「IPOの当選確率を上げる方法が知りたい。」
「IPOは当たらない!」

「IPOは儲かるけれど当たらない」というイメージを持っている方は多いと思います。
確かに、IPOの当選確率は基本的に1%~3%と言われており、かなり低く感じるかもしれません。
しかし、IPOに当選する方法を知り、その方法を実践すれば、高い確率でIPOに当選することができるようになります。

今回は、そのIPOに当選するための方法を、分かりやすく説明していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

IPOの当選確率

名称 確率
IPO 約1~3%
宝くじ 約0.00002%
某人気ゲームのレアガチャ 0.3~1.5%

先ほども紹介したように、IPOの当選確率は1%~3%と言われています。
1~3%と言われると、絶望的な確率のように思えますが、宝くじと比べると、IPOの当選確率は圧倒的に高いです。
さらに、某人気ゲームのパズ〇ラで狙ったレアキャラを当てることよりも、高確率でIPOは当選することができるのです。

りな先生(笑顔)

りな先生

それほどIPOの当選確率が低くないということは分かってくれたかな?

IPOの当選確率を上げる方法

IPOの当選確率を上げる最も効果的な方法は、IPOの抽選を受ける回数を増やすこと
つまり、複数の証券会社で口座を開設し、IPOの抽選があるたびに抽選に参加することです。

もちろん、多くの方はこの方法を知っていると思います。それもそのはずで、抽選を受ける回数を増やせば当選確率が上がることなんて、誰でも考えられることです。
しかし、多くの方は「面倒に感じる」「複数の口座を開設してまでIPOに当選する価値があるか分からない」などの理由でこの方法を避けていると思います。

はっきり言って、IPOには複数口座で口座開設をして、抽選があるたびに抽選に参加するだけの価値があります。
その理由を具体的な数字を用いて、分かりやすく説明します。

IPOの当選確率と収益性

繰り返しになりますが、IPOの当選確率は一般的に1%~3%と言われています。

収益性については、2018年に上場した全95社のIPOを、全て初値で売った時に出る利益と損益を平均したところ、1つのIPOにつき平均21万円の利益が出ています。

ここで、IPOの当選確率を2%として、IPOの当選にかかるコストと収益性の関係を考えてみます。
IPOの当選確率を2%とすると、IPOの抽選に114回申し込むと、当選確率は90%を超える計算になります。
1回のIPOの抽選に申し込むことでかかる時間を10分とすると、1140分つまり19時間のコストがかかります。

一方で、収益性について、2018年のIPOの結果を元に考えると、平均で21万円の利益が出ています。
ここで、平均の利益とコストの19時間を時給換算で考えると、時給は11,000円になります。
つまり、IPOに申し込むという、電車での移動時間にでもできる簡単な作業で、時給にして11,000円を平均で受けることができるという計算になるのです。

とは言っても、「IPOに当選しても、初値が下がって損害を受ける可能性もある」と思われるかも知れません。

しかし、2018年のIPOで初値がブックビルディング価格を上回ったのは、全体の約85%と、非常に高い確率で利益をあげることができています。
さらに、IPOで損害を出すのは、IPOの募集株数が多い時のことが多いことから、そのようなIPOの抽選を受けないようにすることや、各サイトでのIPOの評価を見て、評価が悪いIPOの抽選を避けることで、9割以上の勝率を出すことも可能になります。

ポイント

  1. 2018年IPOの収益の平均は20万円以上
  2. IPOの抽選を受けることで得られる時給は11,000円
  3. IPOの勝率は約9割

IPOの年間回数と当選までの期間

証券会社数(抽選参加回数) おおよその当選頻度 1年間の平均収益
1社(約90回) 1年に1回 約21万円
2社(約160回) 1年に1~2回 約21万~42万円
3社(約210回) 1年に2回 約42万円
4社(約235回) 1年に2回 約42万円
5社(約250回) 1年に2~3回 約42万~63万円

※平等抽選をしていない総合証券は含んでいません。

IPOの抽選は年間で約100回行われます。
証券会社によって、取扱っている銘柄の数が違います。そのため、上の表では取扱銘柄数が多い証券会社から順に増やしています。

口座開設する証券会社の数が増えると、それだけIPOの抽選に参加できる回数が増えます。IPOの抽選に参加する回数が増えれば、IPOに当選する確率高くなります。

IPOに当選した時の平均の利益は約21万円です。1社だけでしか口座開設しない場合も年に1回の当選は見込めますが、5社で口座開設をした場合は年に3回の当選も狙うことができます。年に3回IPOに当選するとなると、約63万円の利益が見込めます。

