ネット証券を選ぶ際に一番気になるのが、「どのネット証券の取引手数料が安いのか?」ですよね。

この記事では、主要ネット証券の取引手数料を徹底比較した上で、株初心者におすすめの取引手数料の安いネット証券をランキング形式で紹介してます。

主要ネット証券の取引手数料を比較!!

それでは主要ネット証券の取引手数料を比較していきましょう!!

今回は株初心者がネット証券選びで失敗しないように、サービスが充実しており、知名度も十分で安心できる主要ネット証券を取引手数料で徹底比較しました。

主要ネット証券の手数料比較





証券会社 取引手数料※税抜 取引手数料※税抜 詳細
5
万円
まで
10
万円
まで
20
万円
まで
30
万円
まで
50
万円
まで
100
万円
まで


SBI証券

公式ページ

無料

無料

105円

250円

250円

487円


口座開設へ

詳細


ライブスター証券

公式ページ

50円

80円

96円

180円

180円

340円


口座開設へ

詳細


楽天証券

公式ページ

無料

無料

105円

250円

250円

487円


口座開設へ

詳細


カブドットコム証券

公式ページ

90円

90円

180円

250円

250円

990円


口座開設へ

詳細


マネックス証券

公式ページ

100円

100円

180円

250円

450円

1000円


口座開設へ

詳細


立花証券

公式ページ

50円

80円

100円

240円

240円

470円


口座開設へ

詳細


岩井コスモ証券

公式ページ

1000円

1000円

1000円

1000円

1000円

1000円


口座開設へ

詳細

※1注文毎と1日定額の両方を含んだ上での比較になります。

主要ネット証券の1注文毎コースの手数料比較

次に、1回の注文毎に取引手数料が発生する1注文毎コースの手数料を比較してみましょう。





証券会社 手数料(取引ごと)※税抜 手数料(取引ごと)※税抜 詳細
5
万円
まで
10
万円
まで
20
万円
まで
30
万円
まで
50
万円
まで
100
万円
まで


ライブスター証券

公式ページ

50円

80円

96円

180円

180円

340円


口座開設へ

詳細


SBI証券

公式ページ

50円

90円

105円

250円

250円

487円


口座開設へ

詳細


楽天証券

公式ページ

50円

90円

105円

250円

250円

487円


口座開設へ

詳細


カブドットコム証券

公式ページ

90円

90円

180円

250円

250円

990円


口座開設へ

詳細


マネックス証券

公式ページ

100円

100円

180円

250円

450円

1000円


口座開設へ

詳細


立花証券

公式ページ

50円

80円

100円

240円

240円

470円


口座開設へ

詳細


岩井コスモ証券

公式ページ

1000円

1000円

1000円

1000円

1000円

1000円


口座開設へ

詳細

※マネックス証券の100万円までの手数料は成行注文の手数料です。指値注文の場合、それぞれ1500円、4500円になります。

主要ネット証券の1日定額コースの手数料比較

次に、1日の約定代金の合計額で取引手数料が決まる、1日定額コースの手数料を比較してみましょう。





証券会社 手数料(1日定額)※税抜 手数料(1日定額)※税抜 詳細
10
万円
まで
20
万円
まで
30
万円
まで
50
万円
まで
100
万円
まで
300
万円
まで


SBI証券

公式ページ

無料

191円

286円

429円

762円

1562円


口座開設へ

詳細


楽天証券

公式ページ

無料

191円

286円

429円

857円

3000円


口座開設へ

詳細


松井証券

公式ページ

無料

300円

300円

500円

1000円

3000円


口座開設へ

詳細


岩井コスモ証券

公式ページ

80円

159円

240円

400円

800円

1800円


口座開設へ

詳細


立花証券

公式ページ

200円

200円

300円

500円

900円

2400円


口座開設へ

詳細


ライブスター証券

公式ページ

400円

400円

400円

400円

600円

1400円


口座開設へ

詳細


マネックス証券

公式ページ

2500円

2500円

2500円

2500円

2500円

2500円


口座開設へ

詳細

こうして比較してみると、ネット証券の中でも、各社の取引手数料に微妙な違いがあるのが分かりますよね。

1注文毎の手数料コースと1日定額の手数料コースの違いですが、基本的に1日の取引回数が少ない人や1回の取引注文額が大きい人は、1回の注文毎に手数料が決まる1注文毎コースを選択するとお得になる場合があります。

