NISAは税制優遇して投資を促すはずの制度ですが、
メリットばかりとも言えないようです、、ここではNISAを利用する上での懸念点について書いていきます。

 新規投資だけ非課税にできる

今保有している評価益の高い株があれば、
それを売却したときの利益も非課税にしたいんですが、
どうやらそれはできないようです、、NISAは投資を促すための制度でもあるみたいで、
非課税となるのは新規の投資だけのようです。

すでに持っている株については潔く税金を払うしかないですね。

 

 非課税投資枠は翌年に繰越できない

NISAは毎年100万円の非課税投資枠がありますが、
100万円分すべてを使い切らないといけないわけじゃありません。じゃあ100万円の枠を使い切らなかったら、
どうなるかと言うと、その枠は消滅してしまいます、、

使っていない投資枠は翌年に繰り越すことができなくて、
例えば50万円の枠が余っても、翌年150万円になるわけではなくて、
最大は100万円に変わりないみたいです。

資金に余裕があるなら100万円の枠を最大限に使いたいところですが、
だからと言って投資枠を使い切るために無理に投資する必要もないと思います!

 

 損をした場合も投資枠は消化される

NISAの100万円分の非課税投資枠は、
100万円以内のお金であれば、
何回でも取引できるのかと言うとちょっと違います。この非課税投資枠は株を購入する度に減っていきます。

しかも利益になった場合だけでなくて、
損をした場合も枠が消化されるので注意が必要です。

例えば90万円分の株式を購入して、
翌日に80万円まで下がってしまい損切りをすると、
これで投資枠の90万円分は消化したことになります。

残りの枠は10万円しかなくなります、、

損失でも非課税投資枠は消費される
でも、非課税投資枠が減るからと言って、
損切りを躊躇しないほうがいいですね。

 

 損失を合算できないし繰り越せない

NISAの一番の問題点がこれかもしれませんが、
NISA口座で発生した損失は他の利益と合算することができないです。例えばNISA口座で20万円の損、一般口座で20万円の利益が出た場合、
単純に考えれば利益ゼロだから税金も0円になりそうですが、
実はこの場合、税金が発生してしまいます。

なぜかと言うと、
NISA口座での取引利益がでたときも、損がでたときも、
取引自体がなかったものとして扱われるからです。

だから利益がでたときは非課税になるんですが、
損をしたときも取引自体がなかったものとして扱われるので、
他の利益と合算もできないし、3年できる損失の繰り越しもできないです、、

上の例だと、NISA口座での20万円の損はなかったことになるので、
一般口座の利益20万円だけが残って、この20万円に対して税金が発生してしまいます。

 

 NISAのベターな運用方法は?

ここまでNISAの懸念点をいくつか挙げてきましたけど、
その中でも損失を合算できないというのが大きな問題です。
だからNISAを運用するなら、
極力NISA口座で損がでないような運用が最善だと思います。

そういう運用方法の例として、
株価が比較的安定している大型株で
比較的に配当の高いREITや高配当株を
非課税期間の5年間は売却しないぐらいのつもりで、
超長期の運用をするのがいいかなと思います。

つまり売却益狙いというより、配当狙いです。

そうすれば配当は最大で5年間ずっと非課税になるし、
大きく値上がりしたときは途中で売却すれば、
その売却益も非課税にすることができます。

大きく値下がりしそうなときは損切りも止むを得ないですが、
長期向きの安定した銘柄を選べば突発的なこともない限り、
損切りが必要になるケースも少ないと思います。

配当狙いなので大きな節税にはならないですが、
今のところNISAで運用するならこれがベターではないでしょうか。

と、ここまで懸念点に関して書いてきましたが、
次はNISA口座を開設するときの注意点について書いていきます。