証券会社口座を20個以上持っています。

その中で比較しても、Infoseekマネーのチャートは、
かなり使いやすいです。

普通のポータルサイトのチャートが、
証券会社のチャートより使いやすいという時点ですごいですね(笑)

通常の証券会社は、リアルタイム性を重視しているため、
仕方ないかもしれませんが、表示形式にあまり融通が効きません。

それに対しInfoseekマネーは、
約20分から25分ほど情報が遅れますが、
非常に使いやすいです。

どう使いやすいのかを少し説明します。

 マウスカーソルでその日のデータがわかる。

チャートにマウスカーソルを当てるとその日のチャートデータがわかります。デフォルト状態で表示されるデータは、
・日付
・始値
・高値
・安値
・終値
・出来高

です。

にーちゃんは長期のデータなんかを分析するときに使ってます。
毎年3月の終値を取って、10年スパンくらいで、
どのくらいのリターンで推移しているかを計算する時なんかに使います。

なによりも、より細かいデータがみれるのはありがたいです。

 同時に複数の指標を見て分析できる。

にーちゃんは、ボリンジャーバンド、ストキャスティクス、
MACD、RSIなどの指標をよく使いますが、
これらの指標を全て同時に表示できて、ここまで見やすいサイトは、
なかなかありません。
たいていは、指標ごとにチャートを一回一回作成しなおすのが普通です。
(証券会社が提供する有料サービスなら表示できるものもあります。)テクニカル分析で使用する指標は、
その時々によって、有効になる指標が変わってくるので、
臨機応変に組み合わせて使うことが重要になってきます。

ですので、同時に指標を見れるとすごく分析しやすいです。

さらに、各指標を有効にした状態でマウスカーソルを当てると、
上に書いたチャートデータに加えて、各指標の詳細データも表示されます。

ここまでできると、かなり本格派の人でもこのチャートでこと足りると思います。


この他にも、チャートを他の銘柄のものと比べるなど、
便利な機能があります。

TOPIXと個別銘柄を比べることも可能なので、
TOPIXをどれくらい上回っているのか?ということが、
視覚的にわかります。

株価情報が25分ほど遅れるということ以外は、
証券会社のチャート情報をしのぐ勢いですので、
おすすめします。

デイトレードのような超短期的な売買ではリアルタイム性が要求されますが、
長期保有しようと思っている株の分析には十二分に役に立ってくれます。