ゆうた(悩む)

ゆうた

30代・・・俺の30代はどうしてこうなったんだ・・・

かおる(疑う)

かおる

どうしたんですか?

ゆうた(デフォルト)

ゆうた

いや、俺の嫁さ・・・また小遣い引かれたんだよ・・・今月三万円だぜ・・・毎月飲み会もあるし、30代ってもっと裕福じゃねぇのかよ・・・。

毎月出費が多すぎる・・・。

30代も半ば、金銭的に裕福になるかと思いきや、家計や育児費などに縛られてなかなか自分の金を増やすことができないというのが現状なのではないでしょうか?

30代になっても、いや30代だからこそ美容やファッションにはお金を使って周りの同年代との差をつけたいところですよね?そうなって来るとどうしても数万円程度のお金が必要になってきます。

そんなあなたにオススメなのが「株式投資」、その中でもNISAを使った株式投資はあなたの財布に毎年、年間10万円近く継続的に増やしてくれるすぐれものです。

そう簡単にお金なんか増えるわけねえだろ笑

って思われる方も中にはいらっしゃると思います。
しかし、そういう方こそ理解していただけるように、まさに株式投資初心者が引っかかリがちなポイントについて精一杯、この記事でまとめました!!!!
この記事では日々の娯楽費用を補ってくれる「おすすめNISA口座」。そしてあなたの「30’sLIFE」を華やかにしてくれるNISA口座の使い方について紹介していきます!

今を楽しむ30代の方はもちろん、そうでない人にも必ず役立つ記事になっています!それでは見ていきましょう!!!

NISAの知識整理

NISAとは

かおる(疑う)

かおる

っていうかゆうたさん、NISAって何かご存知なんですか?私実は名前しか聞いたことないんですけど?

ゆうた(悩む)

ゆうた

えーとな・・・税金が安くなる制度なんだよ!

かおる(動揺)

かおる

それってどれくらい?てか株って税金かかるの?

りな先生(呆れる)

りな先生

意外とみんな知らないところよね、まずはここでNISAの内容を確認しましょう!! 

NISAにも色々なバリエーションがあるのですが、最初は一番スタンダードな「通常のNISA」について説明します。
まず定義から見ていきましょう。NISAとは「少額非課税投資制度」の略、もっと簡単にいえば、株式投資にかかる税金が大幅に安くなる制度です。

ご存知でしょうか?通常の株式投資ではたとえ利益を上げたとしてもそのうち利益として手に入るのは80%、残りの20%は政府に徴収されてしまうんです!

つまり50万の利益を株式投資を獲得したとして、そのうち20%、10万円もの金額が税金として財布から出ていってしまいます・・・。

これは非常にもったいないと、用意された制度がNISAです。

NISAを使うことで5年間の間、毎年120万までこの税金が一切かからずに使えるんです!!

(ちなみにこれは政府側からすると株式投資を行う人を増やし、企業ひいては経済の成長をサポートをするという意図があります。)

NISAの最適な使い方

ゆうた(悩む)

ゆうた

便利な制度なのはわかったけど。これは俺らにとってどう使えるんだ?

ゆうた(ツッコミ)

ゆうた

まじで今、金ヤベェんだよ・・・ス○バに行く金すらねぇよ・・・。

かおる(疑う)

かおる

(いやそれはヤバすぎだろ・・・)

りな先生(ワンポイント)

りな先生

・・・実はNISAそのものが役に立つわけじゃないわ。正直おまけよ。だけど、NISAを使うことでこれからオススメするものの利益が大幅に増えるわ!

じゃあこのNISAを使って 、確実に毎年数万円を手に入れるにはどうしたらいいんでしょうか?

そこで使う武器がインデックス型投資信託です!

インデックス投資信託の利回りは平均で5%、良質な業者を確保すれば8%程度は確保できるでしょう。

つまり120万×0.08=96000は毎年入ってくる計算になリます!