逆に、1日の取引金額の合計値で取引手数料が決まる1日定額コースの場合、1日に何度も取引を行う人や1注文毎の取引金額が少ない人がお得になる手数料コースです。

投資初心者の中には、「自分の取引スタイルが明確に定まっている訳ではないので、正直どっちの手数料コースを選べばいいのか分からない」という人もいらっしゃるかと思います。そういう人の場合は、1注文毎コースや1日定額コースの両方でトップレベルの手数料の安さを誇る、SBI証券楽天証券のどちらか一方を選択しておけば、後から手数料コースを変えたくなった時に、柔軟に対応する事ができますよ。

それでは、以上の点を踏まえて総合的におすすめなネット証券を紹介したいと思います。

手数料の安いおすすめネット証券ランキング

第1位 SBI証券

おすすめポイント

  • Point.1
    口座開設数450万突破!

    SBI証券はネット証券最大手で、総口座開設数450万(2019年2月現在)を突破しており、国内のネット証券では最も人気と支持があるネット証券です。

  • Point.2
    手数料が業界最安値

    取引手数料が主要ネット証券の中では最安値水準なので、少額から取引を始めたい初心者に特に人気があります。さらに、1日定額コースで約定代金10万以下の手数料が無料になりました!

  • Point.3
    顧客満足度ランキング4年連続1位

    株式会社oriconMEが実施したオリコン顧客満足度ランキングで4年連続12度目の1位を受賞しました。実際のサービス利用者が対象となる調査なので、かなり信頼できる指標です。

口コミ

初心者向きだと思う株投資を初めて10年くらい経ちました。SBI証券以外にも楽天やマネックス、ライブスターなど、いろんな口座を使ってきましたが、どのネット証券が一番良かったかと言われれば断然SBI証券です。取引手数料が安く、取扱商品数も多い、アプリやPCツールもしっかりしてて使いやすいです。個人的にはIPOポイントがあるのが嬉しいです。総合すると、僕みたいな年季の入ったトレーダーにもおすすめですし、これから始めるという方にもおすすめです。
最初はこの証券会社です。証券会社を利用するのが初めてだったので、どこの証券会社を選べばいいのかかなり迷っていましたが、すでに株を始めていた友達の勧めでSBI証券に決めました。スマホアプリが機械に疎い私でも簡単に操作で切るのがいいですね。取引扱い商品数が多いのと手数料が安いのが決め手でした。実際に使ってみてSBI証券を選んで良かったと思ってます。
手数料も安い!トレーディング経験はSBI証券でのみしかないので比較は出来ないが、随分前から使っているので慣れていることもあって使いやすいというイメージのみ。手数料も安い!
(引用)オリコン顧客満足度ランキングより

SBI証券についてさらに詳しく知りたいという方は、「国内の開設数No.1!SBI証券の人気の秘訣まとめ」をご参考ください。
SBI証券の手数料についてさらに詳しく知りたいという方は、「SBI証券の手数料まとめ!少額取引でSBI証券が強い理由とは?」をご参考ください。

第2位 楽天証券

おすすめポイント

  • Point.1
    安定の手数料の安さ

    楽天証券はSBI証券同様、1注文毎と1日定額のどちらでも手数料が業界最安値!初心者でも安心して取引できます。

  • Point.2
    最強ツール「マーケットスピード」!

    マーケットスピードとは楽天証券が提供している取引ツールです。ネット証券が提供しているツールの中では確実に機能性・使いやすさ共に最高峰です。

  • Point.3
    楽天ポイントがザクザク貯まる!

    楽天証券だと超割コースで手数料1%のポイントバックがあったり、つみたて投資で楽天クレジット決済ができるので、楽天ポイントがザクザク貯まっていきます!

