この記事を読んで学べること

  • BPSとはなにか

  • BPSの使い方

BPSはPBRを計算するために使うもので、PBRを使うことで割安株を見つけられます。

割安株とは?

割安株とは、会社の利益や資産に対しての良い評価が株価に反映されておらず、将来的に株価の上昇が見込まれる株のことです。

したがって、BPS単体で使うことはあまりないです。

ただし、BPSが高い企業ほど安定しているという見方もあります。細かくは後で説明します。

PBRについて気になる方のためにまとめておきました。

BPSとは

BPS(Book-value Per Share)は1株あたりの自己資本(純資産)と訳されます。

BPSはその言葉の通り、1株に対する自己資本(純資産)額を示す指標で、主に会社の安定性を測るために用いられます。

細かい意味は後回しで、BPSが高いほど会社は安定していると思ってください。

また、BPSは別名「1株あたりの解散価値」とも訳されることがありますが、その理由についてお話ししましょう。

企業がある時点で解散するとなった際、企業の持つすべての資産を株主に分配する額と、1株当たりの自己資本(純資産)が等しくなるからです。

頭の片隅に置いておくようにしましょう。

ただ、冒頭にも書いたとおり、BPSは単体で用いられることはほとんどなく、PBRという指標を求めるために使われるケースがほとんどです。

PBRについては下の記事を参考にしてみてください。

BPSの計算方法

BPSは以下の計算式から求まります。

ただ、BPSはYahoo!ファイナンスなどに掲載されているので、自分で計算して求める必要は全くありません。そのため、この計算式は頭の片隅に置いておく程度でよいでしょう。

今回は初めてBPSを勉強するの方の理解のために、具体例を用いて実際に計算してみます。

BPSの例

自己資本(純資産):1,000万円
発行株数:1万株 のとき
  
BPS=1,000万円÷1万円=1,000円

上記のように計算されます。続いて、このBPSの変化が何を意味するのか考えてみましょう。

これは、変動要因を考えると分かりやすいです。

計算式によると、BPSを変化させる要素は「自己資本(純資産)」「発行株数」の2つです。

それぞれどういったときに変化するのか、そしてBPSの変化が何を意味するのか考えていきましょう。

①自己資本(純資産)が変化するとき

自己資本(純資産)は頻繁に変化しています。例えば、会社が利益を上げると、その分のお金が会社に蓄積されることになります。

その結果、利益の分だけ自己資本(純資産)が増えることになるのです。

では実際に、会社が利益を上げて自己資本(純資産)が増えた場合に、BPSがどう変動するのかを見てみましょう。

自己資本(純資産)が増加したとき

自己資本(純資産):1,000万円
発行株数:1万株
変化前のBPS:1,000万円÷1万株=1,000円

【自己資本(純資産)が1,200万円に増えたとき】
変化後のBPS:1,200万円÷1万株=1,200円

このように発行株数が同じ状態で、自己資本が増加すると、BPSの値は増加します。

それでは、このBPSの増加が何を意味するのかを考えてみましょう。

自己資本(純資産)が増加すると会社は倒産しにくくなりますよね?ということは、会社の安定性が増したと言えます。

安定性が増せば、その分会社に対する信頼が厚くなるので、会社の株の人気が高まります。したがって、株価の上昇が期待されるのです。

②発行株数が変化するとき

発行株数が変化する一つの例として、株式消却があります。株式消却をすると、BPSがどのように変動するのかを見てみましょう。

株式消却とは?

株式消却とは、発行している株式の数を減らすことです。
まず会社が自社株式を買い、市場に出回っている株式数を減らします。次に、自分で買った株式を消却します。こうすることで世の中に出回る株式の数を減少させることを表します。

株式消却をすることは、その会社の発行株数が減少することを意味します。実際に発行株数が変動するとBPSは以下のように変動します。

発行株数が減少したとき

自己資本(純資産):1,000万円
発行株数:1万株
変化前のBPS:1,000万円÷1万株=1,000円

【発行株数が9000株に減少したとき】
BPS:1,000万円÷9,000株=1,111円

このように発行株数が減少した場合でも、BPSは増加しました。

先ほどの自己資本の増加によるBPSの増加は、自己資本が増えてその会社の安定性が高まったことが、株価上昇の要因となりました。

では、今回のケースでは株価変動にどのような影響を与えるでしょうか?