うまく行けば毎月のお金を1万円増やす事もそう難しいことではありません。育児にお金を使う30歳台の方にとってはこの1万円は非常に心強いでしょう。

ゆうた(悩む)

ゆうた

うーん・・・NISAって確か年金も使えたよなぁ

りな先生(デフォルト)

りな先生

よく知ってるわね!そのとおりよ!

ゆうた(デフォルト)

ゆうた

あぁ、俺だってこの時代自分で貯める力つけないといけないのは分かる、ぜひ教えてほしい!

りな先生(笑顔)

りな先生

いいわね!以下ではNIISAの2つのバリエーションを紹介するわ!

NISAのバリエーションその1.つみたてNISA

つみたてNISAは名前の通り、積立投資に特価したNISAです。個人年金積立の一つですね。

年金といえば、仕事も完全に慣れて、そろそろ老後の人生設計が気になってくる頃ではないでしょうか。

正直に言います。国民年金が今から30、40年後に支払われることなどありえません。

はっきり言って、今の時代何かしらの手段で個人で年金を貯めていかないと老後の生活を楽しく過ごすことは難しいでしょう。

つみたてNISAは、そのために必要な貯蓄の手段としてNISAを特化させた物になります。

具体的に通常との変更点は

非課税枠が一年あたり40万円までに減少
口座運用年数が20年間に延長
購入スパンが決められている
国が投資先を厳選、そこしか申し込めない。

この4点になります。

下2つは一見デメリットに見えるかも知れません。

しかし、実際はこれらの縛りのおかげで、投資にあまり興味のない初心者の方でも迷わずに損失を最大限に抑えた投資ができます。

選べる投信先が多いことは確かに利点です。

しかし、同時にオプションが増えるために投資に対する知識がない方は、実際にどの口座が優秀なのか見極めるための情報収集で大変苦労することになります。

また厳選されたものはいずれも国が厳選に厳選を重ねたもので、手数料の安さ、高利回りなどでもハイスペックです。

NISAのバリエーションその2.ジュニアNISA

ジュニアNISAは「未成年を対象にしたNISA」です!

ゆうた(笑顔)

ゆうた

え・・・ジュニア・・・俺そんなに若くみえるかい?へへへ・・・

かおる(疑う)

かおる

・・・ゆうすけさんって人生幸せですよね・・・。

設立できるのは未成年限定なので、一見成人だと関係のないように見えます。

しかし、もし家族に未成年の方がいる場合は・・・その限りではそうではありません。
ジュニアNISA、その実態は成人の方にこそ使っていただきたい口座です。

IPOにおいては、未成年の口座を保持しておけば複数口座を申し込めるため、単純に当選確率がその口座数の分だけ倍になります。

しかし、NISA講座は同一名義だと一つの証券会社につき一口座しか作られません。

ここで未成年の家族がいる場合はジュニアNISAを併用してやることで同一証券会社で複数の口座を持つことが可能になります!

更にもし2人未成年の家族がいる場合は・・・・どれだけ強いかわかりますよね?

子供たちの手を借りてIPOを当選して、楽しく旅行にでも行きましょう!

ゆうた(悩む)

ゆうた

っていうかNISAいいことばっかり言ってね?これじゃNISAもっと普及しててもおかしくない?

かおる(笑顔)

かおる

ゆうたさん、珍しくまともな事言いますね!私もそう思います!

りな先生(笑顔)

りな先生

いいとこに気づいたわね!実はNISAにもデメリットがあるのよ!