口コミ

非常にわかりやすい初めての証券口座作成だったが、あまり深く悩む事も無く手続きできて、取引の仕方も大した疑問点も生まれなかったので、おそらく情報の表記の仕方等が非常に解りやすかったのだと思う。
10年以上使用10年以上前に口座開設したが、株や投資信託の取引手数料が安く、取引ツールがとても充実していて使いやすい。
100円から積立できる積み立て投資が100円から始められる所、投資信託自体ははじめてだったのでお試しとしてちょうど良かった。
シンプルでわかりやすい地元の銀行や証券会社だと分かりにくい事や小さい文字で書いて読みにくいものももすごく分かりやすく説明されていてびっくりした。
(引用)オリコン顧客満足度ランキングより

楽天証券についてさらに詳しく知りたいという方は、「楽天証券が初心者に選ばれる3つの理由」をご参考ください。
楽天証券の手数料についてさらに詳しく知りたいという方は、「楽天証券の手数料って他者より安いの?」をご参考ください。

第3位 松井証券

おすすめポイント

  • Point.1
    10万以下の手数料無料

    松井証券は他のネット証券のような1注文毎に手数料が決まるコースはありません。しかし、その分1日定額コースでは、1日の約定代金10万までなら手数料は無料になります。

  • Point.2
    IPOの事前申込金不要!!

    IPO目的で投資を始める人もたくさんいますが、松井証券のIPOなら事前申込金が不要です。つまり、「IPOに当選して、初めて口座にお金を入れる」でOKという事です!

  • Point.3
    当サイト限定のキャンペーン実施中!

    当サイト経由で口座開設のお申し込みを頂くと、口座開設後翌月末までの手数料が最大10,000円までキャッシュバックされます!

口コミ

注文方法もたくさんあるアプリやサイトが使い安く、又アプリの株式注文の方法もたくさんあり便利です。優待などの情報もいろいろあり助かってます。
少額取引むき10万円までの取引手数料が無料なので、小型株の投資が躊躇なくできる。 また、毎日少額で投資信託に投資ができて手軽。
手数量のやすさ手数料の安さ(10万円まで0円)、初心者にもわかりやすい取引システム(ボックスレート)、初心者向けのコンテンツの豊富さ(はじめての投資)
安心できる使っていて手数料は安いと思う。他の会社みたいにキャンペーンで誘って、後から高く取るみたいな事はないのが良い。
(引用)オリコン顧客満足度ランキングより

松井証券についてさらに詳しく知りたいという方は、「 【1ページで完結】松井証券を徹底解説!!」をご参考ください。
松井証券の手数料についてさらに詳しく知りたいという方は、「【ココが凄い!!】松井証券の手数料の特長とは?」をご参考ください。

現物取引以外でおすすめのネット証券

ここまでは現物取引を行なった場合の、各社の取引手数料を比較してきました。

これから株を行う人のほとんどは、国内株式での取引になると思いますので、現物取引手数料を把握しておけば十分ですが、中には「私は米国株の取引もしたい!」「信用取引もやってみたい!」なんて人もいらっしゃるかと思います。

そこで、米国株ならどのネット証券がいいのか、信用取引ならどのネット証券の取引手数料が安いのかを見ていきましょう。

米国株ならマネックス証券

米国株は、アメリカで取引されている株式のことで、世界的に有名なフェイスブックやアップル、アマゾンなどの銘柄も買えるのが主な特徴です。

米国株は日本株よりも高配当で、大きい値上がり益を期待できるので多くの投資家から人気を集めています。

そんな米国株の取引におすすめのネット証券は、マネックス証券です。

理由は単純で、取り扱っている米国株の銘柄数がネット証券最多の約3000銘柄以上で、取引手数料も他のネット証券と同水準で安く、注文方法もネット証券最多の9種類ある等、他のネット証券と比較した際のメリットが大きいからです。

取扱銘柄数

マネックス証券 楽天証券 SBI証券
取扱銘柄数 約3000銘柄 約1700銘柄 約1400銘柄

売買手数料

マネックス証券 楽天証券 SBI証券
売買手数料 0.45% 0.45% 0.45%
最低手数料 0ドル 0ドル 0ドル
手数料上限 20ドル 20ドル 20ドル

注文方法

マネックス証券 楽天証券 SBI証券
注文方法 9種類 2種類 2種類

>>>マネックス証券で無料口座開設する

マネックス証券について、より詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。


マネックス証券の手数料は高いの?他社との比較で徹底解明!

「マネックス証券の手数料は高い。」 いろいろ調べた方ならそのように書いてある記事を目にしたことがあると思います。 しかし、本当にマネ....