結論から言うと、株式消却によるBPSの増加は、株価の上昇要因となります。

その理由は大きく2つあります。

1.株式の需給が改善されるから。
一般的には、発行株数の3%を超える株式消却は株価の上昇に影響を与えると言われています。

2.その株の流通数が減り、希少性が上がるから。
希少性が上がると、その株の価値が高まってで株価が上昇します。

したがって、まとめると以下のようになります。

BPSの増加は株価の上昇が期待される

BPSの使い方

ここまででBPSがどういったものか説明してきました。ここからはBPSの使い方について説明していきます。

BPSの使い方は大きく2通りあります。BPSで底値を捉える、過去のBPSと比較するという方法です。

BPSで底値を捉える

1つ目のBPSの使い方は、株価が下落している状況で、どこまで株価が下がるかの基準として使う方法です。

自己資本(純資産)とは、ある時点での会社の価値を表しています。

会社の価値を発行株数で割った価格が、その会社の株につくであろう最安値という考え方から、この判断方法が誕生しました。

実際、日経平均株価は中国ショック(2016年)や米中貿易戦争(2019年)のときに下落しましたが、BPSよりも下がりこむことはありませんでした。

ただし、この方法は株価下落時に使うものだということを覚えておきましょう。

過去のBPSと比較する

2つ目のBPSの使い方は、同じ会社に関してBPSが過去と比べて順調に増加しているかどうかで判断するものです。

この記事の最初でも述べましたが、BPSが高いと会社の安定性が高く、株価の上昇が見込まれるとのことでした。

このことを応用したものが過去のBPSと比較するという方法です。

「競合他社と比較するのでもいいのでは」と感じた方のためにまとめておいたので、気になる方は見てみてください。

他社のBPSと比較しないのはなぜ?

BPSは同じ会社のものとしか比較しません。その理由は、会社によって発行株数がバラバラだからです。

具体例を用いて考えてみましょう。A社とB社の自己資本(純資産)、発行株数が以下のような関係にあるものとします。

自己資本(純資産) 発行株数
A社 1,000万円 1万株
B社 1,000万円 1,000株

このときそれぞれのBPSは

A社のBPS:1,000万円÷1万株=1,000円
B社のBPS:1,000万円÷1,000株=10,000円

となります。自己資本(純資産)は同じであるのにもかかわらず、発行株数が10分の1になるだけでBPSは10倍になっています。

A社とB社をBPSをという観点から比較することは難しいのです。

先ほど過去のBPSと比較すると言いましたが、具体的にはBPSが過去4年ほど比較して増加していれば、株価も同様に上昇が期待されると判断します。

インソース社を例に、実際に見てみましょう。

BPSと株価の関係

インソース社の過去4年間のBPSと株価は以下のように推移しています。

2016年9月 2017年9月 2018年9月 2019年9月
BPS 63.5円 68.3円 137.4円 146.6円
株価 274円 722円 2,016円 2,711円
引用:マネックス証券

出典:日本経済新聞 2/22現在

BPSが上昇するにつれて、株価も上がっていますね。

もちろん、他にも株価上昇の要因は考えられますが、BPSもまた同様に株価に影響を与えていることがわかります。

ここまでの内容をまとめておきました。

BPSの使い方まとめ

  • 株価下落時は、BPSを底値と捉える

  • ここ4年間のBPSが増加していれば、株価上昇の可能性あり

ただし、BPSを活用する上で気をつけなければならない点もあります。

次の章にまとめてあるので、見ていきましょう。

BPSを使う上での注意点

BPSを使う上で一つだけ注意すべき点があります。

それは、BPSが高くても良い企業であるとは限らないことです。

したがって、他の指標と組み合わせて判断しなければならないことを覚えておきましょう。

先ほど、BPSは他の会社との比較には利用しないという旨をお伝えしました。

プラス(+)をクリックすると、
BPSは他の会社と比較しない理由を見られます。

他社のBPSと比較しないのはなぜ?

BPSは同じ会社のものとしか比較しません。その理由は、会社によって発行株数がバラバラだからです。

具体例を用いて考えてみましょう。A社とB社の自己資本(純資産)、発行株数が以下のような関係にあるものとします。

自己資本(純資産) 発行株数
A社 1,000万円 1万株
B社 1,000万円 1,000株

このときそれぞれのBPSは

A社のBPS:1,000万円÷1万株=1,000円
B社のBPS:1,000万円÷1,000株=10,000円

となります。自己資本(純資産)は同じであるのにも関わらず、発行株数が10分の1になるだけでBPSは10倍になっています。

A社とB社をBPSをという観点から比較することは難しいのです。

BPSが高いからと言って株価があがるとは言い切れないということです。

大切なのは、BPSが上昇した原因をしっかりと把握することです。

BPSだけを使うことによる誤解を避けるためにも、他の指標を一緒に使って多角的に会社を分析することをおすすめします。ほかの指標については、下の記事を参考にしてみてください。

この記事のまとめ

  • BPSが高いと会社の安定性がある

  • 株価下落時は、BPSを底値と捉える

  • BPSが過去4年間上昇していたら株価上昇の可能性あり

  • 他の指標と組み合わせて使うと良い