以下ではNISAのデメリットを見ていきます!大まかに言うと、短期投資とNISAの相性はあまりよくないです。

NISAのデメリット

非課税枠による制限

通常株の売買はいつでも、何度でも自由に行なえます。

購入した株の値段が思うように伸びなければ売却して仕切り直せますし、見切り発車で購入してもそこまで大きいリスクはありません。

しかし、NISA口座で通常口座と同じ感覚で売却してしまうとすぐに120万円の非課税枠を使い切ってしまいます。

ドルコスト平均法(あえて分割で定期的に購入していく手法)で購入口数及び購入数を揃え、計画的に投資していくことが重要になります。

そのため価格の変動が大きい一般株はNISAに向いていません。

100円単位で計画的に投資できるという点でも、投資信託の方が適しています。

また細かい単位で投資額を調節できるために120万円という投資枠を限界まで使え、非常にお得です。

損益通算

NISA口座では損益通算が認められていません。

かおる(疑う)

かおる

と言ったって損益通算って何か・・・ちょっとわからないです。

損益通算とは?

株式投資に損失が出た際、課税額が減る制度。
損失と利益を相殺し、トータルで生じた利益により相殺します、

いくらなんでも何の利益も出さず、損失出してるところにやりすぎだろう・・・。

という配慮から通常の株取引ではこの制度は定められているのですが、NISAではこの制度が認められていません。

そのため「損失するのが当たり前。」という姿勢で挑むデイトレードやスキャルピングだと最終的に損失・・・となってしまう恐れもあり、正直短期投資との相性が良いとは言えません。

また、1日スパンで投資を繰り返す短期投資だと120万円の非課税枠を即座に使い切ってしまいます。

そもそも非課税枠ってなんなんだ?

かおる(助けを求める)

かおる

そもそも120万円まで、って何が120万円までなんですか?

ゆうた(悩む)

ゆうた

それは勿論・・・120万円までしか口座に金が入らないというんじゃないの?あれ、でもそれじゃぁ少なすぎるか・・?

ここまで読んでこられた方には上のように疑問を抱かれている方、曖昧な方もいらっしゃると思います。

意外とはっきり説明されない点なので、ここで解決しておきましょう。

NISAの非課税枠120万円というのは、「一年間に120万円分までなら、どんな買い方でもNISA口座で株式を購入できる。」ということを示しています。

つまり一年間に120万円分までなら、一括で120万円購入するのもよし、毎月10万円12か月で分割購入するのもよし、どんな買い方も可能ですし、いくら利益が出てもその点に関しては全く問題になりません。

しかし、逆に言えば1日に120万円使ってしまうことも極論ありえます。スキャルピングに10万円分の株を12回トレードすればそれでNISA口座はもう使えません。

こういった点でも短期的な投資は向いていません。やはりNISAを効率的に使うには長期的に利益を狙っていくモデルが望ましいでしょう。

ゆうた(悩む)

ゆうた

NISAを使って一攫千金は難しいのかぁ・・・うーん・・・

りな先生(ワンポイント)

りな先生

NISA口座の使い方は、長期的に少しずつメリットを得ていくことよ。地道に頑張っていくことが重要になるわ・・・。

かおる(笑顔)

かおる

逆に考えたら、ちゃんとお金の使い方を学べそうです


口座を選ぶ基準


自分に適したNISA口座を選ぶ基準は以下の3つに分けられます。

手数料
取扱商品
キャンペーン

選ぶ基準①…手数料

手数料は毎回の株式投資でかかってきますが、何の還元もされません。
そのため最優先でカットしたいです。

とは言え、NISAにおいてはあまり気にする必要はありません。
というのもSBI証券など優秀な証券会社では「NISA口座手数料永久無料」が宣言されているためです。

一部未だに手数料がかかってくる会社もありますが、IPOで複数口座作る時に記憶にとどめておく程度で問題ないでしょう。

選ぶ基準②…取扱商品

取扱商品で口座を選ぶ際は「利回りの良い商品を数多う取り扱っているか」で決めます。

しかし、まずは「自分がどのスタイルでNISA口座を使っていくのか。」をひとつに定めていく必要があります。

これはNISAの一年間120万円縛りが非常に厳しいためです。
金融商品一つでいっぱいいっぱいになるでしょう。

そこで、NISA口座と最も相性が良いのは「投資信託」と先ほど伝えました。投信は長期的な付き合いになるので「安定して利益を上げているか」が通常の取引と比べても重要になってきます。