証券会社で口座開設をし、抽選を受けているだけで、63万円手に入る可能性があると考えると、複数の証券会社で口座開設しない理由はないと思います。

IPOで複数口座開設をするべき理由

  1. 2018年IPOの収益の平均は20万円以上
  2. IPOの当選のためのコストと収益率から計算すると時給11,000円
  3. IPOの勝率は約9割
  4. 口座開設する証券会社の数を増やせばそれだけ、IPOの当選確率は高まる。
  5. 5社で口座開設すると、年間で3回の当選。利益にすると約63万円が見込める

IPO証券会社総合ランキング





証券会社 IPO取扱件数 主幹事数 口座数 開設最短日数 前期
後期
総合評価 詳細

SBI証券

SBI証券

86社

11社

450万

翌日 前期

優秀


詳細

SMBC日興証券

SMBC日興証券

71社

21社

220万

4日 前期

優秀


詳細

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

36社

0社

17万

約1週間 前期

優秀


詳細

マネックス証券

マネックス証券

50社

0社

180万

2日 前期

やや優秀


詳細

岩井コスモ証券

岩井コスモ証券

34社

0社

42万

5日 後期

やや優秀


詳細

カブドットコム証券

カブドットコム証券

23社

0社

110万

3日 前期

普通


詳細

むさし証券

むさし証券

12社

0社

非公開 10日 前期

微妙


詳細

楽天証券

楽天証券

11社

0社

290万

約1週間 後期

微妙


詳細

松井証券

松井証券

9社

0社

115万

4日 前期

微妙


詳細

ライブスター証券

ライブスター証券

4社

0社

非公開 約1週間 前期

微妙


詳細

GMOクリック証券

GMOクリック証券

1社

0社

40万

4日 後期

微妙


詳細





証券会社 IPO取扱件数 主幹事数 口座数 開設最短日数 総合評価 詳細

SBI証券

SBI証券

86社

11社

450万

翌日

優秀


詳細

SMBC日興証券

SMBC日興証券

71社

21社

220万

4日

優秀


詳細

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

36社

0社

17万

約1週間

優秀


詳細

マネックス証券

マネックス証券

50社

0社

180万

2日

やや優秀


詳細

岩井コスモ証券

岩井コスモ証券

34社

0社

42万

5日

やや優秀


詳細

カブドットコム証券

カブドットコム証券

23社

0社

110万

3日

普通


詳細

むさし証券

むさし証券

12社

0社

非公開 10日

微妙


詳細

楽天証券

楽天証券

11社

0社

290万

約1週間

微妙


詳細

松井証券

松井証券

9社

0社

115万

4日

微妙


詳細

ライブスター証券

ライブスター証券

4社

0社

非公開 約1週間

微妙


詳細

GMOクリック証券

GMOクリック証券

1社

0社

40万

4日

微妙


詳細

【徹底比較】IPOでオススメなネット証券会社はココだ!!

IPO投資にオススメの証券会社を総合的に比較しランキングの作成をしています。IPOに当選するかの性を高めるためには「どの証券会社を使うか」が重要な選択となります...

その他の当選確率を上げる方法

ここまではIPOの当選確率を上げる方法として、最も効果的で効率的な方法として、抽選を受ける回数を増やすという方法を紹介してきました。
ここからはIPOの当選確率を上げるための、他の方法を紹介していきます。

抽選を受ける回数を増やすという方法ほど、画期的な方法はありませんが、当選確率を多少は上げられる方法であることは事実です。

完全平等抽選をしている証券会社を選ぶ

証券会社によって、IPOの抽選方法は異なります。完全平等抽選を実施していない証券会社では、大口の投資家や資金力のある投資家が当選しやすくなっています。大口の取引をしている場合や、資金力のある場合は、逆に完全平等抽選をしていない証券会社から抽選に参加するべきです。株式投資初心者や資金のない投資家は完全平等抽選をしている証券会社から抽選を受けるようにすべきです。

