ファンダメンタルズ分析の仕方を説明する前に、
ファンダメンタルズ分析ってなんなの?ってところを説明しておきたいと思います。

 その会社の業績がいいかどうか?お金をたくさん持っているかどうか?

わかりやすく言えば、その会社の業績はいいのか?または、
お金はたくさん持っているのかどうか?
と言ったことを見極める分析のことを、
ファンダメンタルズ分析といいます。当然業績はいい方がいいですし、
お金はたくさん持っているほうが良い会社ということになります。

お金を持っているかどうか?の「お金」というのは、
単にお金だけじゃなくて、不動産などの資産も含まれます。

たとえば、A社という上場企業があったとして、

A社が発行している株数:100株
A社の株価:10万円

の場合、A社の株価は割安と言えるでしょうか?

・・・・・

わからないですよね。

当然です、これだけじゃ割安かどうかは全くわかりません。

なにも分析をしない人にとっては、
上記のような情報しかわかりません。

しかし、ファンダメンタルズ分析をすると、
以下のようなことがわかります。

A社にあるお金:1000万円
A社が持っている土地の価値:1000万円

この時点で、A社の株は割安であることが判明します。

なぜかというと、

A社が発行している株数:100株
A社の株価:10万円

という情報から、A社の時価総額は1000万円であるとわかります。

さらに、

A社にあるお金:1000万円
A社が持っている土地の価値:1000万円

このことから、A社が持っている資産は2000万相当であるということがわかります。

ということは、一株あたりの資産としては、
20万の価値があるわけですから、
現在10万円の値で売買されているA社の株は、
資産価値から見て買い、という判断になるわけです。

このように会社の業績や資産などを分析して、
今の株価と照らし合わし、割安かどうかを判断する分析のことを、
ファンダメンタルズ分析と言います。
(上記は資産の分析をしました。)

 株価は業績や資産と一致してくる

にーちゃんはファンダメンタルズ分析を重視した投資をしています。なぜファンダメンタルズ分析を重視するかというと、
株価は業績や資産と一致してくるためです。

上記の例で言うと、
資産が2000万円ある会社の時価総額が、
ずっと1000万円のままであることは、
おかしいわけです。

もしこの会社の株をすべて買い占めれば、
2000万の価値のあるものを1000万で買えますから、
お金のある人にとっては、かなりうまみのある買い物になります。

市場に参加している人がすべてファンダメンタルズ分析をしていれば、
割安な銘柄はほとんど存在しません。

気づいている人が少ないので割安に放置されています。

それが何かのきっかけで気づいたときに、
買いが入り、株価が業績や資産に一致してきます。

こういった感じで、
業績や資産から見て割安な株を探すことが、
株式投資のファンダメンタルズ分析の目的になります。

それでは、次のページから、
具体的な指標などの説明をしていきたいと思います。

少し難しいかもしれませんが、
ファンダメンタルズ分析をマスターすれば、
ある程度安定したリターンを得られることが、
統計学的に証明されています。

ですので、ここは少し踏ん張って、
ファンダメンタルズ分析を勉強してみましょう!