しかし、投資信託とは逆に、一回の投資で大きなリターンを狙っていく手法です。

それは「IPO」です。
IPOは万が一当選すれば、そのリターンは2倍・・・3倍・・・いや、更に大きい倍率になって返ってきますが、当然通常口座ならそれらも20%課税を受けます

それどころか、リターンが大きい分、通常取引と比べて課税額は数倍になります。
それもNISA口座を使えば、課税がなくなります。そのためIPOで取引するならNISAとの連携は必携と言っていいでしょう。

IPO商品をどれだけ取り揃えているかはSBI証券の80社超から、商品数1桁まで非常に大きな差があります。
商品の当選率や利回りの差も非常に大きいです。

そのため、投資信託同様にIPOでも取扱商品は非常に重要な要素です。

「NISA」と 「IPO」ともに①取扱商品数、②取扱商品の実績が、これから口座選びの重要な指標として見ていきましょう。

選ぶ基準③…キャンペーン

証券会社によってはキャンペーンを開催しています。

NISA口座でもキャンペーンでは通常の口座と同じく開設することで、お金やポイントをもらえます。
特にノーリスクなので、ぜひ確保hしましょう!

ゆうた(興奮)

ゆうた

え!?何もしなくてもお金もらえるんですか?

かおる(疑う)

かおる

・・・こういうの絶対条件がありますよね?主婦の勘が言ってますよ?

とはいえ、ただ登録するだけでもらえるとは限りません。
中には条件、例えば「開設して〜だけの取引をしてくれたらキャッシュバック!」のようなものが示される会社もあります。

ゆうた(悩む)

ゆうた

マジ?あれ結構めんどくさいやつじゃね?

ここで「めんどくさいんじゃね?」という声が上がりそうですね。
実際のところ、難易度に関しては証券会社によってまちまちです。確かに「1か月で100万円口座に振り込んだらキャッシュバック」などの少し面倒くさいキャッシュバックを示している会社もあります。

しかし、難易度がまちまちということは簡単な条件の会社も多いということ。

とりわけNISA口座の開設は簡単な条件なところが多いです。中には開設するだけで数千円入ってくる会社もあります。

基本的にNISA口座は条件がついていても、(抽選制の会社を除いて)通常どおりの取引をしていくだけで達成できると思っていただいて間違いないです。

何もしなくてもお金がもらえる・・・それを無駄にするのは、すごく勿体無いですよね?

そのため、無理にキャンペーンを獲得しようと頑張る必要はありませんが、「これなら簡単に貰えそうだな。」と思えるものは拾っていくスタンスで行きましょう!

ただし、キャンペーンには期間がありますので、それだけに気をつけましょう!

3.会社比較ランキング

りな先生(ワンポイント)

りな先生

じゃあ上の基準を基に口座を選んでいくわね!

口座を開設する会社は主に

ネット証券会社
大手証券会社
銀行

の3種類の口座に分けられます。

結論から言うとネット証券が一番オススメなのですが、ではネット証券のどの点が他の2つと比べて優れているのか、順を追って見ていきましょう。

証券会社とネット銀行はどちらがオススメなのか?

りな先生(ワンポイント)

りな先生

まずは直感的に分かるように表でまとめてみたわ!
こちらを見てみてね!

手数料 商品の多さ キャンペーン
ネット証券
大手証券
ネット銀行
都銀、地銀
ゆうた(悩む)

ゆうた

見ている限りネット証券が圧倒的だなぁ、そんなに大きな差があるものなの?