IPOをするのにおすすめの証券会社を知りたい方はこちらから←←←

主幹事から申し込む

証券会社 2018年主幹事数
SBI証券 11件
SMBC日興証券 20件

IPOを取り扱っている証券会社の中でも、主幹事と幹事があります。
主幹事とは上場しようとしている企業をメインでサポートする証券会社のことで、IPOごとに異なります。主幹事は多くの場合IPOを保有している株数が幹事よりも多いので、主幹事からIPOに申し込む方が、当選しやすくなります。
現状として、資金力や取引実績に関係なく当選の見込める証券会社で、主幹事を担当している所は限られています。
ですが、SBI証券会社とSMBC日興証券は、確実に主幹事数を増やしてきていて、IPO当選を狙うのにおすすめの証券会社です。
特に、SBI証券は下で紹介しているSBIチャレンジポイントなども実施しているなど、IPOの抽選を受けるなら、確実に口座を作っておくべき証券会社です。

主幹事数でおすすめの証券会社を探すならこちらから←←←

IPO取扱件数の多い証券会社を選ぶ

証券会社 2018年IPO取扱件数
SBI証券 86件
SMBC日興証券 66件
マネックス証券 50件
岡三オンライン 47件
カブドットコム証券 23件
松井証券 9件
ライブスター証券 4件

IPO取扱件数とは、主幹事数と幹事数を合計したもので、1年にIPOの抽選をした銘柄の数です。
IPOの抽選に参加できる数が得れば増えるほど、IPOの当選確率は上がります。
本気でIPOに当選したいという方は、5位のカブドットコム証券まで口座開設をしておくことをおすすめします。

IPO取扱件数でおすすめの証券会社を探すならこちらから←←←

ライバルが少ない証券会社を選ぶ

ライバルの少ない証券会社とは、口座開設数の少ない証券会社のことです。
口座開設数が多ければ多いほど、それに伴ってIPOの抽選を受ける人数は、増えます。
同じ枠の当選を競うなら、ライバル(口座開設数) の少ない証券会社の方が、当選確率は高くなるということです。

ライバルが少ない証券会社を探すならこちらから←←←

資金拘束のある証券会社とない証券会社を組み合わせる

多くの証券会社では、当選か落選かの発表をする前の段階で、IPOの当選時に必要な購入資金が必要になってきます。そのため、すぐに資金の用意できない方や資金に限界がある方は、複数の証券会社から抽選に参加できないと思うかもしれません。
しかし、資金拘束のない証券会社と資金拘束のない証券会社を組み合わせると、複数の証券会社からIPOの抽選を受けることが可能になります。

資金拘束のない証券会社を探すならこちらから←←←

前期型と後期型の証券会社を組み合わせる

IPOの抽選のタイミングには、前期抽選型と後期抽選型の2種類があり証券会社によって異なります。
IPOに複数の証券会社で申し込みたいが、当選するのは1回でいい場合、複数口座で抽選を受けることは避けないといけない考えるかもしれません。
しかし、IPOの後期抽選型の証券会社は。前期抽選型の証券会社での当落の結果を見てから、抽選に参加するかを決めることができるため、そのような心配をしている方でも、複数の証券会社からIPOの抽選を受けることができます。

IPO後期型抽選でおすすめの証券会社を探すならこちらから←←←

SBI証券で抽選を受け続ける

SBI証券には、SBIチャレンジポイントという、IPOに外れると溜まるポイントがあります。
そのIPOチャレンジポイントが高い順にIPOに当選する枠があるので、いつかは必ずIPOに当選することができます。
1回のIPOに外れると1ポイント溜まるという仕組みで、頻繁にIPOチャレンジポイントが溜まるキャンペーンもしているので、1年で約100ポイント溜めることができます。
IPOチャレンジポイントは100ポイントを超えてくると、かなり当選確率が高くなってくると言われているので、1年間IPOの抽選を受け続けると、IPOの当選に近づきます。
IPOチャレンジポイントは、当選するまで減ることは無いので、目当てのIPOがあるときは積極的に使いましょう。


SBIチャレンジポイントについて詳しく知りたい方はこちらから←←←

複数人で協力して当選を目指す

ここまでで、ほぼ全てのIPOを上げる方法を紹介してきました。これらの方法を複数の名義で実践すると、それだけ当選しやすくなります。
家族のいる方は家族と、恋人のいる方は恋人と一緒に口座開設し、一緒に抽選を受ければ、それだけ当選確率は上がります。
基本的には、口座の開設もその口座の維持にもお金はかからないので、協力してIPO当選狙わない理由はないと思います。

IPOをするのにおすすめの証券会社を知りたい方はこちらから←←←