信用取引ならSMBC日興証券

信用取引とは、証券会社から現金や株券を借りてそれを担保に株式を売買する取引の事を指します。

少し複雑で理解するのが難しいと思いますが、とりあえずは「自分の持ってるお金の約3倍の取引ができる+空売りができる」のが信用取引と理解しておけばいいでしょう。

空売りができるとどういうメリットがあるのかという事ですが、例えば、相場全体が下落してる局面でも、売りから入る事ができるので利益を出すことができます。

そんな空売りができる信用取引におすすめの証券会社はSMBC日興証券です。

SMBC日興証券はネット証券ではなく、総合証券ですが、ネット証券同様にネット完結で取引ができるダイレクトコースがあります。

SMBC日興証券が信用取引におすすめの理由は、信用取引の手数料が0円だからです。

冗談かと思いますが、SMBC日興証券のダイレクトコースを選択すると、約定代金・建玉残高に関わらず、信用取引手数料は0円です。取引手数料が0円というのはメリット以外の何物でもありませんので、信用取引がしたいという人は、SMBC日興証券を選べば間違い無いでしょう。

>>>SMBC日興証券で無料口座開設する

SMBC日興証券

SMBC日興証券 公式サイトへ無料口座開設はこちら SMBC日興証券ってどんな証券会社なの? SBMC日興証券の魅力は大きく3つあります。まず一つ目は、欲しい銘柄を500円から....

面白い手数料割引のあるカブドットコム証券

カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループで、東証一部に上場してるネット証券です。

そんなカブドットコム証券は他のネット証券とは、一風変わった手数料割引サービスを実施してます。

一つ例をあげると、シニア割りという手数料割引サービスを実施してます。これは、満50歳以上満60歳未満で2%、満60歳以上で4%も現物株式の取引手数料が割引されます。

シニア割り以外にも、女性割りやNISA割り、au割りなどの、独自の手数料割引サービスを行なっています。さらに、こうした手数料割引は併用する事ができるので、60歳以上の女性でauユーザーの場合だと、取引手数料が最大6.89%も割引されたりします。

もしも、今紹介したような条件に自分が該当するという人は、カブドットコム証券の口座を持っておいてもいいかもしれまんせんね。

>>>カブドットコム証券で無料口座開設する


5%割引は当たり前!!カブドットコムの驚異の手数料割引!!

この記事を見ている方の多くが、「カブドットコム証券の手数料は高い」と考えているかもしれません。 実際にカブドットコム証券の基本料金はSBI証券や楽....

総合証券とネット証券の比較

証券会社には、野村證券や大和証券などの実店舗を持つ総合証券(対面証券)と、SBI証券や楽天証券などの実店舗を持たず、取引や入金などが、全てインターネット上で完結するネット証券の2つがあります。

中には、「総合証券かネット証券、どちらで取引を始めようか迷っている!」という方もいらっしゃるかと思いますが、取引手数料(コスト面)から見ると、断然ネット証券がオススメです。

総合証券は取引手数料が高い!

総合証券の良さは、対面での個別サポートを行ってくれる点ですが、その分、実店舗所有による諸費用や人件費などが発生するので取引手数料は必然的にかなり高くなります。そもそも総合証券のメイン顧客は豊富な資産を保有したお金持ちですので、少しくらい取引手数料が高くてもそれほど問題にはならないのです。

一方で、ネット証券は全ての手続きをインターネット上で完結させているので、実店舗を所有するコストや人件費などを極力抑えることができ、その分投資家が負担する取引手数料を安くする事ができます。

ネット証券で口座を開設する人のほとんどが、その取引手数料の安さとネットで全てが完結する利便性にメリットを感じて、総合証券ではなくネット証券を選んでいます。

総合証券とネット証券の手数料比較表

例えば、主要総合証券3社と主要ネット証券3社の取引手数料を実際に比較してみると、だいたい10倍〜20倍くらいの差がある事が分かります。

会社名・種類 1注文ごと手数料
〜20万 〜50万 〜100万
総合証券 野村證券 2,808円 7,020円 11,967円
大和証券 2,484円 6,210円 12,420円
みずほ証券 2,268円 5,670円 11,340円
ネット証券 SBI証券 250円 250円 487円
楽天証券 250円 250円 487円
マネックス証券 250円 450円 1000円