りな先生(デフォルト)

りな先生

別に他が悪いわけじゃないんだけどね。ただネット証券は商品のバリエーションが広くて、手数料無料だから強すぎるのよ。

各項目をそれぞれ比較してみましょう。

手数料

まずはじめに見ていただきたいのが手数料、今回の手数料は商品購入の際の手数料です。

ゆうた(悩む)

ゆうた

あれ・・・さっき取引手数料はかからないって言ってませんでしたけ?

確かにNISAにおいて取引手数料を気にするものではありません。

しかし、それはネット証券、銀行での話。大手証券、銀行では株式取引、金融商品を購入するごとに手数料がかかってきます。

ゆうた(悩む)

ゆうた

うーん・・・ていうかそもそも取引手数料ってそんなに重要なんですかね?数百円くらいでしょ?

とんでもありません、結論から言いますと、手数料ありの口座を選ぶだけで財布から1万円捨てることになります。

説明しましょう。確かに大手証券、銀行の取引手数料は10万円以下の取引だと、一回あたり150円前後。これだけだと全く大したことのないように思えます。

しかし、この1回を1月に1回行うと仮定して5年間繰り返してみましょう。150×12×5=9000円、おおよそ1万円近くの損失を起こすことになります。

りな先生(ワンポイント)

りな先生

日常の貴重な飲み代や、洋服代が口座選びで消えていく・・・こう書くとほんとに勿体無いわね・・・。

帰って来るあてもなく、会社に吸い取られていく・・・口座選びはよほどのこだわりが無い限り、手数料無料の口座にしましょう。

取扱商品

まず銀行は株の取り扱いを行っていません、そのため銀行で取引する際は「投資信託一択」です。

正直、完全に「投資信託一本!」と言う方には銀行でも他の口座と変わらずに使うことができます。

ゆうた(悩む)

ゆうた

しかし、投資初心者の方には証券会社をオススメします。

なぜなら証券会社は投資スタイルの選択肢が広いためです。
全くはじめの段階では本当に自分がNISAでの投資信託が向いているのかわかりません。ひょっとしたら全く違う
それゆえに、自分の投資スタイルをより確実に作れるためです。

自分の生活に「本当にどの投資スタイルが向いているのか」、分からないまま投資を進めていくのは今後利益を上げていく上で非常にハイリスク、株式投資に限ったことではないのですが、「自分に合わないな」と感じた瞬間にモチベーションを保つのが非常に難しくなります。

その上、NISA口座には一口座しか作れないという制限もあります。
もし口座を転換するとなった場合は、口座を全出金した上で解約して別会社でNISA口座を開設、そこに入金、また新しい投資先を定めて・・・正直文字で見るだけでも非常に面倒臭いです。予め、「投資信託」、「株式」両方とも使える口座にしておけばこの手間は大幅に減少します。

そのため、完全に投資信託一本に絞るという方以外は、幅広い選択肢を残せる証券会社の方をオススメします。(IPOに興味があるという方は言わずもがなです。)

キャンペーン

先述したとおり、お得にお金がもらえる非常に重要な指標ではあるのですが、正直ここに関しては大手か、もしくは証券会社か銀行かはそこまで大きな差はないです。

むしろ、会社ひとつひとつによって大きく変わってくるため、個々の会社を見る際に見るようにしましょう。金額以外にも以下のような違いがあります。

現金かポイントか
抽選か否か
一定金額の取引が必要か

どの会社で設立してもこれらは比較的目に付きやすい場所に書いてくれています。見落さないようにチェックしておきましょう。

NISAのおすすめ証券会社ランキング!





