2013年はほとんどの銘柄で初値が公募価格を上回っていて、
IPOバブルと言ってもいいくらいすごい年でした。そこで2013年IPOの実績について色々とまとめてみました。

2013年IPO実績

まず初めに2013年に上場した企業別の実績をまとめてみました。”倍率”は初値が公募価格の何倍になったのかを表していて、
“損益”はIPOを初値で売った場合の損益を表しています。

 

上場日 コード 企業名 公募価格 初値 倍率 損益
2/13 4586 メドレックス 1,000 2,200 2.20倍 +120,000
2/14 3181 買取王国 900 2,000 2.22倍 +110,000
2/14 3180 ビューティガレージ 2,300 4,160 1.81倍 +186,000
2/20 3670 協立情報通信 1,500 5,000 3.33倍 +350,000
3/12 3671 ソフトマックス 1,300 5,510 4.24倍 +421,000
3/13 3182 オイシックス 1,200 3,700 3.08倍 +250,000
3/14 3672 オルトプラス 1,500 4,015 2.68倍 +251,500
3/15 9025 鴻池運輸 1,020 1,404 1.38倍 +38,400
3/15 2588 ウォーターダイレクト 1,200 3,600 3.00倍 +240,000
3/19 7215 ファルテック 3,940 4,150 1.05倍 +21,000
3/19 6073 アサンテ 930 1,034 1.11倍 +10,400
3/22 3673 ブロードリーフ 1,080 1,200 1.11倍 +12,000
3/27 1419 タマホーム 980 1,700 1.73倍 +72,000
4/9 1420 サンヨーホームズ 700 1,250 1.79倍 +55,000
4/25 3674 オークファン 2,600 10,480 4.03倍 +788,000
6/11 4587 ペプチドリーム 2,500 7,900 3.16倍 +540,000
6/13 6248 横田製作所 720 1,702 2.36倍 +98,200
6/26 4978 リプロセル 3,200 17,800 5.56倍 +1,460,000
6/27 6074 ジェイエスエス 950 1,200 1.26倍 +25,000
6/27 3184 ICDAホールディングス 1,900 3,000 1.58倍 +110,000
7/3 2587 サントリー食品インターナショナル 3,100 3,120 1.01倍 +2,000
7/10 3185 夢展望 2,600 5,210 2.00倍 +261,000
7/10 6075 フォトクリエイト 1,670 3,775 2.26倍 +210,500
7/30 3186 ネクステージ 1,700 2,011 1.18倍 +31,100
8/13 6076 アメイズ 730 797 1.09倍 +6,700
8/29 6077 N・フィールド 1,500 3,100 2.07倍 +160,000
9/13 3187 サンワカンパニー 950 3,500 3.68倍 +255,000
9/20 3288 オープンハウス 1,780 2,100 1.18倍 +32,000
9/25 5698 エンビプロ・ホールディングス 700 1,040 1.49倍 +34,000
10/4 6078 バリューHR 2,000 4,035 2.02倍 +203,500
10/8 6079 エナリス 280 717 2.56倍 +43,700
10/22 3677 システム情報 740 3,500 4.73倍 +276,000
11/19 3189 ANAP 1,000 5,100 5.10倍 +410,000
11/20 3678 メディアドゥ 3,300 11,770 3.57倍 +847,000
11/20 6080 M&Aキャピタルパートナーズ 3,000 10,000 3.33倍 +700,000
11/22 3679 じげん 600 1,750 2.92倍 +115,000
11/29 6081 アライドアーキテクツ 1,700 5,600 3.29倍 +390,000
12/3 6082 ライドオン・エクスプレス 2,000 3,105 1.55倍 +110,500
12/6 4588 オンコリスバイオファーマ 2,600 3,500 1.35倍 +90,000
12/9 3680 ホットリンク 2,700 7,170 2.66倍 +447,000
12/10 3681 ブイキューブ 3,300 5,010 1.52倍 +171,000
12/11 3682 エンカレッジ・テクノロジ 1,730 3,755 2.17倍 +202,500
12/11 6084 オウチーノ 3,500 8,050 2.30倍 +455,000
12/13 1429 日本アクア 1,650 2,061 1.25倍 +41,100
12/17 3293 アズマハウス 1,600 1,760 1.10倍 +16,000
12/18 6088 シグマクシス 3,010 3,020 1.00倍 +1,000
12/18 6085 アーキテクツ・スタジオ・ジャパン 2,050 4,600 2.24倍 +255,000
12/18 6087 アビスト 3,450 3,450 1.00倍 +0
12/18 3294 イーグランド 3,300 4,200 1.27倍 +90,000
12/19 6089 ウィルグループ 2,870 2,750 0.96倍 -12,000
12/19 7167 足利ホールディングス 420 451 1.07倍 +3,100
12/19 4245 ダイキアクシス 1,300 1,351 1.04倍 +5,100
12/19 6086 シンプロメンテ 950 2,235 2.35倍 +128,500
12/24 6090 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ 1,400 3,100 2.21倍 +170,000

 

2013年IPOダイジェスト

上の表を見てもらえれば、2013年のIPOがどれだけすごかったのかは
一目で分かると思いますが、統計的な数値も少し紹介します。2013年はIPOを初値で売るとほとんどが利益になっていますが、
どのくらいの利益額だったのかを表にまとめてみました。

利益 企業数 割合
1円以上 52社 96.3%
1万円以上 47社 87.0%
10万円以上 31社 57.4%
30万円以上 11社 20.4%
50万円以上 5社 9.3%

これを見ると50万以上の利益になっているのは10%近く、
10万以上の利益になっているのも60%近くあって、
利益額もそこそこ見込める感じになっています。

しかも2013年は利益になる確率が96.3%で、
唯一の損失になったIPOも大きなマイナスではないので、
リスクも低かったと年だと言って問題ないと思います。

まとめると2013年のIPO投資はローリスクでミドルリターンが狙えた年って感じですかね。

じゃあIPOはどうやって買ったらいいの?ってことになると思いますが、
次の記事からどうすれば買えるのかを紹介していきたいと思います。