※総合証券3社に関しては、店頭手数料を約定代金幅の最大値を掛けて算出
※ネット証券の取引手数料は税抜き表示

こうして表にして比較すると、明らかに総合証券よりもネット証券を選んだ方がお得なのが分かりますよね。わけも分からずに、「総合証券の方が名前を聞いた事があるし、なんとなく安心だから」という安直な理由で選んでしまうと、この表のようにネット証券で取引している人と比較して、取引手数料(コスト面)ですでに10倍以上も損をしてしまうというわけです。

ネット証券の手数料に関する疑問

ここからは株初心者が感じるネット証券の手数料に感する疑問に回答していきたいと思います。

Q1. ネット証券は口座開設費や口座維持費が発生するの??

基本的に総合証券やネット証券は、取引手数料をメインの収益源としてますので、口座開設や口座維持に費用が発生する事はあまりありません

特に、今回この記事で紹介したネット証券は、全て口座開設費や口座維持費がかからないネット証券です。

取引手数料以外でコスト面で注意する所があるとすれば、現物取引以外の商品の取引を行った際に発生する費用は見ておいた方がいいでしょう。

例えば、米国株等の外国株式を購入しようと思った場合、ネット証券ごとに約定代金の0.2%(最低5米ドル、上限15米ドル)みたいな感じで、現物取引手数料とは違った手数料がかかります。

つまり、現物取引手数料が安いネット証券だからといって、外国株の取引手数料も安いとは限らないという訳です。

なので、仮に米国株で取引したいと思っているなら、米国株の取引に強いネット証券を選ぶようにしましょう。

また、株初心者の中には投資信託を購入しようと考えている方もいるかと思いますが、投資信託を購入する際には、購入時手数料と信託報酬という実質的な手数料のような費用がかかります。

これは、そのファンド毎に費用が異なりますので、投資信託を選ぶ際には、事前にそのファンドでかかる購入時手数料と信託報酬を把握しておいた方がいいでしょう。

最近では、SBI証券楽天証券などのネット証券が多数のノーロードファンドと呼ばれる、購入手数料がかからない投資信託を扱っていたりしますし、ETFと呼ばれる取引所に上場している投資信託を購入すれば、普通に国内株式を購入する取引手数料だけで、信託報酬も発生しないので、取引手数料を抑えることができたりします。

アドバイスとしては、例えば、まずは現物取引手数料が安く総合的に優れたネット証券(SBI証券や楽天証券等)をメイン口座として持っておいて、米国株取引用ににマネックス証券、IPO用に松井証券の口座を持っておくという風に、用途に合わせて複数口座を持っておくというのがおすすめの方法です。

Q2. 手数料以外で初心者におすすめのネット証券はどこですか?

基本的に、今回取引手数料が安いネット証券として、ランキング形式で紹介したネット証券に関しては、手数料以外の面を考慮しても、十分に株初心者におすすめできるネット証券です。

その中でも特にどこが良いかと言われれば、SBI証券楽天証券が初心者におすすめのネット証券では頭が1つ抜けている印象があります。

SBI証券は、先ほども述べたように、口座開設数が450万を突破したネット証券最大手です。

取引手数料が低く、実際にSBI証券を使用ているユーザーの満足度もかなり高いです。SBI証券が提供しているPCツール「HYPER SBI」も使いやすく、スマホアプリもあります。

なので、総合的に他社と比較して初心者向きと言えるでしょう。

SBI証券について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

SBI証券-国内口座開設数No.1の評判と強みを徹底解説-

SBI証券は国内での口座開設数がNO.1の口座です。IPOの主幹事数NO.1、業界屈指の格安手数料などの強みと、実際使われている方の評判をご紹介します!....

楽天証券は、取引手数料が安いという点以外にも、取引ツールのマーケットスピードや日経テレコンが無料で使える等の優れたメリットがあります。特に、口座開設者の半数以上が楽天会員であるという点から分かるように、楽天ポイントがザクザク貯まるお得なサービスを提供しており、楽天ポイント目当てで楽天証券口座を持つ人もいるほどです。

なので、こちらもSBI証券同様に総合的に優れており、十分初心者向きと言えるネット証券です。

楽天証券について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

楽天証券が初心者に選ばれる3つの理由

楽天証券は総口座開設数300万を突破するほどの大人気ネット証券です。しかし、なぜ楽天証券はこれほどまでに人気を集めているのでしょうか?実は、そこには楽天証券が株初心者から選ばれる3つの理由があったので....