証券会社 手数料 取扱商品 NISAのIPO適用有無 キャンペーン(2019年6月現在) 詳細
10万円以下 30万円以下 50万円以下 100万円以下 国内株 海外株 投資信託本数


SBI証券

公式ページ

永久一律無料

2658本

88社

抽選で現金最大3000円をプレゼント


口座開設へ

詳細


楽天証券

公式ページ

永久一律無料

2644本

抽選で3000ポイントをプレゼント


口座開設へ

詳細


マネックス証券

公式ページ

永久一律無料

1190本

50社

抽選で現金2000円をプレゼント


口座開設へ

詳細


カブドットコム証券

公式ページ

永久一律無料

1178本

23社


口座開設へ

詳細


松井証券

公式ページ

永久一律無料

899本

9社


口座開設へ

詳細


ライブスター証券

公式ページ

80円 180円 180円 340円

1本

4社


口座開設へ

詳細


立花証券

公式ページ

108円 243円 351円 621円

254本

1社

ただしジュニアNISAは不可

証券口座開設から3カ月間、
現物株式の
売買手数料が無料


口座開設へ

詳細


岩井コスモ証券

公式ページ

一律1000円

304本


口座開設へ

詳細

りな先生(ワンポイント)

りな先生

オススメのネット証券を紹介するわよ!ちなみに全て手数料は無料です!

おすすめポイント

  • Point.1

    2000本超え!投信信託先がダントツで多い!

    投資信託先は2000円超えと全業者中トップ!NISAとの相性は抜群です!

  • Point.2

    80本!IPO取扱業者数もダントツ!

    毎年80本超えと大手証券会社にも並ぶ取扱数。IPOをやるならSBIで決まりでしょう。

  • Point.3

    NISA口座の手数料は当然無料!

    ネット証券のため売買手数料は当然無料です!

口コミ

初心者から上級者まで安心して使える!初めて使った口座がSBI証券でした。そこからIPO取引で複数の口座を設立しましたが、NISA口座はSBI証券が最適なのではないでしょうか?投資信託先が充実しているのが大きいですね。最初のうちはどこがいいのか少し迷いましたが、今思えば情報を集めるのにいい練習になったし、本当にためになりました。確かなクオリティの口座はよく集まっているの間違いなく安心です。
(引用:価格.com)

おすすめポイント

  • Point.1

    SBI証券と並ぶ、ダントツの投資信託本数

    投資信託本数が2000本を超えているのはSBI証券と楽天証券のみ!

  • Point.2

    海外ETFの買付手数料が無料!

    海外株の取引数では定評のある楽天証券、NISAでも他口座とは一線を画しています。海外ETFが無料です!

  • Point.3

    楽天ユーザー必見!ポイントがガンガン貯まる!

    500円分以上のポイント投資でポイントがプラス1倍に!

口コミ

ポイントが貯まるのが嬉しい同僚の株仲間はSBIを使っている事が多いのですが、楽天市場を使っている私にとっては楽天証券がとても使いやすかったです。ポイントの上がり幅が想像以上に大きかったので商品を購入する際にとても助かりました。現状、化粧品を買えているのでとてもありがたいですね。
(引用:価格.com)

おすすめポイント

  • Point.1

    全ネット証券中2番目!IPO取扱実績!!

    SBI証券に次ぐIPO取扱実績です。IPOのサブ口座としては必携です!

  • Point.2

    全口座中ぶっちぎり!、外国株取扱実績

    米国株の取扱数はなんと3000本超え、他口座を寄せ付けません!

  • Point.3

    海外株の売買手数料が無料!

    Googleやfacebookなどの有名会社の手数料も無料!海外株を取扱いたいならここで決まりでしょう!!

口コミ

サブ口座としてIPOの二口座目として運用しています。今はSBIがメインですが、もともとはこちらをメイン口座として開設したのでNISA口座はこちらで使っています。ただ、SBIでNISA口座使っていてもそんなに変わらなかったんじゃないかなぁと思います。50口座は十分有用です笑
(引用:価格.com)

カブドットコム証券バナー

おすすめポイント

  • Point.1

    NISA口座開設で手数料割引、「NISA割」

    NISA口座開設により通常取引手数料が最大5%割り引かれます!

