信頼度:
難易度:

MACDは別名を移動平均収束発散法といい、英語にすると”Moving Average Convergence and Divergence”と言うそうですが、名前は全く気にしなくていいと思います。

ポイントさえ押さえれば本当に簡単なので、紅茶でも飲んでリラックスしながら読んでください!

MACDの見方

MACDは、MACDとシグナルという2つの線からできています。

それぞれどういったものか説明していきます。

MACD

MACDは現在に近い株価を重視して作られた移動平均線です。

したがって最近の相場の傾向を早いうちに察知することができます。

シグナル

シグナルはMACDをさらに移動平均化することによって作られたものです。

MACDと比べて俯瞰的に株価の変動を表したものになります。

MACDの使い方

先ほど説明したMACDとシグナルの2つの線の関係を見て買いや売りの判断を行います。

タイミングとしては以下のようになります。細かい説明に関してはチャートの下をご覧ください!

買いの判断方法

MACDがシグナルを下から突き抜けたとき(このことをゴールデンクロスと呼びます)が買いのタイミングです。

ゴールデンクロスが起こったときはこれから相場が上昇することが予想されます。

売りの判断方法

MACDがシグナルを上から突き抜けたとき(このことをデッドクロスと呼びます)が売りのタイミングです。

デッドクロスが起こったときはこれから相場が下がっていくことが予想されます。

では実際にチャートを見てみましょう。

実際のチャートでは

以下のチャートを見てください。

ローソク足チャート:MACD

買いサインがかなり有効に発生していることがわかります。

MACDは短期の相場の傾向を示すので、移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスより早い段階でサインが現れます。

したがって「ゴールデンクロスとデッドクロス|株式投資|」のところで説明した、移動平均線のゴールデンクロス、デッドクロスより利益を汲み取りやすくなっているのです。

最近は証券会社のサイトでMACDやその他のテクニカル指標もボタン一つでチャート表示できるようになっています。

そのため、わざわざMACDの仕組みを解明して計算方法をマスターしたりする必要は一切ありません。

カメラの仕組みは知らなくてもシャッターを押せばだれでも写真が取れるのと一緒で、ゴールデンクロスは買いのサイン、デッドクロスは売りのサインということだけを覚えておけばOKです。

次は「ボリンジャーバンド」です。

ボリンジャーバンドは将来の株価の予測を立ててしまうという大胆かつ分かりやすい分析方法です。