Q3. SBI証券のスタンダードプランとアクティブプランってなんですか?

たまにここを混同してしまう人がいるので少し説明しておくと、これはSBI証券が使ってる手数料コースの別称です。

1回注文するごとに取引手数料がかかるコースが、スタンダードプラン。逆に、1日の約定代金の総合計で取引手数料が決まるコースが、アクティブプランと呼ばれています。

確かに、ネット証券毎に手数料コースの名前が異なるので、ここを混同してしまうのも無理はありません。

SBI証券以外にも、例えば楽天証券だと、1回注文するごとに取引手数料がかかるコースを超割コースと呼んだりします。

もしも、その手数料コースがどっちのコースを表しているのかわからない場合には、各ネット証券の公式サイトで確認してみると良いでしょう。

Q3. 楽天証券に手数料が安くなるサービスがあるって聞いたんですけど本当ですか?

本当です。

楽天証券で1注文毎に手数料が決まる超割コースを選択すると、現物取引手数料の1%が楽天ポイントとして返ってきます

取引量の多い大口投資家になると、大口優遇でこの手数料のポイントバックが1%から2%になります。

正直、取引手数料の1%がポイントバックされた所で、それほど大きい額ではないので、あまり気にしなくていいと思いますが、それでも少なからず楽天ポイントが貯まるサービスは嬉しいと思いますので、「少なくても楽天ポイントが欲しい」という人は、楽天証券の超割コースを選択すると良いでしょう。

Q4. 総合証券のメリットってなんですか?

ネット証券と比較すると取引手数料がかなり高い総合証券ですが、ではなぜわざわざ総合証券で取引する人がいるのでしょうか?

総合証券のメリットはどこにあるのでしょうか?

最初の方でも少し書きましたが、総合証券で取引するメリットは、顧客に一人につき、専属の営業担当者がついて投資のアドバイスをしてくれるという点ではないでしょうか?

投資というと、自分が今まで貯めてきた大事なお金を使うので、それ相応の不安が付きまといます。そうした不安を専属の営業担当者がつく事で少しでも和らぐ事ができます。

しかし、少しうがった見方をするなら、総合証券の営業担当者はあくまで営業担当としてあなたに接します。もちろん、本当にあなたの事を思ってアドバイスしてくれる方もいますが、中には取引手数料の低い商品(例えばETF)の案内をあえてしないという営業担当もいます。なので、その人が本当に自分のことを思ってその商品を勧めているのかどうかは、きちんと見極める必要があります。

また、最近では多くのネット証券がセミナーや情報配信等を通じて、総合証券のように専属の担当者がいなくても、投資家自らが情報を獲得して取引できる環境が出来上がってます。なので、わざわざ総合証券で口座を開設して高い手数料を払ってアドバイスをもらうというメリットは、近年薄れつつあるというのが今の総合証券の現状と言えるでしょう。

ネット証券でも公式サイトに載っているお問い合わせ番号に電話すると、実際の取引ルールや注文方法などを丁寧に教えてくれますので、初心者の人が誰にも相談できずに取引で困るという事自体が非常に少なくなってきます。

まとめ

いかがでしたか?

自分にあった取引手数料の低いネット証券を見つける事ができましたか??

最後に、この記事で紹介した内容をまとめておきます。

まとめ

  1. 取引手数料で比較すると総合証券よりもネット証券の方がお得
  2. 総合証券の手数料はネット証券の約10倍〜20倍程度
  3. 手数料の安いネット証券は1位SBI証券、2位楽天証券
  4. 米国株ならマネックス証券が突出している
  5. SMBC日興証券は信用取引手数料が全て0円
  6. カブドットコム証券はシニア割りや女性割り、au割りなど面白い割引サービスがある
  7. 主要ネット証券の大半は口座開設費や口座維持費はかからない
  8. 各ネット証券で手数料コースのサービス名が異なるので注意が必要
  9. 楽天証券は超割コースなら1〜2%ポイントバックがある
  10. 総合証券は専属の営業マンに相談できるのがメリットだが、ネット証券の情報配信の強化により、近年そのメリットは薄れてきている