  • Point.2

    NISA対応のミニ株、「プチ株」

    専用のミニ株、「プチ株」はNISA対応で1株から取引可能で気楽に初められます!

  • Point.3

    初心者に厳選された投資教育、「Kabu study」

    ベネッセの教育メソッドを導入し、初心者向けに工夫された内容になっています!

口コミ

どちらかいうと初心者向けの口座初心者向けの口座という印象ですね。私はIPOの予備口座として登録しましたが、正直株に慣れた身からすると「SBIや楽天の方がいいんじゃ・・・。」という感は否めません。ただ、同時に初心者にこれほど優しい証券も少ないのでは?と感じました。暇つぶし程度に軽く見たのですが講座がすごくわかりやすいですね。息子が株に興味持っているので今度魅せようかなと思っています。
(引用:価格.com)

おすすめポイント

  • Point.1

    全口座の7/8!つみたてNISAはほぼ完全カバー

    つみたてNISAの数は146本!これは全口座の7/8になります!

  • Point.2

    IPOで完全平等抽選採用!

    IPOの抽選は全参加者が1票限定の完全平等抽選で、初心者に優しい設計になっています!

  • Point.3

    ロボアドバイザーが資産運用をサポート

    つみたてNISAでは、ロボアドバイザー「投信工房」により、一人一人にあった投資信託プランを立てる事ができます!

口コミ

松井証券ありがとう!昔から株式投資は松井証券一本で通しています。最初選んだのは一番最初に目がついたからなんですけどね。でも、この歳になって資産運用も真剣に考え出して以後ここでずっとつみたてNISAを行っています。つみたてNISAの口座が非常に多いので何度やっても全く飽きません!株は色んな会社を見れるこそのものが楽しいんで祖霊事態がありがたかったですね!
(引用:価格.com)

4.NISA開設手順

では実際にどのように開設したらいいのでしょうか。

以下ではNISA口座の開設手順をもれなく説明していきます。
(ここではSBI証券を例に上げます。)

1.証券会社口座開設

早速NISA口座開設・・・といきたいところですが、まず証券会社の口座を設立する必要があります。

口座開設の手順は以下の記事で紹介しているので御覧ください!

2.本人確認書類提出

ログインしたら「NISA口座開設するのでクリックしましょう。

NISAかつみたてNISAかどちらかを選択し、本人確認方法を選択しましょう。手軽に済むため、Webアップロードがオススメです。

提出可能書類一覧
運転免許証
各種健康保険証
住民証の写し
個人番号カード

以上のうちどれかをアップロードしましょう。

3.仮登録完了→本登録

以上の手続きの後、SBI証券よりEメールでお客様にNISA口座開設完了の通知が来ます。

その後税務署で開設審査が行われ、無事承認されれば本登録完了です!

5.Q&A

Q.5年間の保有期間が終わったらどうなる?

A.
基本的には売却するか、課税口座への移管になります。
なお、移管される際はその後の税計算では、非課税期間終了時点の価格で購入したものとみなされます。
更に期間を増やすロールオーバーと言う制度も用意されています。

Q.通常のNISAで買った株が値上がりして120万を超えた場合は?

A.
120万円というのは購入した時点での額です。
通常どおり非課税枠で運用することが可能です。

Q.スイングトレードやデイトレードでやる意味あるの?

A.正直デイトレードだと、数日で枠を使い切ってしまいます。
スイングトレードh保有期間によりますが、デイトレードよりは遥かに利益が出ることは確かでしょう。それでも一年間120万円の枠で持たせることはほぼ不可能でしょう。

もちろん、そこで得た利益が無課税になるため全くの無駄ではありませんが、もっと長期的な運用で使うことをオススメします。

Q.つみたてNISAから普通のNISAに口座を変更できないの?

A.つみたてNISAと一般のNISAは一般NISAは一年に一度変更できます。
ただし一年に一度でも使っているとその年は変更できず、翌年からの変更適用になります。