2007年の運用実績です。

 12月の実績
売買銘柄11末終値11末評価額12末終値株数12末評価額利益利益率
CSロジネット380380,0003411000341,000-39,00089.7%
ホンダ3,760376,0003,750100375,000-1,00099.7%
合計756,000716,000-40,00094.7%
 11月の実績
売買銘柄10末終値10末評価額11末終値株数11末評価額利益利益率
CSロジネット345345,0003801000380,00035,000110.1%
ホンダ4,300430,0003,760100376,000-54,00087.4%
合計775,000756,000-19,00097.5%
 10月の実績
売買銘柄9末終値9末評価額10末終値株数10末評価額利益利益率
買売野村マイクロ1,800180,0002,950100295,000115,000163.9%
CSロジネット350350,0003451000345,000-5,00098.6%
ホンダ3,860386,0004,300100430,00044,000111.4%
合計916,0001070,000154,000116.8%

*買い銘柄の「9末終値」「9末評価額」は、それぞれ「買値」「購入時評価額」になります。
*売り銘柄の「10末終値」「10末評価額」は、それぞれ「売値」「売却時評価額」になります。

 9月の実績
売買銘柄8末終値8末評価額9末終値株数9末評価額利益利益率
CSロジネット405405,0003501000350,000-55,00086.4%
ホンダ3,820382,0003,860100386,0004,000101%
合計787,000736,000-51,00093.5%
 8月の実績
売買銘柄7末終値7末評価額8末終値株数8末評価額利益利益率
CSロジネット405405,0004051000405,0000100%
ホンダ4,300430,0003,820100382,000-48,00088.8%
合計835,000787,000-48,00094.3%
 7月の実績
売買銘柄6末終値6末評価額7末終値株数7末評価額利益利益率
CSロジネット406406,0004051000405,000-1,00099.8%
ホンダ4,500450,0004,300100430,000-20,00095.6%
合計856,000835,000-21,00097.5%
 6月の実績
売買銘柄5末終値5末評価額6末終値株数6末評価額利益利益率
CSロジネット410410,0004061000406,000-4,00099.0%
ホンダ4,280428,0004,500100450,00022,000105.1%
合計838,000856,00018,000102.1%
 5月の実績
売買銘柄4末終値4末評価額5末終値株数5末評価額利益利益率
CSロジネット393393,0004101000410,00017,000104.3%
ホンダ4,130413,0004,280100428,00015,000103.6%
合計806,000838,00032,000104.0%
 4月の実績
売買銘柄3末終値3末評価額4末終値株数4末評価額利益利益率
CSロジネット408408,0003931000393,000-15,00096.3%
ホンダ4,110411,0004,130100413,0002000100.5%
買売ユニバース1700170,0001581100158,100-11,90093%
買売NFテクノロジー220,000220,000260,0001260,00040,000118.2%
合計1209,0001224,10015,100101.2%

*買い銘柄の「3末終値」「3末評価額」は、それぞれ「買値」「購入時評価額」になります。
*売り銘柄の「4末終値」「4末評価額」は、それぞれ「売値」「売却時評価額」になります。

 3月の実績
売買銘柄2末終値2末評価額3末終値株数3末評価額利益利益率
CSロジネット418418,0004081000408,000-10,00096.6%
買売ODK60,000120,00073,1002146,20026,200121.8%
ホンダ4,160416,0004,110100411,000-500098.8%
合計954,000965,20011,200101.2%

*買い銘柄の「2末終値」「2末評価額」は、それぞれ「買値」「購入時評価額」になります。
*売り銘柄の「3末終値」「3末評価額」は、それぞれ「売値」「売却時評価額」になります。

 2月の実績
売買銘柄1末終値1末評価額2末終値株数2末評価額利益利益率
CSロジネット440440,0004181000418,000-22,00095.0%
買売アートネーチャー7,000700,0007,000100700,0000100.0%
合計1140,0001118,000-22,00098.1%

*買い銘柄の「1末終値」「1末評価額」は、それぞれ「買値」「購入時評価額」になります。
*売り銘柄の「2末終値」「2末評価額」は、それぞれ「売値」「売却時評価額」になります。

 1月の実績
売買銘柄12末終値12末評価額1末終値株数1末評価額利益利益率
CSロジネット410410,0004401000440,00030,000107.3%
合計410,000440,00030,000107.3%

1月はホンダがかなり上昇して利益確定売りをしたこともあって、
持ち高が少なめになっています。

調整が入りつつも、
上昇トレンドは途切れていないのかもしれませんが、
テクニカル的に今までより上昇する確率が下がったと判断して、
一旦様子見を見ていました。

2月も様子見で、暴落がないか、
相当な割安株でないと買う予定はありませんでした。

2月下旬には世界的な暴落があり、
3月に入っても、世界的な株安に歯止めがかかりませんでした。

さらに株価が安くなれば、
買いチャンスと見ています。

3月半ばにホンダを買い戻しました。

ODKソリューションズはIPO銘柄です。

今年2月ころから地合いがよくないので、
IPOへの資金の比重を増やしています。

これによって3月はなんとかぎりぎりプラスで終われました(笑)

自分の中でファインプレーだったのは、
IPO当選銘柄で、初値が公募割れしたUSJを見送ったことでした。

IPO経験の浅いにーちゃんなので、
かなり迷いましたが、結果的にはリスクが大きいと判断しました。

4月も相変わらず横ばいの相場が続きます。

3月、4月はIPO銘柄に助けられています。

どちらもIPO当選がなければマイナスで終わっています。

横ばい、下げ相場で月々安定した収益を上げるには、
相当の努力が必要になります。

にーちゃんの場合はIPO銘柄に比重を置くことで、
何とか横ばい相場を乗り切れればと思っていました。

10月はIPO銘柄の野村マイクロサイエンスが、
公募価格をかなり上回る初値をつけ、
10月だけで利率16%を達成しました!
(ホンダの好決算も寄与しています)

9月は最悪だったIPOの地合いが回復してきています。

11月は円高によりホンダが売られました。

シーエスロジネットは自社株買いを発表し、
株価が上がってきています。