この記事で学べる内容

  • EPSの意味

  • EPSの使い方

株式投資に関する勉強を始め、様々な分析手法を学んだ方、これから学ぶという方も多いでしょう。

分析手法の中の一つであるEPSについて知ろうにも、いったい何を意味しているんか分からないという人や、EPSを学んだところで何に役立つのかわからないという人もきっとたくさんいるでしょう。

結論から言うと、EPSをうまく活用することで、成長する株をより確実に見つけられます。EPSがなになのかをしっかり理解して、使い方までマスターしましょう。

EPSとは

EPSは1株に対する収益がどれだけあるかを示してくれる指標で、企業の収益率を判断するために用いられます。

EPSが高ければ、効率よく収益を得られている、逆にEPSが低ければ、収益を得る効率が悪いということになります。

企業の成長には収益が欠かせないので、このEPSは企業を分析する上でかなり重要。覚えておいた方がいいでしょう。

ちなみに、EPSはEarning Per Shareの略で日本語では1株当たりの純利益と訳されます。

EPSの計算方法

EPSは以下の計算式によって算出されます。

ただ、EPSはYahoo!ファイナンスなどに掲載されているので、自分で計算して求める必要は全くありません。そのため、この計算式は頭の片隅に置いておく程度でよいでしょう。

今回は理解のために、具体例をもとに計算してみましょう。

EPSの例

発行株数:1,000株
  当期純利益:10万円

このときEPSは
  EPS:10万円÷1,000株=100円

上記のように計算されます。

EPSの使い方

では、実際にEPSを使って銘柄の分析をしてみましょう。EPSを使った分析方法は主に2つあります。

①過去のEPSと比較する

1つ目の使い方としては、今までのEPSと比較するという方法です。その企業の過去のEPSと今のEPSを比較する事で、収益性や成長性を判断する事ができます。

過去と比べてEPSが増加していれば、その企業はしっかり成長できているということになります。

三井物産を例に見てみましょう。三井物産のEPS、チャートはそれぞれ以下のようになります。

出典:日本経済新聞
年月 EPS 株価
2016年 -46.53 1,350円
2017年 171.20 1,600円
2018年 237.67 1,750円
2019年 238.38 1,770円
2020年 258.88 2,000円
出典:msnマネー

EPSが増加するにつれて、株価も上昇しています。つまり、EPSと株価の間には正の相関関係がある言えます。

②同じ業種の他企業のEPSと比較する

2つ目の使い方としては、同じ業種の企業のEPSと比べてどうかをチェックするという方法です。

同じ業種で限定する理由について考えてみましょう。例えば、IT企業とほかの業種で見ると分かりやすいです。

成長性の高いIT企業はEPSが高いですが、成長性の低い銀行はEPSが低いなど、EPSの値は業種によってかなりの差が存在しています。

このようにEPSの基準は業種によって差が生じるので同じ業種同士で比較しなければならないのです。

製薬業界を具体例に考えてみましょう。下の表は、製薬業界から無作為に5社を選び、そのEPSと2018年3月末~2019年3月末の株価成長率についてまとめたものです。

会社名 EPS 株価成長率
塩野義製薬 433.59 25%
小林製薬 255.88 22%
エーザイ 180.97 15%
アステラス製薬 111.57 8%
アース製薬 24.72 -9%
出典:Yahoo!ファイナンス(2020年2月3日現在)、msnマネー(2020年2月3日現在)

表のとおり、EPSが高い製薬会社ほど株価の上昇率が高くなっています。つまり、ここまでの内容をまとめると、EPSが高いことは株価の上昇が期待されるのです。

EPSを使用する上での注意点

先ほどEPSが上昇していると株価の上昇が期待されるといいましたが、例外はもちろん存在します。したがって、EPSを使う際はほかの指標とともに用いることをおすすめします。

ほかの指標については以下の記事にまとめておきました。

例外について考えてみましょう。そもそもEPSが高くなるのは、EPSを変化させる要素の「当期純利益」が増加するときと「発行株数」が減少するときです。

それぞれ個別に見てみます。

①当期純利益が増加するとき

こちらはとても分かりやすいです。会社の経営状態が改善されたり、経営コストが削減されたりすることによって当期純利益が増えると、EPSの値は大きくなります。

当期純利益が増加すると

  発行株数:1,000株
  当期純利益:10万円
  EPS:10万円÷1,000株=100円

【当期純利益が15万円に変化したとき】
  EPS:15万円÷1,000株=150円

当期純利益が増加するとEPSも増加しました。つまり、EPSが高ければ高いほどその企業の収益率がよく(純利益の増加)、成長する可能性が高いということになります。

したがって、株価の上昇が見込まれるのです。

②発行株数が変化するとき

発行株数が変化する一つの例として、株式消却があります。株式消却をしたケースについて考えてみましょう。

株式消却とは?

株式消却とは、企業が発行している株式を自身の資金を使って市場から買い戻し、その株式を消却することです。

発行株数が減少すると

  発行株数:1,000株
  当期純利益:10万円
  EPS:10万円÷1,000株=100円

【株式消却によって発行株数が900株に変化したとき】
  EPS:10万円÷900株=111円

上記のように変化します。

この時、EPSは増加していますが、収益性が改善されたわけではありません。したがって株価が上昇するとは言い切れないのです。

しかし、どうしてEPSが上昇したのかという理由まで把握することは容易ではありません。したがって、EPSをほかの指標とともに使う方法がおすすめなのです。

ほかの指標とともに投資分析をすることで、企業を多角的に分析でき、投資に最適な企業を見つけ出せます。

以下の記事に他のファンダメンタルズ分析の方法についてまとめてます。今回紹介したEPSの他にも、様々な分析方法をマスターしていきましょう!!